石粉粘土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石粉粘土による人体像の製作

石粉粘土(せきふんねんど)とは、を粒の均等な粉状に砕き、接着剤など薬品を混ぜて粘土状にしたもの。

粘土と同様に自由な造型が可能であり、以下の特性から様々な造型に用いられる。

  • 手につきにくい
  • 外気に触れた状態で放置すると硬化する
  • 硬化後はある程度の強度を持ち、削りが可能
  • 硬化後は硬化前よりも軽くなる

彫刻において、削りすぎても何度でもやり直しが効くため、塑像製作に適している。

代表的な石粉粘土[編集]

  • フォルモ:株式会社パジコの製品。手芸、ホビー用に幅広く使われる。比重、仕上がりに変化のあるバリエーション製品が豊富。
  • ラドール:株式会社パジコの製品。フォルモより肌理が細やか。
  • ファンド:アートクレイ社の製品。硬化後に非常に硬くなる。フィギュア製作に使われることが多い。また、薄くよく伸び、フィギュアの服などの造型にも適している。硬化後のバリエーション製品がいくつかある。

関連記事[編集]