常在菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

常在菌(じょうざいきん)とは、主にヒトの身体に存在する微生物細菌)のうち、多くの人に共通してみられ、病原性を示さないものを指す。

常在菌の種類は多種多様で、地域環境や生活習慣、および身体の部位により違いが見られる。誤解されやすいが、「健康な身体にも存在する菌」であって「全ての人間が持っている菌」という意味ではない。 基本的には人の健康に影響を与えず、共生関係にあるものを指すが、免疫力の低下により日和見感染を起こすこともある。

またそれとは逆に、安定して多数で存在することにより、侵入した病原性微生物の繁殖を抑制し、発病を防ぐ効果もあると考えられている。 実際、強力な抗生物質の使用などにより常在菌が極端に減少すると、他の細菌やカビなどが爆発的に繁殖し、病原性を示す事がある。


概要[編集]

ヒトの場合、常在菌が最も多く存在するのは腸管内で、その数は体細胞のそれを超えると考えられている。その他、口腔鼻腔内や生殖器、あるいは皮膚全域に、数百種類が互いに関わり合いながら棲息している。

特に腸内細菌の「バランス」については、生活習慣病を予防する手段として健康食品をはじめとする多用な商品、手段が知られている。

単純な外傷で傷口が化膿した場合は繁殖している細菌の大部分は常在菌であり、健康なら神経質に殺菌消毒する必要はないとする考え方もある。

関連項目[編集]