深江丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
深江丸
基本情報
船種 練習船海洋調査船
船籍 日本の旗 日本
所有者 文部省文部科学省(1987-2004)
神戸大学(2004-)
運用者 神戸商船大学(1987-2003)
神戸大学海洋科学部(2003-2007)
神戸大学大学院海事科学研究科(2007-)
建造所 三井造船玉野事業所
航行区域 近海区域(A2水域)
信号符字 JJ3518[1]
IMO番号 8716710[2]
MMSI番号 431300065[3]
経歴
発注 1986年12月22日
起工 1987年4月14日
進水 1987年7月10日
竣工 1987年10月14日
就航 1987年10月
現況 就航中
要目
総トン数 449 トン[1]
674 トン(国際)[1]
全長 49.95m[1]
型幅 10.00m[1]
型深さ 6.10/3.75m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 1基
推進器 4翼可変ピッチ スキュープロペラ 1軸[1]
バウスラスタ(推力1.5トン) 1基、スタンスラスタ(推力1.2トン) 1基[1]
最大出力 1,100kW(1,500HP)×720rpm[1]
定格出力 900kW(1,200HP)×672rpm[1]
最大速力 14.28ノット[1]
航海速力 12.5ノット[1]
航続距離 3,000マイル(約5,500km)[1]
搭載人員 64名(船員10名、教官6名、学生48名)[1]
テンプレートを表示

深江丸(ふかえまる)は、神戸大学が所有し、神戸大学大学院海事科学研究科が使用する練習船海洋調査船である[4]2015年現在稼動しているものは3代目にあたる。

略歴[編集]

深江丸 (2代)代船として三井造船玉野事業所で建造され、1987年10月14日に竣工した[1]。竣工時は神戸商船大学の附属練習船であったが、神戸大学との統合により、2003年から神戸大学海洋科学部による運用となり、2007年以降は神戸大学大学院海事科学研究科が運用を行っている。また、文部省(後に文部科学省)の所有であったが、国立大学の法人化により2004年以降は神戸大学の所有となっている。

特徴[編集]

神戸大学の乗船系学生および非乗船系学生の3泊4日程度の実習や各種実験を行っている[2]。また、他学部、他大学、企業などの研修も行っている[2]。実験や研究開発用に、光ファイバーによる船内LANおよびデータ処理システムを搭載している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 深江丸(ふかえまる)について”. 神戸大学. 2017年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d Ship of T.S. FUKAE MARU (深江丸について)”. 神戸大学. 2017年1月16日閲覧。
  3. ^ 海洋移動業務において使用される番号順の局の識別信号の表 有効期限:平成29年12月31日”. 総務省 (2014年). 2017年1月16日閲覧。
  4. ^ 深江丸公式ホームページ”. 神戸大学 (2017年1月16日). 2017年1月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]