鳥羽商船高等専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥羽商船高等専門学校
校門(2011年3月22日撮影)
校門(2011年3月22日撮影)
略称 鳥羽商船、商船
英称 National College of Technology, Toba College (NIT, Toba College)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立商船高等専門学校
設立年 1881年
学科 商船学科
電子機械工学科
制御情報工学科
専攻科 海事システム学専攻
生産システム工学専攻
所在地 517-8501
三重県鳥羽市池上町1番1号
ウェブサイト http://www.toba-cmt.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

鳥羽商船高等専門学校(とばしょうせんこうとうせんもんがっこう 英称:National College of Technology, Toba College)は、三重県鳥羽市にある国立高等専門学校

全国に5つある商船高専のうちの1つであり、最も歴史のある商船高専である。また5つの商船高専のうち、唯一、一級小型船舶操縦士養成施設としても登録されている。

地元では「鳥羽商船」もしくは「商船」と通称される。

設置学科[編集]

本科[編集]

  • 商船学科(第3学年より航海コースと機関コースにわかれる。通称 S科)
  • 電子機械工学科(Mechatronics 通称 M科)
  • 制御情報工学科(Information 通称 I科)

専攻科[編集]

  • 海事システム学専攻 (通称KS)
  • 生産システム工学専攻 (通称SS)


沿革[編集]

  • 1881年明治14年)8月20日 - 日本最初の近代海員養成機関である東京攻玉社商船黌分校、鳥羽商船黌開校
  • 1893年(明治26年)3月 - 攻玉社の都合により一時閉鎖
  • 1895年(明治28年)10月4日 - 東海商船学校と改称、再興
  • 1899年(明治32年)8月17日 - 鳥羽町立鳥羽商船学校となる
  • 1911年(明治44年)4月1日 - 三重県立鳥羽商船学校となる
  • 1916年大正5年) - 練習帆船「あまき」(バーク型300総トン・補助機関付き)建造
  • 1939年昭和14年)8月19日 - 官立(文部省直轄)鳥羽商船学校となる
  • 1942年(昭和17年)1月1日 - 逓信省に移管される
  • 1943年(昭和18年)11月1日 - 運輸通信省所管となる
  • 1945年(昭和20年)5月19日 - 運輸省所管となる
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 文部省所轄鳥羽商船高等学校となる
  • 1960年(昭和35年)3月31日 - 練習船初代「鳥羽丸」(鋼船56.52トン)建造
  • 1967年(昭和42年)6月1日 - 鳥羽商船高等専門学校となり、航海学科40名、機関学科40名、計80名の入学定員となり、昭和42年度入学生が高専1期生となる
  • 1969年(昭和44年)4月1日 - 機関学科1学級増により学生入学定員は航海学科40名、機関学科80名、計120名となる
  • 1970年(昭和45年)3月14日 - 練習船二代「鳥羽丸」(鋼船325.67トン)建造
  • 1985年(昭和60年)4月1日 - 機関学科を分離改組し、機関学科40名、電子機械工学科40名となる
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 航海学科及び機関学科を改組し、商船学科40名、制御情報工学科40名となり、本校は商船学科、電子機械工学科、制御情報工学科の3学科計120名となった
  • 1991年平成3年)4月8日 - 留学生、編入学生の受け入れを開始
  • 1994年(平成6年)8月19日 - 練習船三代「鳥羽丸」(鋼船244トン)建造
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 独立行政法人国立高等専門学校機構鳥羽商船高等専門学校となる
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 専攻科設置(海事システム学専攻4名、生産システム工学専攻8名)

校長[編集]

歴代校長
氏名 在任期間 出身校 官職 前職 後職 備考
鳥羽商船黌
1 近藤真琴 1881.10 - 1886.9 1886年9月4日逝去
2 近藤基樹 1886.8 - 1893.3 グリニッジ海軍大学校 海軍造船中将
東海商船学校
3 山内万寿治 1895.10 - 1899.7 海軍兵学校 海軍中将 退職
町立鳥羽商船学校
4 角利助 1899.8 - 1905.3
5 鶴田丘一 1905.3 - 1913.8 県立初代校長
県立鳥羽商船学校
6 正戸為太郎 1913.9 - 1918.8 海軍兵学校 海軍中佐 鹿児島商船水産学校長
7 北村鑅太郎 1918.8 - 1924.12 官立商船学校 鳥羽商船学校教頭 休職(病気療養)4月退職 日本郵船社員
8 金岡孫三 1924.12 - 1927.12 官立商船学校 富山商船学校教諭 富山商船学校長 大阪商船社員
9 矢野馬吉 1927.12 - 1939.8 海軍兵学校 海軍少将 呉海兵団
官立鳥羽商船学校
10 富岡外雄 1939.8 - 1945.7 官立商船学校 富山商船学校長 大島商船学校 元日本郵船
11 大脇泰次 1945.7 - 1961.3 東京高等商船学校 粟島商船学校 退職 近海郵船船長 高校初代校長
国立鳥羽商船高等学校
12 村野謙二 1961.4 - 1967.5 神戸高等商船学校 富山商船高校教諭 退職 山下汽船社員
国立鳥羽商船高等専門学校
13 小谷信市 1967.6 - 1971.3 神戸高等商船学校 神戸商船大学名誉教授 退職 元神戸商船大学長
14 谷川栄一 1971.4 - 1979.4 北海道帝国大学 北海道大学水産学部 退職 農学博士理学博士
15 山門豊文 1979.4 - 1984.3 東京高等商船学校 鳥羽商船高専教務主事 元日本郵船社員
16 矢島澄夫 1984.4 - 1989.9 東京商船大学 鳥羽商船高専教授
17 手塚俊一 1989.12 - 1996.3
18 飯島幸人 1996.4 - 2000.3            東京商船大学 東京商船大学名誉教授
19 佐藤修臣 2000.4 - 2005.3                   東京海洋大学名誉教授
20 山田猛敏 2005.4 - 2010.3 東京海洋大学名誉教授
21 藤田稔彦 2010.4 - 2015.3 東京海洋大学名誉教授
22 新田保次 2015.4 - 2017.3 大阪大学名誉教授 鈴鹿工業高専校長を兼務、工学博士
23 林祐司 2017.4 - 神戸大学教授

所在地[編集]

最寄駅[編集]

出身有名人[編集]

対外関係[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]