火山砕屑物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火山砕屑物(かざんさいせつぶつ、: pyroclastic material)とは、火山から噴出された固形物のうち、溶岩以外のものの総称。火砕物(かさいぶつ)[1]、ともいう。溶岩を含めないという点で、火山噴出物(かざんふんしゅつぶつ)とは異なる。

火山砕屑物が固まった岩石火山砕屑岩という。

分類[ソースを編集]

大別して2種類の分類方法がある。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、63頁。ISBN 4-8181-8401-2

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

砕屑物と砕屑岩
粒径(mm) 砕屑物 砕屑岩 火山砕屑物 火山砕屑岩
64 以上 礫岩 火山岩塊 火山角礫岩凝灰角礫岩
64 - 2 火山礫 ラピリストーン火山礫凝灰岩
2 - 116 砂岩 火山灰 凝灰岩
116 - 1256 シルト シルト岩 泥岩
1256 以下 粘土 粘土岩
テンプレートを表示