納涼床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鴨川の納涼床
スターバックスの納涼床
貴船の川床
夜の貴船の川床

納涼床(のうりょうゆか、のうりょうどこ)、あるいは川床(大阪北浜では「かわゆか」、京都鴨川では「ゆか」、貴船高雄では「かわどこ」と読むのが一般的)は京都大阪の風物詩の一つである。料理店や茶屋が川の上や、屋外で川のよく見える位置に座敷を作り、料理を提供する。

5月ごろから9月ごろまで、京都の鴨川、貴船、高雄、鷹峯などで楽しむことができる。

納涼床と法規制[編集]

納涼床は近代法が整備される明治時代以前から存在した[1]が、納涼床が河川敷を含む「河川区域」に張り出して設置されることから、河川法が制定されて以降、設置に当っては許可が必要となった。

現在施行されている新河川法では、第24条により河川区域内の土地を占用しようとする者は河川管理者の許可を受けねばならず、工作物を設置する際は第26条に基づきさらに許可が必要となる。この河川法の施行細則として国土交通省は「河川敷地占用許可準則」[2]を定めており、その中で占用主体は原則的に公共性・公益性が高い団体に限り、通常は営利目的の利用を認めていない。納涼床についても、半永久的な構造物の設置は長く禁止されていた[1]

2002年(平成14年)、政府の都市再生本部による「全国都市再生のための緊急措置」[3]の中で「地域産業・観光などの経済活動・交流活動の振興や福祉をはじめとする生活サービスの充実などを空間整備と一体的に実施する取組み」が提言され、これを受けて2004年(平成16年)に特例措置として、河川局長が指定した区域において許可準則を緩和する社会実験が行われることとなった[4]。この社会実験の一環して、2009年大阪北浜に常設された「北浜テラス」をはじめとした納涼床が全国で設置された。

2010年(平成22年)には、国土交通省内の成長戦略会議[5]において観光振興が強く打ち出されたこともあり、2011年(平成23年)3月8日、河川敷地占用許可準則が改正され、これまでの特例措置が恒久化されることとなった[6]。なお、河川敷地占用許可準則においては、「納涼床」ではなく「川床」と呼称されている[7]

鴨川納涼床[編集]

二条から五条にかけて90軒ほどの店が並ぶ。京料理以外にも中華や焼肉など各国の料理が選べるので、気軽に納涼床を楽しむことができる。また、大衆的なチェーン店であるスターバックス京都三条大橋店でも納涼床を楽しむことができる。

基本的に夜の納涼床が中心であるが、5月・9月は昼の納涼床も楽しめる。(食中毒防止のため、7・8月は昼の納涼床は営業しない。)

京都府鴨川条例においては、特に「鴨川の右岸の二条大橋から五条大橋までの区間において、飲食を提供するために設置される高床形式の仮設の工作物」(同条例14条)を同条例における鴨川納涼床と定義し、それらについては知事が河川法許可の審査基準を定めるものとしている。

貴船の川床[編集]

貴船口駅から貴船神社に向けて少し歩くと20軒ほどの店が床を並べている。京料理や流しそうめんを楽しむことができる。自然が多く情緒溢れる床である。川の上に床をつくる。

高雄の川床[編集]

京都市内より気温が3~5度低く夏の別天地として知られる高雄清滝川に張り出すように一段高い位置にたてられた床で屋根が有るのが特徴。天然、京野菜など旬の食材を使った川床料理を楽しむことができる。また6月中旬から7月中旬頃まで、天然記念物の源氏ぼたるも見ることができる。期間はお昼 5月初旬から11月末まで。夜 6月1日~9月末頃まで。

大阪川床「北浜テラス」[編集]

水都大阪のシンボル「中之島」に面して、北浜1丁目から2丁目の土佐堀川左岸に設けられる川床。背景の梅田のビル街や高速道路、中之島のバラ園や赤レンガの大阪市中央公会堂、時折遊覧船が行く穏やかな土佐堀川(旧淀川)など、都会と自然が融合した広大な空間を楽しめる。3月下旬の川床開きから秋・寒くなるまで運用されているが、常設の為一部店舗は冬季も営業している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 納涼床の歴史”. 京都鴨川納涼床協同組合. 2016年7月18日閲覧。
  2. ^ 河川敷地占用許可準則について”. 国土交通省. 2016年7月18日閲覧。
  3. ^ 全国都市再生のための緊急措置~稚内から石垣まで~”. 内閣官房 地域活性化統合事務局 (2002年4月8日). 2016年7月18日閲覧。
  4. ^ 河川空間のオープン化(地域活性化のための河川敷地の占用に関する規制緩和) (PDF)”. 国土交通省 河川局 (2011年3月8日). 2016年7月18日閲覧。
  5. ^ 国土交通省成長戦略会議”. 国土交通省. 2016年7月18日閲覧。
  6. ^ 河川空間のオープン化について(地域活性化のための河川敷地の占用に関する規制緩和)”. 国土交通省 河川局 水政課 (2011年3月8日). 2016年7月18日閲覧。
  7. ^ 河川敷地占用許可準則 第4章 第ニ十ニ第3項の十。

外部リンク[編集]