川廻し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

川廻し(かわまわし)は、千葉県上総地方で多く見られる、蛇行した河川を人工的に短絡させて農地に転用する工法である[1]。住宅地に転用された後の土地では、河川の増水に伴って旧河道地域に浸水が生じる事がある[2]

概要[編集]

千葉県上総地方南部の丘陵地において、蛇行した河川の流路を、トンネル切り通しを通るように変更・短絡化し、旧河道を水田化させた工事である[3]ほとんどは[要出典]江戸時代新田開発を目的に行われたものであるが、ごくわずかに[要出典]昭和時代に行われたものも存在する。新田開発の他に、水路を引くことを目的とした林業型の川廻しも存在する。

現在は、道路工事宅地造成などに押され、川廻しの特徴的な地形を持つ水田は減少しつつある。

これらの河川整備によって河道から切り離された旧河道はその当時の河道の高さを維持しているといえ、これにより河床の下刻速度を測定する試みがなされている[1]

なお、新潟県渋海川においても同様の河川整備がなされ、同地では「瀬替え」と呼称されている[1][4]

具体例[編集]

市原市田淵地区[編集]

市原市田淵養老川付近には江戸時代に整備された川廻し地形が存在する[5]。この川廻し地形は河道変更と盛り土が施されており、その用途で建築されたトンネルが現在でも観察可能である。また、2019年に発生した令和元年房総半島台風令和元年東日本台風台風21号によりこの旧河道は一時水没した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 前田拓志、藁谷哲也人為的な曲流短絡地形から推定した岩盤河床の下刻速度とその制約条件」『日本地理学会発表要旨集』2015年度日本地理学会春季学術大会セッションID: P015、2015年4月13日、 doi:10.14866/ajg.2015s.0_100140NAID 1300054898672020年7月15日閲覧。
  2. ^ 小森次郎「令和元年台風19号による多摩川下流域の浸水被害」『日本地理学会発表要旨集』2020年度日本地理学会春季学術大会セッションID: 714、日本地理学会、2020年、 346頁、 doi:10.14866/ajg.2020s.0_346NAID 130007822285
  3. ^ 『川廻し』 とは --上総地方特有の河川工事--”. 千葉県立中央博物館. 2017年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月31日閲覧。
  4. ^ 田口恭史、大熊孝「新潟県中越地域における河川トンネルの分類と一考察」『土木史研究 講演集』第26巻、土木学会、2006年、 357-360頁、 hdl:10191/6180ISSN 13484346NAID 120006739951
  5. ^ 吉村光敏、八木令子「養老川中流、市原市田淵付近の穿入蛇行跡と連続型川廻し地形」『日本地理学会発表要旨集』2020年度日本地理学会春季学術大会セッションID: P200、日本地理学会、2020年、 206頁、 doi:10.14866/ajg.2020s.0_206NAID 130007822081

関連項目[編集]

  • 圃場整備
  • 弘文洞跡 - 大多喜町に存在する川廻しのために掘削されたトンネルの跡
  • 濃溝の滝 - 川廻しのために掘削されたトンネル「亀岩の洞窟」内を流れる滝
  • 二五穴 - 千葉県中部に見られるトンネルを用いた灌漑システム

外部リンク[編集]