海山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

海山(かいざん、: seamount[1])とは、海底地形の一種。底面が円形又は楕円形で、海底において周囲よりも高く盛り上がっていながら、その頂上が海面上に出ておらず、となっていない地形や場所、すなわち海中ののことである。

概要[編集]

海山と海丘とは、一般に頂上とその周囲の海洋底との比高で区別され、比高が1,000m以上のものが海山、1,000m未満のものが海丘と呼ばれる。海山のうち、頂部が200mよりも深く、頂上が平坦なものをギヨー(平頂海台)と呼ぶ[2]

海山から採集された基盤岩がほぼ玄武岩であることから、海山はすべて海底火山であると推定されている[2]。したがって、海山はホットスポット上や海溝近辺に多く存在する。その頂上の深度と噴火の規模によっては、頂上が海面上に現れ、新たな島となることもある。

海山の命名[編集]

定着した名称がない海山を含む海底地形を新たに命名する場合、国際水路機関(IHO)とユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)傘下にある海底地形名称小委員会(SCUFN)に各国が申請し、承認を得ると、『海底地形名集』に収録され、世界に周知される仕組みである[3]

近年、島の領有権領海排他的経済水域大陸棚とそこにある資源など海洋権益を巡る対立が増え、その海域への影響力を誇示する意味でも、海底地形に自国風の名称を付けようとする国々が目立つ[4]

日本政府も、海底地形に天体や日本の海洋学者作家名などにちなんだ名称をSCUFNに提案し、承認されている。このうち沖縄諸島南方については「康成海山」「芭蕉海山」「晶子海山」などからなる「文豪海山地形区」として2018年1月4日に確定した[5][6]

なお北太平洋の天皇海山群は米国の海洋学者が1954年に命名したもので、上記のような背景や日本政府の意図とは無関係である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、57頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ a b 用語解説 海上保安庁
  3. ^ 日本提案の海底地形名を国際会議が承認海上保安庁(2014年6月24日)
  4. ^ 中国に先手、海底地形に「漱石」「龍之介」の名『読売新聞』夕刊2018年1月5日
  5. ^ 日本提案の海底地形名を国際会議が承認海上保安庁(2018年1月5日)
  6. ^ 日本提案の海底地形名を国際会議が承認海上保安庁(2014年6月24日)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]