湯浅赳男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

湯浅 赳男(ゆあさ たけお、1930年7月4日[1]- )は、日本経済学者新潟大学名誉教授。比較文明史、環境経済学経済人類学、コミュニティ論など。

略歴[編集]

山口県岩国市生まれ。1953年東京大学文学部仏文学科卒業、サラリーマンとなるが約9年後に大学院に入り、東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。新潟大学人文学部助教授、経済学部教授。96年定年退官、名誉教授、常磐大学コミュニティ振興学部教授を経て客員教授。

著作[編集]

  • 『革命の軍隊 赤軍史への一視点』三一新書/1968
  • 『革命の社会学―非ヨーロッパ世界とマルクス主義』(田畑書店/1975年)
  • 『第三世界の経済構造』(新評論/1976年)
  • 『天皇制の比較史的研究』(三一書房/1978年)
  • 『世界史の想像力―文明の歴史人類学をめざして』(新評論/1985年) 1996年増補新版
  • 『文明の歴史人類学―アナールブローデルウォーラーステイン』(新評論/1985年)
  • 『文明の「血液」―貨幣から見た世界史』(新評論/1988年)1998年増補新版
  • 『世界五大帝国の興亡と謎―人類史の流れに刻まれた世界帝国の光と影』(日本文芸社/1989年)
  • 『ヨーロッパ帝国の興亡と謎―西欧史の“世界支配と権謀の原理”を探る!』(日本文芸社/1990年)
  • 『ユダヤ民族経済史』(新評論/1991年) 2008年洋泉社MC新書
  • 『ヨーロッパ人国記』(総合法令/1992年)
  • 『環境と文明―環境経済論への道』(新評論/1993年)
  • 『日本を開く歴史学的想像力―世界史の中で日本はどう生きてきたか』(新評論/1996年)
  • 『世界の哲学・思想のすべて―混迷の時代を生き抜く「知」の手がかり 学校で教えない教科書』(日本文芸社/1997年)
  • 『大英帝国の興亡と日本の命運―ビッグバンで大国病を克服した英国の叡知』(日本文芸社/1998年)
  • 『文明の人口史―人類と環境との衝突、一万年史』(新評論/1999年)
  • 『人類の営みと環境の危機』(作陽学園出版部/2000年)
  • 『日本近代史の総括―日本人とユダヤ人、民族の地政学と精神分析』(新評論/2000年)
  • 『コミュニティと文明―自発性・共同知・共同性の統合の論理』(新評論/2000年)
  • 『世界地図で読む五大帝国の興亡―時代を読む鍵 大国興亡の原理を探る』(日本文芸社/2001年)
  • 『フランス料理を料理する―文明の交差点としてのフランス料理』(洋泉社/2002年)
  • 『ユダヤ民族経済史』(新評論/2003年)
  • 『経済人類学序説―マルクス主義批判』(新評論/2003年)
  • 『面白いほどよくわかる現代思想のすべて―人間の“知”の可能性と構想力を探る』(日本文芸社/2003年)
  • 『文明の中の水―人類最大の資源をめぐる一万年史』(新評論/2004年)
  • 『「東洋的専制主義」論の今日性―還ってきたウィットフォーゲル』(新評論/2007年)
共著
  • 『環境と文明の世界史 人類史20万年の興亡を環境史から学ぶ』石弘之,安田喜憲共著 洋泉社 新書y 2001

訳書[編集]

  • アブラム・レオン『ユダヤ人問題の史的展開―シオニズムか社会主義か』柘植書房/1973年)
  • コーリン・ガンブレル『カール・マルクス』西村書店 1989
  • カール・A. ウィットフォーゲル『オリエンタル・デスポティズム―専制官僚国家の生成と崩壊』新評論/1991年)
  • ジョナサン・ウィリアムズ編『図説お金の歴史全書』東洋書林 1998

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』