隅田川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
隅田川流域図
晴海運河との分岐点である大川端。(隅田川は手前)
両国橋より上流を望む
吾妻橋と駒形橋のあいだの遊歩道から墨田区側を望む
隅田川に注ぐ神田川
勝鬨橋から北側の眺め
勝鬨橋
夜景(勝鬨橋)

隅田川(すみだがわ)は、東京都北区岩淵水門荒川から分岐し、東京湾に注ぐ全長23.5kmの一級河川である。途中で新河岸川石神井川神田川日本橋川などの支流河川と合流する。古くは墨田川、角田川とも書いた。

流域の自治体[編集]

埼玉県
川口市
東京都
北区足立区荒川区墨田区台東区江東区中央区

歴史[編集]

当川の河道は、元は旧入間川東京湾へ注ぐ下流部だったが、江戸時代には瀬替えの結果、荒川本流が流れた。昭和時代に荒川の分流となり、隅田川が正式名となった。

古代・中世[編集]

古代には、隅田川は、旧利根川と旧入間川とが現在の足立区千住曙町付近[1]で一川へ合流し南流して東京湾へ注ぐ河道を指した。その西岸には標高10m以下の丘が点在し、古墳時代には古墳が作られた[2]。また西の不忍池から流出した忍川が注いでいた(鳥越の南付近)。

一川への合流点から下流1kmまで(現在の水神大橋から白髭橋まで)付近の東岸は隅田墨田、須田)と呼ばれた[3]

2km下った墨田区向島5丁目北端付近[4]から下流は砂州が散在する河口への分流地帯だったが[5]、東京湾へ注ぐ主要河口への河道は、浅草方向へ向かう現在の河道から離れ横十間川の方向へさらに2km流れ現在の横川(墨田区)と亀戸(江東区)との間付近で東京湾へ注いだ[6]。ただしこの河口河道は次第に土砂の堆積で河勢が弱まった[7]。隅田川はこの河口河道に至るまで武蔵国豊島郡)と下総国葛飾郡)との当初の国境だった[8][9]

南北2kmの合流区間は両国を繋ぐ接点として重要で、771年以降東海道が通り隅田川を渡船隅田へ渡った[10]835年承和2年)の太政官符に「住田河」として記されており、「宮戸川」などとも呼称されていた。

合流区間もしくは分流地帯の渡河は、その後も武蔵国・相模国と下総国・常陸国とを繋ぐ(さらには平安時代までは奥州へ赴く[11])交通路で[12]、例えば更級日記によれば菅原孝標一行が都への帰任の際に渡河し武蔵国へ入っている(寛仁4年(1020年)9月)。また鎌倉時代中期の「とはずがたり」(後深草院二条)によれば、隅田川には橋がかかっており、現地の人は隅田川を「須田川」と呼んでいたとある(正応三年、1290年)。

軍勢が通過した例は[13]前九年の役で奥州へ向かう源頼義、義家が通過し、治承・寿永の乱では源頼朝が通過し武蔵国へ入った(治承4年(1180年)10月2日)。

中世以前の河口付近の河道
徳川家康入府以前、首都高速6号向島線向島入口付近からは、現在の鳩の街通り商店街と地蔵坂通り商店街を土手とする(それぞれかつては鷭土手、鶴土手と呼ばれた。)分流が流れ、現曳舟駅付近を経由して、その先押上付近までにさらに3手に分かれ、大横川横十間川北十間川にほぼ添う形の河川があったとされている。これらの河川と宮戸川・浅草川とも呼ばれた現在の隅田川下流のいずれが本流にあたるのかは現在判明しておらず、また『北条氏所領役帳』に見られる江戸地域と葛西地域の区分は、現在の隅田川ではなく分流のいずれかが境界線になる[14]

江戸時代[編集]

江戸時代に入ると、吾妻橋周辺より下流は大川(おおかわ)とも呼ばれた[15]1629年(寛永6年)に荒川を入間川に付け替える瀬替えにより隅田川の河道は荒川の本流となった。またこの頃には現在の河口への河道へほぼ一本化され、江戸の舟運に重要となった。横十間川の方向へ向かう流れへの分岐には牛嶋堤が築かれ締め切られた。

浅草茅町河岸、新柳河岸、元柳河岸、浜町河岸、尾上河岸、稲荷河岸、湊河岸、船松河岸などがあった。

明治以降[編集]

明治末期から昭和初期にかけて、洪水を防ぐために岩淵水門から河口までの荒川放水路が開削され、1965年3月24日に出された政令によって荒川放水路が荒川の本流となり、分岐点である岩淵水門より下流の以前からの河道は「隅田川」に改称された[16]

古隅田川

隅田川の上流の古利根川の古い河道の一部はその後古利根川の本流が流れなくなったが、現在、古隅田川と呼ばれる二つの河川として河道が残っている。

  1. 埼玉県さいたま市岩槻区南平野で元荒川から分かれ春日部市梅田で古利根川に合流する河川
  2. 東京都葛飾区亀有付近で中川から分かれ葛飾区小菅綾瀬川に合流する河川[17]

