角栓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角栓(かくせん、keratotic plug)とは、皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質毛穴中で凝固、発達したもの。

表面が酸化してく見えることがある。

黒にきびを潰して出てきた角栓

皮脂の分泌が多く、ターンオーバーが早いためか、角栓の成長は夏に早くなる[1]

角栓の構成成分として主な成分はタンパク質であり[2]、脂質はトリグリセリドが少なく遊離脂肪酸が多く、角質層にはないアクネ菌由来のタンパク質と炎症に関わるタンパク質が検出されるため、皮膚上の細菌によってトリグリセリドが分解されてできた遊離脂肪酸だと考えられ、この脂肪酸が毛穴の角質細胞を成長させて剥離され、皮脂と混ざることで角栓となっている[1]。角栓には、内毛根鞘に由来するトリコヒアリンが存在することから、表皮の角質ではなく皮脂管近くで分解される内毛根鞘の分解物が取り込まれている可能性がある[2]

角栓が毛穴を広げる影響は大きいと考えられ、30代までの女性は角栓によって毛穴が目立ちやすいが、40代の女性では皮脂の分泌が減少するため角栓がなく毛穴が目立つケースが増える[3]

角栓の成長抑制としては、トラネキサム酸コハク酸乳酸の合剤の塗布試験で、合計36個の毛穴の約30%では、角栓の成長が遅くなった[1]。ほかにカンラン葉抽出物(脂質の過酸化による異常角化を抑える)、チャノキオイル[1]、ザクロ発酵液が知られる[2]

ニキビの原因にもなるため毛穴パックなどで除去する場合もある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 飯田年以、小野隆之、本山晃「角栓の成長を抑えるケア法の開発」『フレグランスジャーナル』第45巻第2号、2017年2月、 22-27頁。
  2. ^ a b c 山口弘毅、大隅和寿、坂井田勉、広瀬統、八代洋一、中田悟「ザクロ発酵液の毛穴の目立ち改善効果」『日本化粧品技術者会誌』第51巻第1号、2017年、 27-32頁、 doi:10.5107/sccj.51.27
  3. ^ 水越興治「毛穴の開きのメカニズム」『フレグランスジャーナル』第45巻第2号、2017年2月、 12-21頁。

関連項目[編集]