地盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地盤(じばん、: ground[1]、あるいはsoilground[2])とは、構築物橋脚建物等)の基礎を支える地面地殻の表層部)のことである。

概説[編集]

「地盤」という用語・概念は、必ずしも(分野を越えて)共通の明確な定義があるというわけでもないが、慣例的には、建設工学的な立場からの用法が採用されている[2](他にも、土質工学的な観点からの用法もある)。

一般に、地盤が支持していることによってはじめて、様々な構造物(建造物・建築物)というのはその形状や位置を保っており、(地震発生時などに)地盤の良し悪しによって 建造物・建築物が影響をあまり受けずに長年月に渡り安定して存続したり、逆に大きな影響を受け一挙に崩壊してしまうなど、災害の被害の大きさ、構造物の命運を大きく分けることにもつながる、とても大切な要素である。

地盤のやわらかいところは、地震発生時に、地盤がかたいところよりも震度が大きくなることが、様々な観測や研究によって明らかにされている(表層地盤増幅率)。

やわらかい地盤(軟弱地盤)は沖積平野に広く分布しており、埋め立て地も同様である。こうした軟弱地盤では、地震発生時などに液状化現象が起きる可能性がある。そのほかにも かつて河川沼地水田だった場所なども軟弱地盤となっており、たとえ内陸部であってもやはり液状化現象が起こる可能性がある。

なお、新潟県中越地震は比較的地盤のかたいところで起きた地震の例としてあげられる。

降雨が続くと地盤のうち土の部分は次第に水を含み、軟弱化する傾向がある。こうした現象を「地盤がゆるむ」と表現する。傾斜地や崖状の場所では、降雨が続くと まず地盤がゆるみ、さらに降雨が続くとやがて地盤がズレ落ちてしまうことや土石流となってしまうことがある(土砂災害)。

地盤が沈下する現象(位置が下がる、標高が下がってしまう現象)が起きることがある。これを地盤沈下と言う。起きる原因としては例えば、地殻変動、堆積物の自然収縮、地下水の過度の汲み上げ等々がある。

日本では何度も関連法規が改定・改善されてきた歴史がある。2000年には、建築物を作る前に当該の地盤を(必ず)測定調査することが義務づけられた。

人工地盤[編集]

構造物の表層や上部などに人工的に造られた地盤を人工地盤という。

これにはまったく新しい土地造成する埋立地や土地を削ったり盛土によって自然土壌との繋がりが少なくなった地表面・地盤も含まれる[3]

人工地盤の例としては、上部空間を有効活用(立体的利用)するために複数の建物の上層レベル(2階以上)を人工地盤で連結するケース[4]や人工地盤により上部空間に公園を造成するケース(屋上公園とは異なる)[5]などがある。

また津波対策として人工地盤により高台を構築し、その上に避難場所を設けたり建物等を建設することも提案されている[6]

比喩的用法[編集]

「地盤」という言葉・用語は比喩的にも用いられている。 「地盤」は、ある議員を支持する有権者が多い地域、また 議員の支援組織や支援団体を指すことがある[7]。議員の支持者が減ることや、支持率が下がることを比喩的に「地盤沈下」と言うこともある。

(なお、ある選挙区である候補者が立候補しているものの、その選挙区がその候補者にとってはまだ地盤とは言えないような状態の場合、そうした候補者を、支持する確固たる地盤がまだ無い状態、現状は空中に浮いているような状態だが やがて地面に軟着陸して地盤を確保しようとしている状態 ととらえて「落下傘候補」と表現することがある。)

確認方法[編集]

一般人は、物件(住宅など)の購入の可否を検討する時や、すでに住んでいる住宅の防災対策を検討する時などに、該当物件の地盤の状態を確認する必要を感じることが多いわけであるが、それを確認するひとつの方法として国土交通省が監修している土地条件図を確認する、という方法がある。水色、オレンジ色などに色分けされており、建築や建設の観点からの地盤関連の情報が判るものである。例えばある場所が同図で 青色に彩色されていれば、かつてその場所は「水と関係のある場所」(沼や沢や水田 等々)だったと判る。

他にも、農林水産省から公開されている 過去の土地利用を表した図(地図)も利用できる(インターネット上で、無料で公開され、利用できる状態になっている)。これによって、ある場所が 例えば明治時代宅地だったのか、水田だったのか、沼地だったのか、川だったのか などといったことが確認できる。

また、図面、地図がとりあえず咄嗟に確認できない段階では、その土地の地名が、過去の土地の状態を示すヒントとなり、その結果 地盤の状態の とりあえずのヒントとなることも多い。たとえば地名が「~沼」「○○沼」などとなっていれば、以前はがあったか 周囲に沼が多かった可能性が高く、また例えば「~沢」であれば かつてのようなものがその場所や周囲に流れていた可能性が高い、「~窪」であれば窪地(で かつ湿地)であった可能性、また地名に「田」がついていれば水田(や田畑)であった可能性が高い、等々である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省土木学会編 『学術用語集 土木工学編 増訂版』 土木学会、1991年ISBN 4-8106-0073-4[リンク切れ]
  2. ^ a b 日本大百科事典「地盤」
  3. ^ 人工地盤世界大百科事典第2版/コトバンク
  4. ^ 鋼製人工地盤の有効性について (PDF)川田工業
  5. ^ 「立体都市公園制度の概要について」 (PDF)国土交通省 都市・地域整備局後援緑地課)
  6. ^ 人工地盤(一般社団法人 プレストレスト・コンクリート建設業協会)
  7. ^ 大辞泉「地盤」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]