溝口常俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

溝口 常俊(みぞぐち つねとし、1948年(昭和23年)11月8日 - )は、日本の地理学者名古屋大学名誉教授愛知県名古屋市生まれ。愛知県立明和高等学校卒、1972年名古屋大学文学部史学地理学科卒、79年同大学院文学研究科博士後期課程満期退学。2002年「日本近世の畑作地域史論」で京都大学博士(文学)。1981年名大文学部助手、1983年富山大学教養部助教授、94年教授、96年名古屋大学文学部教授、2001年環境学研究科教授。2013年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

  • 『日本近世・近代の畑作地域史研究』名古屋大学出版会、2002
  • 『インド・いちば・フィールドワーク :カースト社会のウラオモテ』ナカニシヤ出版 叢書・地球発見、2006

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ジョン・マクニール『20世紀環境史』海津正倫共監訳 名古屋大学出版会、2011

参考[編集]