海鷹丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
海鷹丸
Umitaka Maru, Fremantle, 2017 (04).jpg
オーストラリアのフリーマントル発
(2017年12月31日)
基本情報
船種 練習船海洋調査船
船籍 日本の旗 日本
所有者 東京海洋大学
運用者 東京海洋大学
建造所 三井造船玉野事業所
航行区域 遠洋(国際)
信号符字 JPAT[1][2]
IMO番号 9231087
MMSI番号 432187000
経歴
起工 1999年
進水 2000年
竣工 2000年6月30日
就航 2000年
現況 就航中
要目
総トン数 1,886 トン(国内)[3]
3,391 トン(国際)
全長 93.0 m[3]
型幅 14.90 m[3]
型深さ 6.25 m(上甲板)
8.90 m(船楼甲板)[3]
機関方式 ディーゼル
主機関 1基
推進器 4翼ハイスキュー可変ピッチプロペラ 1軸
出力 4,489 kW
航海速力 17.4ノット
航続距離 12,900浬
搭載人員 107名(職員47名、学生60名)
テンプレートを表示

海鷹丸(うみたかまる)は、東京海洋大学海洋科学部が保有する練習船海洋調査船である[3]。本項目では、2000年に就航した4代目を取り扱う。

概要[編集]

晴海ふ頭に接岸中の本船(2010年5月16日)

1973年に就航した海鷹丸 (3代)の代船として三井造船玉野事業所で建造され、2000年に竣工した。

歴代の海鷹丸では練習船として、水産学水産業に関連する船舶の運用について、高度な知識と技術を有する学生の育成を目的として乗船実習が行われてきた。学生の乗船実習では、水産学海洋学の総合的な研究方法および観測調査の基礎的技術の習得に重点が置かれており、本船においても航海実習、各種漁業実習、海洋観測実習の充実が求められた。また、本船の建造時期においては、地球環境問題、海洋開発、海洋生物資源などへの科学的関心の高まりから、海洋調査船として調査研究において主導的な役割を担うため、最先端の調査機器を搭載することも要求された。以上の要求から本船は「海洋環境と水産業の未来を拓く練習船」として、21世紀の水産、海洋、地球環境の各研究分野の発展を担う人材を広く育成するため、下記の目標を掲げて建造された。

  • 操船機能の充実
  • 居住環境の充実
  • 環境にやさしい船
  • 優れた漁労設備
  • 最新鋭の観測・研究設備
  • 21世紀に対応した教育設備

特徴[編集]

太平洋、インド洋、南氷洋等々で乗船実習教育及び調査研究を実施するとともに、水産専攻科学生には遠洋航海を通して高度な海技教育を行っている[3]。 マグロ延縄装置、トロール漁装置、ARGOブイ、他各種計測装置を有している[3]。 南極海観測航海を行なっており、日本の南極観測隊との共同観測も行なっている[4]

歴代の海鷹丸[編集]

  • 1949年4月 - 初代海鷹丸 元海軍特務艦(給糧艦)「荒埼」の移管を受け、練習船として改装、「海鷹丸」(754トン)と命名した。[3]
  • 1955年8月 - 2代目「海鷹丸」竣工 1452.91トン[3]
  • 1972年6月 - 3代目「海鷹丸」竣工 1828.66トン[3]
  • 2000年6月 - 4代目(現)「海鷹丸」竣工、三井造船玉野事業所[3]

初代は1956年に民間に売却、改名。のち1967年にフィリピンに売却。

2代目海鷹丸が南極観測船宗谷に随伴した様子がドキュメント映画「日本南極地域観測隊の記録 南極大陸」に残っている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 海洋移動業務において使用されるアルファベット順の曲の呼び出し符号表 有効期限:平成24年12月31日”. 総務省 (2012年). 2012年2月7日閲覧。
  2. ^ 無線設備の諸元については以下の総務省無線局等情報検索を参照 船舶局 船舶地球局
  3. ^ a b c d e f g h i j k 海鷹丸”. 東京海洋大学 (2004年). 2012年2月7日閲覧。
  4. ^ 海鷹丸のページ”. 南極OB会 (2007年). 2012年2月7日閲覧。
  5. ^ 日本南極地域観測隊の記録 南極大陸 - Movie Walker

参考文献[編集]

外部リンク[編集]