安田喜憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安田 喜憲(やすだ よしのり、1946年11月24日 - )は、日本の地理学者、環境考古学者[1]東北大学大学院環境科学研究科特任教授、立命館大学環太平洋文明研究センター長、ふじのくに地球環境史ミュージアム館長[2]国際日本文化研究センター(日文研)名誉教授。フンボルト大学ベルリン客員教授、麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授。専攻は環境考古学。理学博士(東北大学、1978年)。日本熊森協会顧問[3]

経歴[編集]

三重県員弁郡北勢町(現・いなべ市)出身。[4]1965年三重県立桑名高等学校を、1970年立命館大学文学部地理学科を卒業。1972年東北大学大学院理学研究科地理学専攻修士課程修了、1974年同博士課程中退。 1977年広島大学総合科学部助手となり、1988年に日文研助教授1994年に教授に就任[5]1997年には京都大学大学院理学研究科教授を併任する。

1978年、東北大学より理学博士。論文の題は「Vegetational history and archeological sequence since the last glacial age in Japan(日本列島における最終氷期以降の植生変遷と人類の居住) 」[6]

2009年日本放送協会 (NHK) 経営委員となり、2012年2月末の任期終了までこれを務めた[7]

2012年、日文研を定年退任、東北大学大学院環境科学研究科・特任教授となる。同年6月30日付で京セラ監査役に就任[8][9]

2013年、立命館大学環太平洋文明研究センター長となる。

活動[編集]

主に古代文明の比較研究を研究テーマとし、環境文明に関する著作が多数ある。

1980年に文明や歴史を自然環境との関係で研究する環境考古学を提唱した。環境考古学では、歴史や文明がダイナミックに変移するときには、その自然環境もまたダイナミックに変移する、と捉える。「環境考古学」が日本の学界で完全に定着したと安田は主張している[10]

富士山-信仰の対象と芸術の源泉における貢献[編集]

富士山三保松原が命の水の循環でつながっているために、日本人はその風景に美を見いだし芸術の源泉としたと主張しており、UNESCO世界遺産決定の理論的根拠づけに寄与があった。

第37回世界遺産委員会の直前に、同会議議長であるカンボジアの副首相であるソク・アンに、「富士山と三保松原は、カンボジアのプノン・バケン山とアンコール・ワットアンコール・トムに代表される、聖なる山と命の水の崇拝と同様である」旨が記された自身の著書『Water Civilization』を添えて、三保松原が遺産の構成資産に値するという主張を手紙で送った[11]。さらに、カンボジアの発展に大きく貢献があり、在福岡カンボジア王国特別領事である半田晴久にも、三保松原の重要性についてソク・アンへの伝達を依頼した[12]。半田はソク・アンへの伝達後、文化庁長官の近藤誠一にも、同様に伝達した[12]。会議前日の近藤とソクアンの折衝では、富士山と三保松原の精神性に帰因する重要性を共有でき、第37回世界遺産委員会では、複数のUNESCO大使から三保松原を取り入れる進言が相次いだ。インドの大使からは「その精神性が重要だ」とまでの言及があって、ICOMOSの勧告が覆り、三保松原も構成資産となった[13]

発言[編集]

NHKの経営委員会(第1110回)に委員として参加。議題が若い世代に対する広報の強化に及んだ場面において、他の委員が若者の接触者率を上げるための試みについて提言する中、現代の日本の若者(学生)の態度を発展途上国の意欲ある若者と比較をして批判し、「日本の未来を考えるときには、今の若者を根本的に立て直すことを考えることが必要」とし、問題を解決する手段として「今の若者に徴兵制はだめとしても、徴農制とか、徴林制とか漁村に行けとか、そういう法律で、テレビの番組も何時から何時まできちんと見るということにすればいい。この番組を見なければ会社に就職させないとか、抜本的に政策を変えないと、日本は本当に大変なところへ行くのではないか。そういう面でNHKの役割は非常に大きいので、許される範囲を超えるものもあるが、もっときつい方策をとらなければならないところまで来ているのではないか」と述べている。またカンボジアを引き合いに出し、「同地を始め、発展途上国の人達はNHKワールドを目を輝かせて観ている。日本でも若者の教育に、NHKを強制視聴させるべきだ」[14]

