鬼界カルデラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鬼界カルデラの位置
薩摩硫黄島硫黄岳。2015年5月。東方より。
ステレオ写真はこちら

鬼界カルデラ(きかいカルデラ)は、薩摩半島から約50km南の大隅海峡にあるカルデラ[1]薩南諸島北部にある薩摩硫黄島竹島がカルデラ北縁に相当する。薩摩硫黄島はランクAの活火山に指定されている。

地形[編集]

カルデラは東西約21km、南北約18km楕円形であり、約7,300年前の噴火で形成された内側のカルデラと、それ以前に形成された外側のカルデラの二重となっている。カルデラ底部の水深は400-500m、海底には多数の海底火山があり起伏に富んだ地形になっている。カルデラ外輪山として竹島、硫黄島が海面上にある。硫黄島の硫黄岳、稲村岳、及び昭和硫黄島後カルデラ火山。外輪山の矢筈岳、硫黄島西部の平坦部は先カルデラ火山。硫黄島から南東方向の中心部付近には海底の高まりがあり、後カルデラ火山活動によって形成された中央火口丘と推定される。このうち一つの浅瀬は海面上にあり、3つ岩礁からなっている。神戸大などの研究チームが2016年から2017年にかけて行った海底調査では直径約10km、体積約40km3の溶岩ドームを確認した[1]

主な噴出物[編集]

  • 約58万年前
    • 小瀬田火砕流(Ksd):屋久島種子島に層厚10m以上で分布する火砕流堆積物。分布範囲から鬼界カルデラが供給源と推定されている。別のカルデラ(中ノ曽根カルデラなど)を起源とする説もある。
  • 約14万年前
    • 小アビ山火砕流(Kab):硫黄島と竹島に分布している流紋岩質の火砕流堆積物。層厚は竹島で20-100m、硫黄島で数-50m。最下層に降下軽石層があり、下部の火砕流堆積物は強く溶結している。
  • 約9万5000年前
    • 長瀬火砕流:軽石を含む流紋岩質の火砕流堆積物。非溶結で大量の火山豆石を含む。
    • 鬼界葛原(きかいとずらはら)火山灰(K-Tz):長瀬火砕流から巻き上げられた火山灰(coignimbrite ash)。九州地方から関東地方にかけて分布する広域テフラで、長瀬火砕流と合わせた総体積は約150km3(138km3 DRE)。
  • 約16,000-9,000年前
  • 約9,000-7,300年前
    • 長浜溶岩流(NGH):硫黄島西部の平坦部を構成する流紋岩質の溶岩流で、海面からの層厚は80m以上にも及ぶ。下部は垂直で太い不規則な柱状節理が発達している。
  • 約7,300年前(暦年補正)
    • 船倉(幸屋)降下軽石(K-KyP):体積は約20km3(12.8km3 DRE)。
    • 船倉火砕流
    • 竹島(幸屋)火砕流(K-Ky):体積は約50km3
    • 鬼界アカホヤ火山灰(K-Ah):体積は約100km3(竹島火砕流と合わせて84km3 DRE)。
    • 合計総体積約170km3(96.8km3 DRE)[注 1][2][1]
  • 約7,300年以降(後カルデラ火山)

有史以降の火山活動[編集]

  • 1934年(昭和9年)-1935年(昭和10年):硫黄島から約2km東方で海底噴火。
直径約300m、標高約50mの昭和硫黄島が形成された。
  • 1936年(昭和11年):薩摩硫黄島の硫黄岳で噴煙を観測。
  • 1988年(昭和63年):薩摩硫黄島の硫黄岳で噴煙を観測。
  • 1999年(平成11年)-2004年(平成16年):薩摩硫黄島の硫黄岳で断続的に噴火。

研究史[編集]

昭和初期に付近の島々を調査した地質学者の松本唯一は、ここに巨大なカルデラが存在していることを指摘し鬼界ヶ島にちなんで鬼界火山と名付け[3]1943年鬼界カルデラとして学会に提唱した。1976年にはアカホヤと呼ばれていた地層がこのカルデラを起源としていることが確認された[4]

日本ジオパーク[編集]

2015年9月4日に、三島村・鬼界カルデラジオパークとして「日本ジオパーク」に認定された[5][6]

出典[編集]

  1. ^ 資料によっては6,300年前と記載しているものがある。これは、放射性炭素年代測定で暦年補正を行っていない場合の年数である。また、食料を求めて火山灰の無い地域へ移り住み絶滅を免れたとする説もある。西日本、特に九州の先史時代から縄文初期の文明も、この噴火で絶滅したと考えられている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]