歴史地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

歴史地理学(れきしちりがく、英語: historical geography)は、空間を軸とする地理学と、時間を軸とする歴史学という対立関係を越えて、時間・空間を同格に併存させて取り扱う研究分野である。過去の特定の時代の空間パターンを分析したり[1][2]、過去の物資の流通形態を考察するなど、地理学の方法論を歴史の分野に――または逆に――適用した学問である。

かつては、こうした方法論は歴史学の一分野とも捉えられていたが、20世紀になってドイツフランスなどで歴史的景観の変遷が地理学の一分野で盛んになり、それが世界中に広まった。特に1960年以降の計量革命の影響も相まって、より複雑な空間分析が盛んになってきたが、一方で人間の歴史的な存在から、伝統的な人文主義地理学の考え方も残っており両者の融合が今後の課題ともいえる。

研究テーマの一例を挙げると、

  • 街道の整備と城下町の発達の関係の分析
  • 歴史的な町並みの成立経緯の研究

などが考えられる。

また、史料を扱う文献歴史地理学考古学の領域である考古歴史地理学などにさらに細分化されることもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 藤岡謙二郎、1967、『人文地理ゼミナール 歴史地理』、大明堂
  2. ^ 山村亜希、竹中克行(編)、2015、「現実世界の歴史地理」、『人文地理学への招待』、ミネルヴァ書房 ISBN 978-4-623-07229-3 pp. 183-201

外部リンク[編集]