岩頸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岩頸(がんけい)あるいは岩栓(がんせん)[1]突岩(とつがん)とは、火道内のマグマが硬化してできた形成物である。火山侵食によって削られて、火道内の岩栓が地表に現れた地形を岩頸または突岩と呼ぶ。活火山においてはこれらの下にマグマ溜まりが存在することがあり、その圧力によって火山爆発が起こることがある。

岩頸の例[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大辞林 第三版の解説”. コトバンク. 2018年6月30日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]