天井川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天井川の例
玉川JR奈良線トンネルの上を流れる。
天井川の鉄道トンネルの例
旧草津川の下をJR琵琶湖線東海道本線)がくぐる。
天井川の道路トンネルの例
高川が流れる水路橋の下を大阪府道145号がくぐる。

天井川てんじょうがわ)とは、砂礫堆積により河床(川底)が周辺の平面地よりも高くなったである[1]

概要[編集]

川に堤防が作られ、氾濫がなくなると、河床に堆積した土砂の上を川が流れるようになり、次第に河床が上昇する。これに合わせて堤防を高くすることを繰り返すと天井川になる[1]。天井川が氾濫すると河床の方が周囲より高く、川に水を戻しにくいため被害が大きくなる[2][3]

天井川が廃川になった旧河道は、堆積した砂礫により水はけがよく、基礎の支持力も発揮されるため、宅地として利用しやすい。

日本の天井川[編集]

日本では、人口密集地など土地利用が進んでいる地域の河川を中心に、国土交通省都道府県公共事業として、河川の付け替えや拡幅などの治水事業を実施している。河川改修が地理的条件から困難な場合には、陸閘(りっこう)の設置などで対応している。

2014年現在、全国29の都道府県に少なくとも240の天井川が存在する[3]。うち半数の122が関西地方に存在し[3]、中でも滋賀県には3分の1に当たる81が集中する[3]

滋賀県に天井川が多い理由として、琵琶湖を囲む山々田上山周辺)が花崗岩岩石でできていたことに加え[4]、1000年以上も前から平城京の造営や寺社建立のため森林伐採され、その後も生活の燃料となる採取のため伐採が続いて自然破壊が進み、江戸時代には全国的に知られる禿山となった[5][4]。このため山が荒れて森林の保水能力が損なわれ、河川への土砂流出が繰り返されたことが一因とされる。明治以降は治山工事により植林が行われて森林が再生し、現在は「湖南アルプス」として登山客に親しまれている[4]

天井川トンネル[編集]

天井川によっては河床が高くなり過ぎ、河床の下にトンネルを掘って鉄道道路を通している例もある。こうしたトンネルを総称して天井川トンネルという。関西ではかつてこれを「マンボ」「マンポ」「マブ」などと呼んでいた。

JR東海道本線は、旧草津川芦屋川および住吉川を、それぞれ天井川トンネルで抜けている。かつて東海道本線は石屋川を天井川トンネルでくぐっており、この石屋川トンネルは日本で最初(1871年明治4年)の鉄道用トンネルであったが高架化により消滅した。また東海道本線はほかにも、大津市草津市の境界付近の狼川野洲市家棟川を天井川トンネルで抜けていた。

また京都盆地南部において、JR奈良線片町線(学研都市線)、近鉄京都線も複数の天井川トンネルを持つ。

岐阜県養老郡養老町小倉谷では、養老鉄道養老線石津駅付近にトンネルが4か所存在するが、これらはすべて天井川をくぐるもので、河川下の煉瓦造りのトンネルを通過している。

愛媛県西条市にある大明神川では、JR予讃線が川の下を通過している。

一覧[編集]

関東地方以東[編集]

北陸・東海地方[編集]

滋賀県[編集]

  • 姉川 - 長浜市付近8.1km
  • 高時川 - 長浜市付近6.2km
  • 草津川 - 草津市。下流部は新河道開削により廃川国道1号の天井川トンネルは撤去されたが、琵琶湖線中山道の天井川トンネルが廃川部に現存。本流上流や支流の金勝川には天井川が残る。
  • 狼川 - 滋賀県草津市、草津川同様に鉄道の天井川トンネルが存在した。現在は遺構のみ残る。
  • 百瀬川 - 高島市マキノ町沢付近
  • 野洲川 - 守山市内にある現河口は新たに開削されたもので、この付け替えで下流の天井川は廃川になった。支流の大沙川では1884年に竣工した県内初の道路トンネルが東海道を通し、草津線もトンネルで大沙川をくぐっている。
  • 家棟川 - 読みが多少異なる物の同じ漢字表記の川が大津市、湖南市、野洲市の三カ所に存在。いずれも道路や鉄道の天井川トンネルが存在したが、現在は大津市の家棟川のみ道路トンネルが残る。

滋賀県以外の関西地方[編集]

芦屋川・住吉川・石屋川とも、1874年に開通した官営鉄道(現・東海道本線)がトンネルで交差した部分の前後が浚渫できず、天井川として残されている。官設鉄道芦屋川隧道跡石屋川トンネルを参照。

中国地方以西[編集]

世界の天井川[編集]

中華人民共和国[編集]

中国黄河(特に下流部)は天井川となっている[7][8]。中国西部には黄土高原が広がっているが、これは台地のさらに西方から風で飛ばされた黄砂が長い年月をかけて堆積したもので、黄河では乾燥した台地から流れ出した黄砂が長い年月をかけて沈積し、やがて天井川となった[8]

古代から中国の歴代の皇帝にとって、黄河の治水事業は最大の難題であった[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 河川の作用による地形”. 国土地理院. 2014年9月9日閲覧。
  2. ^ 河川用語集『天井川』 - 国土交通省国土技術政策総合研究所
  3. ^ a b c d NHK NEWS WEB 危険な「天井川」 全国に240” (2014年9月16日). 2014年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月14日閲覧。
  4. ^ a b c 近江湖南アルプス自然休養林 林野庁
  5. ^ 大戸川を知ろう!大戸川の歴史 国土交通省近畿地方整備局 大戸川ダム工事事務所
  6. ^ 国土交通省九州地方整備局立野ダム工事事務所『白川の水害』
  7. ^ 潘威「GIS と中国史における水文変化の研究(リモートセンシングデータを活用した東アジア古代研究)」『学習院大学国際研究教育機構研究年報』第1号、2015年。
  8. ^ a b c 日高敏隆『ぼくの世界博物誌』126頁、玉川大学出版部、2006年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]