流域面積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

流域面積(りゅういき めんせき、英語the size of a catchment area [1])は、地理学等の分野における専門用語の一つ。 ある河川に対して、降水)が集まる(流れ込む)範囲を流域と言い、その面積流域面積と言う。集水面積(しゅうすい めんせき)という表現もある[2]

概説[編集]

流域面積と河川の流量・水量は比例する関係にある(実際には、降水量などの気候に左右される)。したがって、河川規模を示す指標としては「長さ」よりも適切な場合が多い。

その漢字を見て「流域面積= その河川の川幅の総面積」という認識を持つ人は数多いが、これは誤りである。

降水が、山脈の北側は日本海、南側は太平洋に流れるような場合、その山脈を分水嶺と呼ぶ。水は標高の低いほうへ流れるため、流域の境目は必然的に標高が周囲より高い。

流域面積が世界最大の河川は、アマゾン川である。日本では、関東地方の大半を流域とする利根川が最大である。

流域面積の統計[編集]

世界
順位 河川名 流域面積
1 アマゾン川 7,050,000 km2
2 コンゴ川 3,680,000 km2
3 ミシシッピ川 - ミズーリ川 3,250,000 km2
4 ラプラタ川 - パラナ川 3,100,000 km2
5 ナイル川 2,870,000 km2
6 エニセイ川 2,700,000 km2
7 オビ川 2,430,000 km2
8 レナ川 2,420,000 km2
9 アムール川 1,855,000 km2
10 マッケンジー川 1,805,200 km2
上位10位まで、"The Times Atlas of the World, 2004" による。[3]
日本
順位 河川名 流域面積
1 利根川 16,840 km2
2 石狩川 14,330 km2
3 信濃川 11,900 km2
4 北上川 10,150 km2
5 木曽川 9,100 km2
6 十勝川 9,010 km2
7 淀川 8,240 km2
8 阿賀野川 7,710 km2
9 最上川 7,040 km2
10 天塩川 5,590 km2
上位10位まで、国土交通省河川局資料による。[4]

引用文献[編集]

統計数値

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 研究社. “流域面積 <流域>”. 新和英中辞典. Weblio辞書. 2010年4月10日閲覧。
  2. ^ 集水面積”. Weblio辞書. 2010年4月10日閲覧。
  3. ^ 国立天文台、2007年、地 20頁(584頁)。
  4. ^ 国立天文台、2007年、地 23頁(587頁)。

関連項目[編集]