計量革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
計量地理学から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

計量革命(けいりょうかくめい、英語: quantitative revolution)とは、数理科学的・統計学的な手段を用いて地理学のモデルを作成したり、地理学的な諸現象の説明を行ったりしようとした運動のことである[1]。計量革命は1950年後半から1960年代前半に欧米で発生・進行し[2]、1960年代のアメリカ合衆国の地理学界に大きな影響を及ぼしたほか、全世界に拡大した[3]

背景[編集]

1950年代前半までの地理学は個性記述的な学問という意見が強かったが、1950年代後半になると、フレッド・シェーファー英語版などにより、地理学を自然科学のように法則定立的な学問に変えようとする運動が起こった[4]。シェーファーは「空間の科学としての地理学」を主張したほか、論理実証主義を地理学に取り入れようとした[4]。その後、地域科学英語版の成立、コンピュータの技術進歩、地理学における空間分析の手法の導入などにより、計量革命が起こった[5]

影響[編集]

計量革命によりアメリカ合衆国では、三大地理学雑誌[注釈 1]や地理学の博士論文において、計量的な方法を利用した論文が増加した[3]。さらに、アメリカで留学や研究を行ったイギリス人によって、アメリカでの計量革命はイギリスにも伝わり、欧米の地理学界全体で計量革命が拡大した[6]。ただ、日本で計量的な地理学研究が活発化したのはアメリカでの計量革命より10年以上遅れている[7]

こうした計量的な地理学は、日本の地理教育にも多大な影響を与え、高等教育での地理学の研究・授業はもちろんの事、中等・初等教育の社会科における地理の授業にも波及した。

問題点など[編集]

しかし、こうした計量的なデータへの傾倒は新たな問題も生じさせた。つまり、こうした計量的な数理データの収集・分析が既に地理学の手段ではなく、すでに目的となっているという問題である[要出典]。こうした批判から、地理学に新たな問題が生じた。また、こうした計量的な手法が普及したのは、人文地理学では計量革命付近からであるが、自然科学の範疇である自然地理学ではそれより以前から用いられていたものでもあったが、自然地理学でも主流となった。こうした、計量的な方法のみでは人間を扱う人文地理学が解明しきれないという反発から、現在では個人の主体的観念に着目した人文主義地理学などの他の考え方が主流となってきている[要検証]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 杉浦 1989, p. 5.
  2. ^ 日本地誌研究所 1989, p. 181.
  3. ^ a b 杉浦 1989, p. 6.
  4. ^ a b 杉浦 1989, p. 4.
  5. ^ 杉浦 1989, pp. 8-13.
  6. ^ 杉浦 1989, pp. 6-7.
  7. ^ 杉浦 1989, p. 7.

参考文献[編集]

  • 杉浦芳夫 『立地と空間的行動』 古今書院〈地理学講座〉、1989年。ISBN 4-7722-1231-0
  • 『地理学辞典』 日本地誌研究所、二宮書店、1989年。ISBN 4-8176-0088-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]