山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山地(さんち)は、平地に対比される、比較的大きな起伏や傾斜を持ちまわりより高い地域で、複数のからなる広い地域を指す。火山活動、地盤の隆起運動と浸食作用の競合で形成された河川氷河などを持つ地形。成因別では褶曲による褶曲山地、浸食から残った浸食山地、火山活動から成った火山性山地、断層に囲まれた地塊山地などがあり、発達段階のものから幼年期、壮年期、老年期の山地がある[1]

高山性山地 - 北アルプス

分類[編集]

起伏の大きさによって、概ね以下のように分類される。

高山性山地
2,000m以上
中山性山地
1,000m程度
低山性山地丘陵
500m以下

日本では日本アルプスが高山性山地に当たり、日本の多くの山地は中山性山地に当たる。

また、山地のうち細長く伸びるものを山脈という。さらに、高さが比較的低いが伸びているものを高地という。

生物の分布[編集]

生物学における分布に関わる表現としては、山地とは標高1000m以上程度を示す。これは日本本土の中程では落葉樹林帯、いわゆるブナ帯にほぼ当てはまる。それより低い山のことは低山、あるいは丘陵という表現を使うのが通例である。

脚注[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 -山地

関連項目[編集]

外部リンク[編集]