隅田川派川[編集]

隅田川派川(すみだがわはせん)は分流であり、永代橋の下流で分岐して、相生橋の下流で晴海運河に注ぐまでの0.9kmをいう[18]

橋梁[編集]

江戸期において防備上の視点から架橋が制限されたこともあり、明治期ごろまでは多くの渡しによって両岸が結ばれていたが、交通量の増加に伴い次第に木橋などで架橋が進んだ。大正期の関東大震災でその多くが被害を受けたために、国の予算による震災復興事業として鋼橋に架け替えられた。政府は東京復興のシンボルとして隅田川の架橋を全体的な構想の下に実行し、復興事業の技術面での総帥であった帝都復興院土木局長の太田圓三の部下で同院橋梁課長だった田中豊により、統一的なデザインモチーフのもと、それぞれ異なる橋梁形式が採用された[19]。さらに、自動車時代の幕開けとともにより多くの橋の建設が行われた。

それぞれが特徴のあるデザインとなっている(#画像参照)。なかでも、下流側に位置する永代橋清洲橋が震災復興時に架け替えられたときは、永代橋を上に張り出すアーチ橋とし、清洲橋を吊り橋形式にして際だった対比性を持たせ、構造技術面と環境デザイン面を両立させることに成功を収めている[20]。近年では災害対策連絡橋を主とした橋や遊歩道的な歩行者専用橋なども架けられ、よりバリエーションが豊かになっている。

橋梁一覧[編集]

歩行者通行

○ - 可能 × - 一般不可 ◆ - 歩行者専用

橋梁名 並列路線 自治体
- 区)
備考
荒川より分岐
新河岸川合流
新神谷橋 東京都道318号環状七号線(環七通り) - 足立
新田橋 北 - 足立
新豊橋 北 - 足立
豊島橋 東京都道307号王子金町江戸川線 北 - 足立
× 首都高速中央環状線橋梁 北 - 足立 首都高速中央環状線用の橋梁
石神井川合流
小台橋 東京都道458号白山小台線(小台通り) 荒川 - 足立
尾久橋 東京都道58号台東川口線(尾久橋通り) 荒川 - 足立
× 日暮里・舎人ライナー隅田川橋梁 荒川 - 足立 東京都交通局日暮里・舎人ライナー
尾竹橋 東京都道313号上野尾竹橋線尾竹橋通り 荒川 - 足立
× 上水千住水管橋 荒川 - 足立 東京都水道局の上水管、老朽化と耐震性問題により2013年5月に撤去。
× 京成本線隅田川橋梁 荒川 - 足立 京成電鉄 || 本線用の橋梁
× 東京電力送電橋 荒川 - 足立 東京電力の送電用
× 千住水管橋 荒川 - 足立 東京都水道局の工業用水管
千住大橋 国道4号日光街道 荒川 - 足立
× 常磐線隅田川橋梁 荒川 - 足立 JR || 常磐線用の橋梁
× つくばエクスプレス隅田川橋梁 荒川 - 足立 TXつくばエクスプレス用の橋梁
× 日比谷線隅田川橋梁 荒川 - 足立 東京地下鉄日比谷線用の橋梁[21]
千住汐入大橋 東京都道314号言問大谷田線 荒川 - 足立
旧綾瀬川合流
水神大橋 東京都道461号吾妻橋伊興町線支線 荒川 - 墨田
白鬚橋 東京都道306号王子千住夢の島線明治通り 台東 - 墨田
桜橋 台東 - 墨田
言問橋 国道6号言問通り 台東 - 墨田
× 東武花川戸鉄道橋 台東 - 墨田 東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)用の橋梁
北十間川合流
吾妻橋 東京都道463号上野月島線支線(雷門通り 台東 - 墨田
駒形橋 東京都道463号上野月島線浅草通り 台東 - 墨田
厩橋 東京都道453号本郷亀戸線春日通り 台東 - 墨田
蔵前橋 東京都道315号御徒町小岩線蔵前橋通り 台東 - 墨田
× 蔵前専用橋 台東 - 墨田 NTT電話通信線・東京都水道局の水道管
× 総武線隅田川橋梁 台東 - 墨田 JR総武線用の橋梁
神田川合流
両国橋 国道14号京葉道路 中央 - 墨田
竪川合流
× 両国大橋 両国ジャンクション 中央 - 墨田 首都高速6号向島線7号小松川線用の橋梁
新大橋 東京都道50号東京市川線(新大橋通り) 中央 - 江東
小名木川合流
清洲橋 東京都道474号浜町北砂町線清洲橋通り 中央 - 江東
仙台堀川合流
隅田川大橋 水天宮通り首都高速9号深川線 中央 - 江東
日本橋川合流
永代橋 東京都道10号東京浦安線永代通り 中央 - 江東
大横川合流
相生橋 東京都道463号上野月島線清澄通り 中央 - 江東
中央大橋 東京都道463号上野月島線八重洲通り 中央 - 中央
亀島川合流
佃川支川に分流
佃大橋 東京都道473号新富晴海線(佃大橋通り) 中央 - 中央
月島川に分流
勝鬨橋 東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線晴海通り 中央 - 中央
新月島川に分流
築地大橋 東京都道50号東京市川線支線(環二通り 中央 - 中央 暫定供用中
東京湾に流水

