函館工業高等専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
函館工業高等専門学校
Gthumb.svg
略称 函館高専
英称 National Institute of Technology, Hakodate College (NIT, Hakodate College)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立工業高等専門学校
校訓 汝が夢を持て 大志を抱け 心強かれ
設立年 1962年
学科 生産システム工学科(S)
物質環境工学科(C)
社会基盤工学科(Z)
専攻科 生産システム工学専攻
環境システム工学専攻
所在地 042-8501
北海道函館市戸倉町14-1
ウェブサイト http://www.hakodate-ct.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

函館工業高等専門学校(はこだてこうぎょうこうとうせんもんがっこう、英称:National Institute of Technology, Hakodate College)は、北海道函館市に所在する国立高等専門学校。略称は函館高専、函館工業高専、函専、N.I.T. Hakodate College、NITHC。旧英称はHakodate National College of Technology、HNCT。

概要[編集]

函館市東部の丘陵地に位置し、函館空港とは指呼の距離にある。離着陸する航空機内及び空港アクセス道路からは高専キャンパスを目にすることができる。

1962年の高等専門学校第一期校としての設置以来、40年を経て北海道南部(渡島檜山地方)における唯一の工学系高等教育機関としての地位を確固たるものとした。現在では、それに加えて函館市の主導する「函館水産・海洋都市構想」における学術研究部門を担うことが期待されている。

本科(5年制・準学士課程)3学科と専攻科(2年制・学士課程)2専攻を擁し、900人を越える学生が在籍している。

在籍する学生は、道南地方を始め、青森などの北東北や石狩地方など、様々な場所から集まる。

所在地[編集]

  • 〒042-8501 北海道函館市戸倉町14番1号
  • 最寄駅:函館高専前(函館バス)、湯の川(函館市電)、JR函館駅
  • JR函館駅より函館バス14系統乗り換え、「函館高専前」バス停下車。
  • JR函館駅より函館市電湯の川方面乗り換え、「湯の川」下車後、徒歩15分。

校訓・教育目的・教育目標[編集]

  • 校訓

汝が夢を持て 大志を抱け 力強かれ

  • 教育目的

技術者に必要な実践的かつ専門的な知識および技術を有する創造的な人材を育成するとともに、実践的研究水準の向上に努め、道南地域唯一の総合的な技術系高等教育機関として均衡ある発展を図る

  • 教育目標
  1. 創造力と実行力を持った技術者
  2. 専門技術に関する基礎知識を持った技術者
  3. 情報技術を活用できる技術者
  4. 社会の歴史や文化、技術者倫理を理解して行動できる技術者
  5. 多面的なコミュニケーション能力を持った技術者
  6. 問題解決のためのデザイン能力を持った技術者

沿革[編集]

  • 1962年4月1日 国立高専1期校として開校(機械工学科、電気工学科、土木工学科)
  • 1966年4月1日 工業化学科増設
  • 1991年4月1日 情報工学科増設
  • 1995年4月1日 土木工学科を環境都市工学科へ改組
  • 1996年4月1日 工業化学科を物質工学科へ改組
  • 2000年4月1日 電気工学科を電気電子工学科に改称
  • 2004年4月1日 独立行政法人に移行、専攻科設置(生産システム工学専攻、環境システム工学専攻)
  • 2014年4月1日 機械工学科・電気電子工学科・情報工学科を生産システム工学科、物質工学科を物質環境工学科、環境都市工学科を社会基盤工学科に改組。生産システム工学科内に機械コース、電気電子コース、情報コースを設置。
  • 2017年4月1日 開校55周年、同窓会50周年記念

歴代校長[編集]

  • 初代 太秦康光 (うずまさ・やすみつ) - 男爵・北大名誉教授(理学部パリ会議参加)・理学博士
  • 二代 武谷 愿 (たけや・げん) - 北大名誉教授・工学博士
  • 三代 神原富民 (かんばら・とみひと) - 北大名誉教授・理学博士
  • 四代 伊藤英治 (いとう・えいじ) - 北大名誉教授・理学博士
  • 五代 延與三知夫 (えんよ・みちお) - 北大名誉教授・Ph.D
  • 六代 東 市郎 (あずま・いちろう) - 北大名誉教授(副学長)・薬学博士
  • 七代 長谷川淳 (はせがわ・じゅん) - 北大名誉教授・工学博士・第92代電気学会長
  • 八代 岩熊敏夫 (いわくま・としお) - 北大名誉教授・理学博士
  • 九代 但野 茂 (ただの・しげる) - 北大名誉教授・工学博士

設置学科・コース[編集]

学科(準学士課程)[編集]

  • 生産システム工学科 - ロボティクス履修コース
    • 機械コース(S-M) - 設計加工履修コース・エネルギー履修コース
    • 電気電子コース(S-E) - エネルギー履修コース・回路エレクトロニクス履修コース
    • 情報コース(S-J) - 回路エレクトロニクス履修コース・ITソフトウェア履修コース
  • 物質環境工学科(C) - 材料物性履修コース・バイオ環境履修コース
  • 社会基盤工学科(Z) - 都市デザイン履修コース・建築設計履修コース

※全学科共通で「グローバルマネジメント履修コース」が設置されている。

専攻科(学士課程)[編集]

  • 生産システム工学専攻
  • 環境システム工学専攻

施設[編集]

校内に設置されている施設は以下のものがある。

  • 管理棟
  • 講義棟
  • 低学年講義棟
  • 実験棟(機械工学科・電気電子工学科・環境都市工学科)
  • 機械工学科別棟(内燃機関実験室)
  • 物質工学科棟
  • 情報工学科棟
  • 実習工場
  • 附属図書館
  • 福利会館
  • 創造工房
  • 地域共同テクノセンター
  • 専攻科棟
  • 第一・第二体育館
  • 武道館
  • 総合グラウンド・第二グラウンド
  • プール
  • アーチェリー場
  • テニスコート(ハード2面・クレー3面)
  • ゴルフ練習場
  • 学生寮「春潮寮(女子寮)」
  • 学生寮「春潮寮(男子寮)」

この他に独立した建物を持たないものの、以下の組織が設置されている。

  • キャリアセンター
  • 総合学生支援センター
  • 技術教育支援センター

出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]