耕洋丸 (4代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
耕洋丸 (4代)
KoyoMaru.jpg
高松港に接岸中の本船
基本情報
船種 練習船
船籍 日本の旗 日本
所有者 水産研究・教育機構
運用者 水産大学校
建造所 三菱重工業下関造船所
母港 下関
信号符字 7JBZ
IMO番号 9392688
MMSI番号 432596000
経歴
起工 2006年9月5日[1]
進水 2007年2月2日
竣工 2007年6月29日
就航 2007年
現況 就航中
要目
総トン数 2,352 トン(国内)
2,703 トン(国際)
全長 87.59 m
登録長 79.42 m
13.60 m
深さ 8.80 m
満載喫水 5.9 m
機関方式 ディーゼル
主機関 阪神内燃機工業 6L35MC 1基
推進器 かもめプロペラ CPC-110B-115F
ハイスキュード4翼CPP 1軸
最大出力 3,900 kW
最大速力 18.4 ノット
航海速力 14.0 ノット
航続距離 約10,000海里
搭載人員 109名(乗組員42名、教員7名、学生60名)
テンプレートを表示

耕洋丸(こうようまる)は、水産大学校が保有する練習船。本項目では、2007年に竣工した4代目を取り扱う。

概要[編集]

耕洋丸 (3代)の代船として三菱重工業下関造船所で建造され、2007年6月29日に竣工した。 同年7月25日から8月12日にかけて行われた第1次航海では、下関港のほか、高松東京神戸の各港で一般公開が行われた[1]

2011年4月7日から4月30日にかけて行われた第25次航海では、実習の一環として東日本大震災被災地への支援航海が行われた。下関市など地元自治体、漁協、水産加工関係団体、水産大学校同窓会、教職員などから物資提供・義捐金を募り、提供された自転車、靴、作業服、灯油、米、冷凍ふぐ、野菜などを支援物資として搭載した。出発を当初予定の4月11日から繰り上げ、4月10日宮古港へ入港、宮古市岩手県漁連岩手県立宮古水産高等学校向けの救援物資を搬出した。その後、函館港で清水などを補給して、4月16日釜石港へ入港、岩手県釜石市などの漁協向け救援物資を搬出、入浴・食事の提供を行った。岸壁での作業の補助、船内での支援業務には学生も参加した。その後、日本海で漁業実習、海洋観測実習などを行った後、4月30日下関港へ帰港した[2]

設計[編集]

主要な航海機器、無線機器、漁労機器には古野電気の製品を採用しており、最新鋭の漁業設備として、自動定点保持装置(自動曳網制御機能付)などから構成されるセルフトロール&ナビゲーションシステム(STNS)を搭載している。STNSはスキャニングソナーで探知した魚群に対して漁網の位置を自動的に制御することで、自動的に魚群を追尾して網を仕掛けることが可能である[1]

搭載機器[編集]

  • トロール設備
  • 観測用ウインチ
  • ラインホーラー
  • 超音波海底地形探査装置
  • CTDオクトパスシステム
  • 超音波式多層流速計(ADCP)
  • 潮流計
  • サーモサリノグラフ
  • 波高計
  • 採泥器
  • 小型水深水温計
  • 船内LANシステム

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “4代目「耕洋丸」竣工、フルノ機器をフル装備!” (プレスリリース), 古野電気, (2007年8月1日), https://www.furuno.co.jp/news/all_category/20070801_001.html 2017年1月10日閲覧。 
  2. ^ 鷲尾(2011,p948)

参考文献[編集]

  • 鷲尾圭司「水産大学校練習船「耕洋丸」による東日本大震災被災地への支援航海」、『日本水産学会誌』第77巻第5号、日本水産学会、2011年、 948-949頁、 doi:10.2331/suisan.77.9482017年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]

画像[編集]