受賞・叙勲[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 環境考古学事始-日本列島2万年(NHKブックス、1980年)
  • 世界史のなかの縄文文化(雄山閣、1987年)
  • 森林の荒廃と文明の衰退-ユーラシア大陸と東西のフィールドから(新思索社、1988年)
  • 文明は緑を食べる(読売科学選書、1989年)
  • 気候と文明の衰退(朝倉書店、1990年)
  • 人類破滅の選択―環境考古学が明かす古代文明の盛衰 (古代を検証する)(学習研究社、1990年)
  • 大地母神の時代-ヨーロッパからの発想(角川選書、1991年)
  • 日本文化の風土(朝倉書店、1992年)
  • 気候が文明を変える(岩波書店、1993年)
  • 蛇と十字架-東西の風土と宗教(人文書院、1994年)
  • 森と文明の物語-環境考古学は語る(ちくま新書、1995年)
  • 森と日本文化-縄文から未来へ(新思索社、1996年)
  • 森のこころと文明(NHKライブラリー、1996年)
  • 森を守る文明・支配する文明(PHP新書、1997年)
  • 縄文文明の環境(歴史文化ライブラリー、1997年)
  • 森と文明―環境考古学の視点(NHK人間大学、1998年)
  • 自然の恵みを語る―森と古代文明/木と暮らす。人と自然、ともに生きる住まい(グリーンウィンズ叢書、1998年)
  • 東西文明の風土(朝倉書店、1999年)
  • 大河文明の誕生(角川書店、2000年)
  • 龍の文明・太陽の文明(PHP新書、2001年)
  • 環境考古学のすすめ(丸善ライブラリー、2001年)
  • 古代文明の興亡―古代を検証する〈4〉(学研M文庫、2002年)
  • 日本よ、森の環境国家たれ(中公叢書、2002年)
  • 古代日本のルーツと長江文明の謎(青春出版社、2003年)
  • 気候変動の文明史(NTT出版、2004年)
  • 文明の環境史観(中公叢書、2004年)
  • 巨大災害の時代を生き抜く―ジェオゲノム・プロジェクト(ウェッジ選書、2005年)
  • 龍の文明史(八坂書房、2006年)
  • 山岳信仰と日本人(NTT出版、2006年)
  • 一神教の闇-アニミズムの復権(ちくま新書、2006年)
  • 環境考古学事始―日本列島2万年の自然環境史(Modern Classics新書、2007年)
  • 生命文明の世紀へ―「人生地理学」と「環境考古学」の出会い(レグルス文庫、2008年)
  • 稲作漁撈文明―長江文明から弥生文化へ(雄山閣、2009年)
  • 山は市場原理主義と闘っている―森を守る文明と破壊する文明との対立(東洋経済新報社、2009年)
  • Water Civilization: From Yangtze to Khmer Civilizations (Advances in Asian Human-Environmental Research) (英語) (Springer、2012年)
  • 環境考古学への道-シリーズ「自伝」my life my world(ミネルヴァ書房、2013年)
  • 一万年前 気候大変動による食糧革命、そして文明誕生へ (イースト・プレス、2014年)
  • ミルクを飲まない文明 環太平洋文明と「稲作漁撈民」の世界(新書y、2015年)
  • 日本神話と長江文明 環太平洋文明叢書3(雄山閣、2015年)
  • 環境文明論―新たな世界史像(論創社、2016年)

共著[編集]

  • 石弘之湯浅赳男)環境と文明の世界史―人類史20万年の興亡を環境史から学ぶ―(新書y、2003年)
  • 松井孝典)地球文明の寿命―人類はいつまで「発展」を享受できるか―(PHP研究所、2001年)
  • 川勝平太)敵を作る文明 和をなす文明(PHP研究所、2003年)
  • 小林道憲)対論文明のこころを問う(麗澤大学出版会、2003年)
  • 梅原猛稲盛和夫監修)長江文明の探求―森と文明の旅―(新思索社、2004年)
  • 松本健一欠端實服部英二)対論 文明と風土を問う―泥の文明・稲作漁撈文明が地球を救う―(麗澤大学出版会、2006年)
  • 平野秀樹)奪われる日本の森―外資が水資源を狙っている―(新潮社、2010年)のち文庫
  • (小佐野峰忠、下原勝憲)文明を科学する 森里海循環文明に向って(カキツ出版部、2012.2 森里海の文明を支える京都クラブモデルの世界 1)
  • (小佐野峰忠、下原勝憲)人類が生かされる社会 森里海循環文明(カキツ出版部、2012.2 森里海の文明を支える京都クラブモデルの世界 2)

編著[編集]

  • 巨大災害の時代を生き抜く―ジェオゲノム・プロジェクト―(ウェッジ、2005年)
  • 龍の文明史(八坂書房、2006年)
  • 対論 文明の原理を問う(麗澤大学出版会、2011年)

共編著[編集]

  • 中西進)謎の王国・渤海(角川選書、1992年)
  • 小泉格)海・潟・日本人―日本海文明交流圏―(講談社、1993年)
  • 伊東俊太郎)草原の思想・森の哲学―東西文明の統合を求めて―(講談社、1993年)
  • (梅原猛)森の文明・循環の思想―人類を救う道を探る―(講談社、1993年)
  • (梅原猛)縄文文明の発見―驚異の三内丸山遺跡―(PHP研究所、1995年)
  • (石弘之、樺山紘一義江彰夫)ライブラリ相関社会科学6 環境と歴史(発行・新世社 発売・サイエンス社、1999年)
  • (阿部千春)環太平洋文明叢書1 津軽海峡圏の縄文文化(雄山閣、2015年)
  • 西谷正)環太平洋文明叢書4 対馬海峡と宗像の古墳文化(雄山閣、2016年)

論文[編集]

関連人物[編集]

関連事項[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]