隅田川を舞台・背景とした作品[編集]

文学
伝統芸能
絵画
  • 隅田川絵巻 - 藤牧義夫作。1935年、失踪直前に描かれた大作。川沿いの景色をひたすら横へ横へと写しつづけ、全長は60メートルに及ぶ。

生物[編集]

白鬚橋上流に設けられた湾処

コイギンブナなどの淡水魚の他に、河口に近い下流部にはサッパコノシロスズキボラマハゼ・エイなどの汽水魚が生息している。また、冬になるとユリカモメが越冬のため飛来する。[1]

吾妻橋より上流のテラス部分には水質浄化のためにアシ原が作られ、小さな干潟を形成し、クロベンケイガニや数多くの水生昆虫の生息地域となっている。また、白鬚橋上流には人工的に湾処(ワンド)が作られ、ボラ、スズキ、マハゼ、クロベンケイガニ、テナガエビが生息し、それらを餌とするコサギカワウが飛来している。

画像[編集]

聖路加タワーから見た隅田川の河口

脚注[編集]

  1. ^ 水神大橋より上流300mの地点。
  2. ^ 待乳山、浅草弁天山、鳥越など
  3. ^ 隅田川東岸が下総国葛飾郡(隅田、寺島、小村井、亀戸島など)だった。
  4. ^ 桜橋より上流500mの地点。
  5. ^ 牛嶋、請地(浮地)、柳島などの中洲があった(どれも武蔵国豊島郡に属した)。牛嶋は浅草・柳橋の対岸に2km以上細長く延び、現在の墨田区横網から古墳時代の壺が出土している。
  6. ^ 谷口栄「低地の景観と開発」『水の中世 治水・環境・支配』(高志書院 2013)
  7. ^ 請地村飛木稲荷はこの河道の中洲に当たる。
  8. ^ この下総国武蔵国の国境を流れる旧利根川の河道は、現在の古利根川埼玉県加須市琴寄、川口より下流、埼玉県春日部市古隅田川越谷市元荒川三郷市八潮市中川、東京都足立区・葛飾区境界の古隅田川、足立区・墨田区境界の旧綾瀬川であり、部分的に「隅田川」の名が残っている。荒川瀬替え後、1683年(貞享3年)また一説によれば寛永年間1622年-1643年)に下総国武蔵国の国境が変更された。
  9. ^ 埼玉県の古隅田川も併せて考えると、「隅田川」とは、古くは旧利根川が春日部付近から南流し旧入間川と合流し東京湾へ注ぐまでを指していたらしい。
  10. ^ 江戸時代の橋場の渡し
  11. ^ なお鎌倉時代以降は、『吾妻鏡』によれば、本郷追分から北上する鎌倉街道#中路および奥大道(後に日光御成道)の経路が使われている。
  12. ^ 伊勢物語(東下りの段)で主人公が赴いている。
  13. ^ 日本武尊の一向が渡河した伝説も当地に伝わっている。
  14. ^ 『特別展 隅田川流域の古代・中世世界 水辺から見る江戸東京前史』の図録本では、現隅田川を宮戸川(別称ではなく正式名称として)、分流を(中世の)隅田川と位置づけ、中世においてはこの定義での隅田川(最下流は横十間川付近の河口)を国境としている(関連リンク 中世から江戸初期にかけての隅田川 - 消えた隅田川/ スカイツリー634m 一考 - 武蔵・下総の国境、隅田川)。
  15. ^ 今でも古典落語などでは「大川」が出てくる。また、大川右岸、特に吾妻橋周辺から周辺までを大川端(おおかわばた)と称する。今でもには、大川端リバーシティ21にその名が残る。
  16. ^ 荒川に面せず、隅田川に面している荒川区が「荒川」の名を持つのは、こうした事情による。
  17. ^ 足立区と葛飾区の境界を流れ、現在は多くの区間が暗渠化されている
  18. ^ 東京都建設局・隅田川はどんな川?
  19. ^ 武部健一 2015, p. 171.
  20. ^ 武部健一 2015, pp. 171–172.
  21. ^ 隅田川を渡る鉄道路線では唯一の地下鉄路線である。

参考文献[編集]

  • 武部健一『道路の日本史』中央公論新社〈中公新書〉、2015年5月25日。ISBN 978-4-12-102321-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]