屋形船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新潟信濃川で、活躍する屋形船、ばんだい丸

屋形船(やかたぶね)とは、和船の一種で、主に船上で宴会や食事をして楽しむ、屋根と座敷が備えられたのこと。楼船(ろうせん)ともいう。

歴史[編集]

平安時代からその原形はあり、貴族の遊びなどに使用されていた。河川整備が進んだ江戸時代に栄え、大名豪商などに花見月見花火などの遊びに愛用された。特に隅田川の屋形船はの装飾で飾り豪華であった。延宝年間(1680年頃)までが全盛期で、天和2年(1682年)の大船建造の禁により衰退し始めたという。

明治維新の後も引き続き親しまれたが、第二次世界大戦での敗戦後に「文化の移り変わり」「河川の劣化」(水質汚濁)などで勢いを失っていった。

昭和時代末期のバブル景気や水質の改善や、河川での観光などに屋形船を利用するなど、見直されつつある。

時代劇[編集]

江戸深川を舞台にしたテレビ時代劇破れ奉行』では、主人公の速水右近と向井将監との情報交換の場としてよく使われる。また、その他の時代劇にも、悪代官悪徳商人の密談の場などとして、しばしば登場する。

現在の屋形船[編集]

大きさ
全長20メートル前後、定員は15~80名程度。若干の業務用(操船、調理)空間を除いて、大半が客用空間となっている。
利用方法
団体貸し切りが一般的だが、乗り合いのものもある。
船宿に直接申し込む他、近隣ホテルの宿泊パックや、バスツアー(東京でははとバスなど)の組み込みで利用できるものもある。
昼は春の花見、夜は夏は花火、春秋は夜景観光などのコースが多い。乗船時間は2時間から3時間程度で、お酒、食事が出るものが多い。花火大会の日は特別料金となることが多い。
東京隅田川周辺の船宿では、隅田川お台場レインボーブリッジ周辺を周遊するコースが多い。
営業場所
東京では隅田川周辺や浜松町、品川近辺に船宿が多い。酒田、名古屋、大阪、福岡、新潟、日田大分県)でも営業している。

屎尿の垂れ流し[編集]

屋形船東京都協同組合によるとバキュームカーで回収することもあるが、規制海域まで出れば外で垂れ流すことも可能なためそのようにして海に屎尿を廃棄することを恒常的に行っているという。そのため、東京都はそれを規制することで水質改善を目指し、現在遊泳できないお台場の砂浜を将来的に遊泳可能に出来るよう目指している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]