水質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水質(すいしつ、英語: water quality)は物理的、化学的、生物的なの性質を示す指標である[1]

概要[編集]

水質は地球上の水循環や、当地での地形・地質条件、および人間活動の影響を受けている[2]が、水質の分析は、水文学における野外調査のうち化学的な手法として挙げられ、水文環境の状況把握の上で必要となる[3]

水質の具体例として、水に溶解している物質(溶質)の濃度のほか、水温、pH電気伝導度などが挙げられる[4]

水質の表現[編集]

濃度[編集]

水質を表現する方法は複数ある。体積濃度は水1Lあたりの溶質の重量であり、通常使用される単位はmg/Lである[5]。この他、重量濃度(溶液1kgあたりの溶質の重量、単位g/kg)や当量濃度(単位me/L)を用いることもある。なお、体積濃度Cv[mg/L]と当量濃度Ceq[me/L]には

という関係がある。ただしbは1当量分子量価数で割った値)である[6]

ダイアグラム[編集]

水質の概要の把握、他の水サンプルとの類似点・相違点の比較検討などでダイアグラムが用いられる。ヘキサダイアグラム(hexa diagram)では、縦軸の左側に陽イオン、右側に陰イオンの当量濃度を示す[注釈 1]。このときのグラフの形状・大きさで水質を表現することができる。 この他、トリリニアダイアグラム(trilinear diagram)などのダイアグラムがある[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし図の作成者によって左右などが異なる場合はある。

出典[編集]

  1. ^ Diersing, Nancy (2009). "Water Quality: Frequently Asked Questions." Florida Brooks National Marine Sanctuary, Key West, FL.
  2. ^ 田瀬 2009, p. 197.
  3. ^ 山中 2011, p. 28.
  4. ^ 山中 2011, p. 32.
  5. ^ 田瀬 2009, p. 198.
  6. ^ 田瀬 2009, p. 199.
  7. ^ 田瀬 2009, p. 200.

参考文献[編集]

  • 田瀬則雄、「水・物質循環」、杉田倫明・田中正編 『水文科学』 共立出版、2009年、197-222頁。ISBN 978-4-320-04704-4 
  • 山中勤、「水文」、上野健一・久田健一郎編 『地球学調査・解析の基礎』 古今書院〈地球学シリーズ〉、2011年、23-38頁。ISBN 978-4-7722-5254-6 

関連項目[編集]