皮脂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

皮脂(ひし、: Sebum)は、皮脂腺から分泌される脂肪などを含むエマルション様の液体である。成分はグリセリン脂肪酸エステルである。

皮脂腺の腺細胞が内部で合成した分泌物を多量に蓄積した後、細胞全体が崩壊することによって皮脂腺内腔に放出される。つまり、皮脂は皮脂腺細胞の崩壊物全体からなる。毛穴の内面に開く皮脂腺開口部から皮膚表面に分泌され、皮膚や体毛の表面に常に薄い膜状に広がり、物理的、化学的に皮膚や毛髪を保護保湿する役割を果たしている。また、これに含まれる脂肪が皮膚の常在菌により分解されることで生じる脂肪酸によって皮膚の表面は弱酸性となり、これが病原菌などを排除する機能も持つ。

皮脂は思春期になると性ホルモンの影響を受けて分泌が活発になり、毛穴内面の角質の増大によって速やかに毛穴の外に放出されることが妨げられると、毛穴内に角質とともに蓄積してにきびが発生する原因となる[要出典]。また、頭皮から分泌される皮脂は量が多いこともあって頭皮を洗浄しないと蓄積されていき、臭いを発生するので美容上嫌われることがある。

ミノサイクリンによるにきび治療は、毛包の皮脂腺を増加させ、皮脂分泌を顕著に増加させる[1]。この効果は治療終了後1ヶ月間継続した[1]。にきびの重症度は、皮脂中の遊離脂肪酸トリグリセリド指数と相関がある[2]ドキシサイクリンによるにきび治療は、この指数を増加させるが、疾患の臨床像は改善する[2]抗生物質によるにきび治療は皮脂排泄率を有意に高め[3]脂漏症を引き起こす[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Bodokh I, Jacomet Y, Lacour JP, Ortonne JP. (July 1997). “Minocycline induces an increase in the number of excreting pilosebaceous follicles in acne vulgaris.”. Acta Dermato-Venereologica. 77 (4): 255-9. PMID 9228213. 
  2. ^ a b Huber HP, Pflugshaupt C. (1990-5-15). “Acne and free fatty acids in sebum, modification by doxycycline.”. Schweiz Rundsch Med Prax. 79 (20): 631-2. PMID 2140907. 
  3. ^ Eady EA, Cove JH, Blake J, Holland KT, Cunliffe WJ. (May 1988). “Recalcitrant acne vulgaris.Clinical, biochemical and microbiological investigation of patients not responding to antibiotic treatment.”. British Journal of Dermatology. 118 (3): 415-23. PMID 2965598. 
  4. ^ Layton AM, Hughes BR, Hull SM, Eady EA, Cunliffe WJ. (May 1992). “Seborrhoea--an indicator for poor clinical response in acne patients treated with antibiotics.”. Clinical and Experimental Dermatology. 17 (3): 173-5. PMID 1451293.