水津一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水津 一朗(すいづ いちろう、1923年1月1日 - 1996年4月8日)は、日本地理学者京都大学名誉教授、奈良大学学長。人文地理学を専攻し、伝統的地理学と計量革命後の計量地理学の止揚をめざし、「位相地理学」を提唱した[1]

経歴[ソースを編集]

山口市生まれ。山口県立山口中学校(山口県立山口高等学校の前身)、山口高等学校 (旧制)山口大学の前身のひとつ)文科甲類に学び、1942年10月に京都帝国大学文学部史学科に進むが、学徒出陣により兵役に従う[1]。復員、復学し、1946年9月に京都帝国大学を卒業し、その後は特別研究生として大学院に学んだ[2]

1952年に大阪市立大学講師となり、のちに助教授を経て、1959年に京都大学文学部助教授となった[2]1966年から1967年にかけて、在外研究でヨーロッパに赴き、ドイツスウェーデンに滞在した[2]1971年3月、「社会集団の生活空間 : その社会地理学的研究」により、京都大学より文学博士を取得[3]1971年11月、教授[2]

当初、京都大学内に事務局を置いていた人文地理学会では、1976年から1980年まで会長を2期務め、その後さらに再任されて1984年から1986年まで会長を務めた[2]。その間、1981年から1983年まで、京都大学文学部長[2]1985年より1991年まで、日本学術会議会員(2期)[1][2]

1986年に京都大学を停年退官し、名誉教授、奈良大学教授[2]1988年から1994年まで、奈良大学学長[4]

水津は京都大学に勤務していた時期以来、永く京都府宇治市に住んでいた[2][4]。奈良大学学長退任後は、他のすべての公職から退いた上で、砺波散村地域研究所所長となった[2]1996年4月8日京都府城陽市の病院で死去[4]。没後に、従三位勲二等瑞宝章が追贈された[5]

おもな業績[ソースを編集]

単著[ソースを編集]

  • 『社会地理学の基本問題 地域科学への試論』大明堂、1964
  • 『社会集団の生活空間 その社会地理学的研究』大明堂、1969
  • 『石の文化・木の文化 ヨーロッパ文化の地理学』古今書院、1969
  • 『地域の論理 世界と国家と地方』古今書院、1972
  • 『リージョナル・ブックス5: ヨーロッパ文化の地理学』古今書院、1973
  • 『近代地理学の開拓者たち ドイツのばあい』地人書房、1974
    • のち改題:近代地理学の開拓者たち、1984
  • 『ヨーロッパ村落研究』地人書房、1976
  • 『地域の構造 行動空間の表層と深層』大明堂、1982
  • 『景観の深層』地人書房、1987
  • 『甦る地理の思想』地人書房、1995

共編著[ソースを編集]

出典・脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c 野澤秀樹紙碑 水津一朗先生の逝去を悼む (PDF) 」 、『地理学評論 Ser.A』第69巻第11号、1996年11月1日、 916頁、2012年8月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 金田章裕水津一朗先生の御逝去を悼んで (PDF) 」 、『人文地理』第48巻第5号、1996年、 424-426頁、2012年8月15日閲覧。
  3. ^ 社会集団の生活空間 : その社会地理学的研究 水津一朗”. 国立国会図書館. 2012年8月15日閲覧。
  4. ^ a b c “水津一朗氏死去”. 朝日新聞(朝刊): p. 27. (1996年4月9日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ “叙位叙勲(26日)”. 朝日新聞(朝刊・京都). (1996年4月27日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧

関連文献[ソースを編集]

  • 人文地理学の視圏、水津一朗先生退官記念事業会編、大明堂、1986