粘土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

粘土(ねんど、: clay[1])は、以下のような意味をもつ言葉。

  1. 原義は、地層中などから得られ、焼き物素材にもなる「粘っこい」のこと。
  2. 学術産業上は、「非常に細かい粒子でできた堆積物」として定義される。
  3. 一般に、塑造モデリング用に商品化された粘土様の素材のこと。学校教材としても馴染みが深い。

以下、上記 2. を「堆積物としての粘土」、3. を「塑造用粘土」とし、それぞれについて解説する。

堆積物としての粘土[編集]

粘土

学術・産業上の定義[編集]

粘土の定義は、陶工土壌農学セラミック工学地質学堆積学)、鉱物学などの分野により必ずしも一致していない。地質学の分野においては、粒径(粒の大きさ)が3.9μm未満の粒子とされ、鉱物学の分野においては2μm以下の粒子とされ、土質力学の統一分類法においては粒径が5μm以下の土とされる。これより大きいものはシルトとよぶ。

化学的・鉱物学的には層状ケイ酸塩鉱物(フィロケイ酸塩鉱物)を主とし、方解石苦灰石長石類、沸石類などから成る。

性質[編集]

で捏ねると塊になり、同時に手で延ばしたり、細工することができるようになること、に耐えるといった粘土の持つ性質は、太古より利用されてきた。科学的な観察分析が進むにつれて、それまで「粘土」と呼ばれてきたものには化学的吸着イオン交換触媒性、水との混合による泥水の形成、粘性粘着性、可塑性、低透水性など多くの性質が認められるようになった。低透水性については、含有する鉱物の種類や粒径分布によって大きく異なるが、透水性の低さにより地盤圧密が非常に緩やかに進み、構造物は建設から数年経た頃に不等沈下などの問題を生じる場合がある。

利用[編集]

塑造用粘土[編集]

上述のように粘土にはすぐれた可塑性があり、立体造形を容易に実現できるため、古くから塑像などの造形に用いられてきた。現代の塑像用粘土の多くは堆積物としての粘土を直接の原料にはしていない。合成素材や、パルプ、石粉、小麦粉などさまざまな原料が使われている。

さまざまな塑造用粘土[編集]

  • 油粘土 - 油脂ベースのため乾燥しにくく、繰り返し造形しなおすことができる。
  • 紙粘土 - 安価であり、加工しやすい。
  • 石粉粘土 - 乾燥後は石のような質感を見せる。乾燥後の彫刻にも適している。
  • 小麦粉粘土 - 幼児が誤って口にしても安全。
  • シルバークレイ - 粉を高い比率で含んでおり、焼成によって銀細工を実現できる。
  • 木質粘土 - 木の粉が配合されていて乾燥後は本物の木のようになる。
  • 蝋粘土 - 独特の透明感があり、幼児が誤って口にしても安全。手の熱で温めて使用する。
  • プラスティシン - カルシウム塩、ワセリン脂肪酸を合成して製造したパテ状のもの。ウォレスとグルミットで使用されている。

利用[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、100頁。ISBN 4-8181-8401-2

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

砕屑物と砕屑岩
粒径(mm) 砕屑物 砕屑岩 火山砕屑物 火山砕屑岩
64 以上 礫岩 火山岩塊 火山角礫岩凝灰角礫岩
64 - 2 火山礫 ラピリストーン火山礫凝灰岩
2 - 116 砂岩 火山灰 凝灰岩
116 - 1256 シルト シルト岩 泥岩
1256 以下 粘土 粘土岩
テンプレートを表示