社会地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

社会地理学(しゃかいちりがく、英語: social geography)は、社会空間の関係性を考察する、人文地理学の一分野である[1]

農村都市犯罪貧困教育環境問題などの社会現象を空間的・地域的(地理学的)に分析する分野である。社会学の各分野と隣接している分野でもあり、内容により犯罪社会学都市社会学環境社会学などの学術成果も活用される分野である。

社会地理学が誕生したのは比較的新しく、1940年代以降のドイツアメリカであるといわれている[2]1960年代計量革命以降、社会地理学分野での分析方法は多様化し、様々な分析方法のパターンが生み出されている。また、交通地理学農村地理学都市地理学などの分野にとって不可欠な存在である。女性学から派生した女性地理学などは社会地理学の応用分野のひとつである。

例えば、

  • ある民族の社会構造の分析
  • 都市構造と社会階層の関係の解明

などが扱われる。

脚注[編集]

  1. ^ 川田 2013, p. 216.
  2. ^ 神谷 2018, p. 2.

参考文献[編集]

  • 神谷浩夫『ベーシック都市社会地理学』ナカニシヤ出版、2018年。ISBN 978-4-7795-1243-8
  • 川田力「社会地理学」『人文地理学事典』人文地理学会(編)、丸善出版、2013年、216-219頁。ISBN 978-4-621-08687-2

関連項目[編集]