高村ゆかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高村 ゆかり(たかむら ゆかり、1964年昭和39年〉11月27日 - )は、日本法学者国際法環境法)。東京大学未来ビジョン研究センター教授、女性初の環境省中央環境審議会会長、第25期日本学術会議副会長。

人物[編集]

島根県安来市(旧:能義郡広瀬町)出身。 大谷良雄ゼミ出身[1][2]。環境大臣表彰受賞。 研究分野は、地球温暖化に関する国際法・政策、環境リスクと予防原則、環境条約の遵守手続・制度など国際環境法に関する諸問題。

経歴[編集]

略歴は以下の通り[3]

社会的活動[編集]

学会活動[編集]

著作[編集]

編書[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
武内和彦
環境省中央環境審議会会長
2021年 -
次代: