ラフティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
激流を下るラフティング(ブラジル
シタチ川(インドネシアジャワ島
ラフティング(動画)
比較的に流れが緩やかなラフティング(フランス

ラフティング (rafting) とは、ラフトを使用し川下りをするレジャースポーツ。特に急流を下ってスリルを楽しむホワイトウォーターラフティングを指すことが多い。また、業者が開催するラフティングツアーに料金を払って参加するコマーシャルラフティングを意味することも多い。

歴史[編集]

19世紀から20世紀前半、アメリカでは John Wesley Powell 少佐のコロラド川探検(1869年)に代表される、木製のボートによる川下りやコマーシャルラフティングのルーツといえるものが行われてきた。第二次世界大戦が終わると現在のゴムボートを使用したラフティングが確立し、各国で普及が進んだ。現在ではコマーシャルラフティングはアメリカオーストラリアカナダニュージーランドなどの先進国からジンバブエチリネパールなど発展途上国まで重要な観光産業の1つとなっている。

日本[編集]

日本では数十年前から大学の探検部の活動分野として一部の愛好家でのみ行われてきたが、その頃はまだラフティングという言葉は使われておらず、技術的にも安全性にも乏しいものであった。1976年大学の探検部等が中心になり第一回の日本リバーベンチャー選手権大会が開催された。この大会はその後も毎年行われおり、現在ではそれに加えて4~11月のシーズン中には全国様々な河川で10を超える数の大会が開催されている。

日本国内では、80年代から小規模に行われてきたが、四国-吉野川で営業がスタートしたことを皮切りに、東日本では群馬県-利根川でツアーが催行され少しずつラフティングは一般に知られるようになる。1990年代後半にラフティングブームが起こりラフティングは1つのレジャーとしての地位を確立した。近年ではラフティングは小学生から中高年老若男女が楽しめるアクティビティとして広く認知され、中学高校修学旅行のプログラムの一つに組まれるようにもなった。

国内のコマーシャルラフティング[編集]

現在国内50以上の河川に100社以上のラフティング業者が存在、年間数十万人の人々がコマーシャルラフティングに参加している。「るるぶ」や「じゃらん」など旅行雑誌にもラフティング特集が組まれ、気軽に体験できるスポーツの一つとして紹介されている。北海道では鵡川占冠沙流川日高)が激流とされ、尻別川ニセコ空知川南富良野)も春の時期は激しいラフティングが楽しめる。信越では新潟県信濃川長野県犀川、関東では埼玉県荒川群馬県利根川東京都多摩川、中部では岐阜県長良川静岡県富士川、関西では京都府保津川滋賀県瀬田川、四国では徳島県吉野川、九州では熊本県球磨川などがアクセスがよく、激流を楽しめるということで人気がある。

人気レジャーの一角を担うラフティングではあるが、それに合わせて問題も発生してきている。コマーシャルラフティングはガイドの経験があれば誰でも資格なしに開業できるため、業者が増えることで競争が激化し、料金の値下げや競争や一部の業者ではそれが原因でガイドの質が落ちたり、それも起因して隆盛時死亡事故も複数発生している。外国人ガイドの不法滞在に代表される一部のガイドや業者のモラル低下は特に指摘されている。また、近隣住民からの騒音苦情、地元の漁業組合とのトラブルなども合わせてラフティングへの風当たりも強い面もある。1997年にラフティングの健全な発展と業界自主規制を行うことを目的とし、社団法人ラフティング協会(RAJ、旧リバーガイド協会)が設立された。現在では、全国ラフティング会社の半数以上が加盟し、海難審判でもその存在を認めている。

国内のレースラフティング[編集]

コマーシャルラフティングに比べて、レースラフティングの国内普及は、技術習得の難しさやレース環境の少なさもあり遅れているが、大学探検部のチームを中心とするスタイルとして今も続いている。 近年は、個人でのレースラフティングへの参加も徐々にではあるが参加者数を増やしている。 毎年5月頃に利根川で全国の大学探検部によって開催される日本リバーベンチャー選手権大会がその象徴といえる。この他に御岳カップ(4,11月)、北山川ラフティング大会(8月)、天竜川ホワイトウォーターフェスティバル(9月)長良川ホワイトウォーターフェスティバル(10月)などの大会が存在する。2003年にプロチームが参戦したことで競技性が格段に高まり、技術レベルも向上している。2013年には前身の日本ラフターズ協会が一般社団法人日本レースラフティング協会に改称、全日本レースラフティング選手権の開催も2014年から始まり、さらなるレベルアップが期待される。

ラフティング世界大会[編集]

みなかみで結成されたRapid Mastersが前身となり 、Team TEIKEIというプロのラフティングレーサーチームが生まれたことから、 国内でレースラフティングが盛んになってきている。 現在の世界ラフティング協会(IRF)制定する競技ルールになり日本代表チームが世界大会に初出場したのは1999年、南アフリカのオレンジ川で開催されたキャメルホワイトウォーターチャレンジ(cwwc)が最初。みなかみで結成されたRapid Mastersが前身となり、Team TEIKEIというプロのラフティングチームが結成されたことから、国内でレースラフティングが、年々盛んになってきている。

  • 2007年ラフティング世界大会では、日本チームが総合778点で、ブラジル(783点), チェコ(781点)に次ぐ3位の成績を収めた。[1]
  • 2009年ラフティング世界大会はボスニア・ヘルツェゴヴィナで5月17~24日まで開催された。総合成績では男子1位ブラジル2位日本3位イギリス女子1位カナダ2位日本3位チェコ。日本チームは男女ともに準優勝の活躍をみせ、日本のラフティングのレベルが世界トップクラスであることを証明してみせた。[2]
  • 2010年ラフティング世界大会はオランダで7月に開催された。男子日本代表はラフティングチーム・テイケイ。女子日本代表はTHE RIVER FACEである。日本チームは男女ともに総合優勝した。世界大会において一つの国の男女ともに総合優勝したのは今回が初。
  • 2011年コスタリカ大会では男子が2連覇。
  • 2013年ニュージーランド大会では男子が準優勝。
  • 2014年ブラジル大会では女子が準優勝を果たした。

脚注[編集]

外部リンク[編集]