小野忠熈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小野忠熈
人物情報
生誕 1920年1月
日本の旗 日本 香川県坂出市
国籍 日本の旗 日本
出身校 立命館大学法文学部卒業
九州大学
学問
研究分野 考古地理
研究機関 山口大学
広島大学
学位 理学博士
称号 山口大学名誉教授
学会 日本城郭協会
テンプレートを表示

小野 忠熈(おの ただひろ、1920年1月[1] - )は、日本の考古地理学者。理学博士。山口大学名誉教授

略歴[編集]

著作[編集]

編著[編集]

  • 「高地性集落跡の研究」(編集/1979年、学生社)
  • 『日本の古代遺跡 30 山口』編著 保育社 1986

記念論集[編集]

  • 『高地性集落と倭国大乱 小野忠熈博士退官記念論集』雄山閣出版 1984

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年