メサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モニュメント・バレーのメサ(左)とビュート(右)

メサ (mesa) は、差別侵食によって形成されたテーブル状の台地のことで、「卓状台地」とも呼ばれる。さらに浸食が進み孤立丘となったものは、「ビュート」 (butte) と呼ばれる。

概要[編集]

語源はスペイン語で「テーブル」の意。主に乾燥地帯に発達する地形であり、アメリカ合衆国西部に多い。

上位に硬い水平な地層が、下位に浸食されやすい柔らかい地層がそれぞれある場合、下の地層が浸食されて急崖を形成し、上部は浸食されないためにテーブル状の台地となる。

日本では屋島万年山荒船山などがメサの例である。ビュートの例として伐株山鷹ノ巣山などがある。

その他[編集]

関連項目[編集]