ローム (土壌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローム

ローム: loam: Lehm)とは土壌区分の一つ。粘性質の高い土壌であり、シルトおよび粘土の含有割合が25% - 40%程度のものを指す。ロームで構成された地層ローム層という。日本では火山起源の関東ロームが著名だが、ローム定義は、土壌中の粒径組成比率のみであり、火山起源物質であるかどうかは関係ない。

関東ローム[編集]

関東ロームは、関東地方西縁の富士山箱根山愛鷹山などの諸火山、北縁の浅間山榛名山赤城山男体山などの諸火山から関東平野に降下した更新世中期以降の火山砕屑物やその風成二次堆積物の総称である[1]。1881年にダーフィト・ブラウンスが成因不明のまま命名した[1]

黒ボク土との違い[編集]

火山灰や風成二次堆積物が堆積した場所が湿潤環境だと、その上に植物が生い茂り、腐植土層がたまって黒色となり、これは黒ボク土と呼ばれる[2]。最終氷期以降は気候が湿潤であるため、火山灰がロームにならずに黒ボク土になっている。特に台地ではロームが積もっても川に流されることが無かったため、関東地方の台地の地層は、何メートルも積もったローム層の最上段に黒ボクが堆積しているものが典型的である。武蔵野台地は特に典型的な関東の地層を示す。

ローム層と黒ボク土は、ともに火山灰からなる土壌であるが、酸化した鉄分を含むために赤いローム層に対し、黒ボク土は有機物を含んでおり、黒い色をしているのが大きな違いである[3]。そのため、「赤土」と呼ばれるローム層に対し、黒ボク土は「黒土」と呼ばれる。また、黒ボク土はローム層よりもできた時代が新しいため、土の粒子が粘土化しておらず、土がボクボクした感触となっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 出典 : 『新版 地学事典』平凡社 1996年、288頁
  2. ^ 黒ボクとローム 芙蓉地質
  3. ^ 土壌の世界 国立科学博物館

関連項目[編集]