年縞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

年縞(ねんこう、: varve)とは、長い年月の間湖沼などに堆積した土などの層が描く特徴的な縞模様の湖底堆積物のこと。[1]年縞堆積物(ねんこうたいせきぶつ)とも称される。英語の varve に対して国際日本文化研究センター(日文研)の安田喜憲名誉教授がつけた訳語である。

湖底にはからプランクトンの死骸、また珪藻が繁殖して堆積することで白い色の層ができる、またから粘土鉱物が堆積することにより黒い色の層が湖底に積みあがっていく。この白と黒のバーコード状の縞模様が1つの組み合わせで1年を表し、これは樹木年輪と同様で1対の縞模様が1年の時間単位を表すことで、精度の高い環境変動のデータを得ることができる。

年縞の特徴[編集]

年縞の中を解析すれば花粉やプランクトン、火山灰黄砂などが含まれているため、過去の気温水温などの気候変動を年単位で分析することが可能で、堆積物の量や内容で自生していた周辺の植生の変化、洪水地震の回数、またその周期などの精度の高い変化過程の正確なデータが得られる。なお、地表に露出する地層では、その多くが侵食作用を受けることから水平方向には連続していない。また、年縞のよう1年周期での積層にはなっていないため、これらの点においても年縞での年代測定は精度が高く有効である。

世界の年縞[編集]

日本での年縞[編集]

水月湖の年縞[編集]

水月湖(すいげつこ)は、福井県三方郡にある三方五湖(みかたごこ)のうち、五湖中最大の面積湖で、周囲9.85km、最大水深38.0m、面積4.06km²の汽水湖である。水月湖は水深が深く湖内に直接流れ込む大きな河川がないため、その流入などで湖底の堆積物がかき乱されることながないため、年縞が1枚ずつきれいに積み重なっている状態が保たれている。また、湖底に酸素がないため生物が生息しないことで、年縞がありのまま残っていたこと。さらに好条件となった背景には湖周辺の断層の影響で、湖の底面が堀下がる沈降現象が続いており、湖底に毎年堆積物が積もって侵食して湖が埋まらないという特異な条件が揃っており、水月湖の年縞は現在では「奇跡の堆積物」と呼ばれる。

この水月湖の調査は1991年(平成3年)から開始された。2006年(平成18年)に始まったボーリング調査では湖底の堆積物は70m以上の深度まで及ぶため技術的に1本の連続した試料として掘り出すことが不可能なため、最終的に別々な4カ所の穴からそれぞれ長さ1m程度のコア(芯)を掘り出し縞模様のパターンマッチング(採取場所の異なる複数の短いコアを連続にする為の作業)を行い1本の土の層に復元する事で総延長70mにも及ぶコアが掘削された。これは過去約16万年分の連続した土を採取できたこととなり、その1mmの抜けもない完全連続したこのコアサンプルのことを「SG06」(水月湖06年の略号)と命名した。以降、日本、イギリスドイツなどの共同研究チームが分析を進めて放射性炭素14炭素12の比率を調べることで、11,200年- 52,800年前にわたる過去約5万年間の放射性炭素年代測定を行ないその研究成果を学術雑誌サイエンス誌に発表した。過去に例をみない誤差が約5万年で170年程度という精度の高さからこの水月湖の年縞からのデータは2012年(平成24年)7月13日にフランスユネスコ本部で開催された世界放射性炭素会議総会(International Radiocarbon Conference)で地質学的年代決定での事実上の世界標準となった。 [2][3]

一ノ目潟の年縞[編集]

一ノ目潟(いちのめがた)は、秋田県男鹿市にある直径600m、最大水深44.6m、面積0.26km²[4]マール湖であり、2007年(平成19年)7月26日には国の天然記念物となっている。一ノ目潟もまた水月湖と同様に水深が深く、流入流出河川がない。一ノ目潟の調査は2006年(平成18年)と2011年(平成23年)に実施された。過去3万年にわたる日本海東縁部の大規模地震活動の履歴を詳細に復元できる資料とされている。[5]

波根湖の年縞[編集]

東郷池の年縞[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]