佐世保工業高等専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐世保工業高等専門学校
Sasebo-NCT 201012.jpg
略称 佐世保高専
英称 National Institute of Technology, Sasebo College (NIT, Sasebo College)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立工業高等専門学校
設立年 1962年
学科 電気電子工学科
電子制御工学科
機械工学科
物質工学科
専攻科 機械工学専攻
電気電子工学専攻
物質工学専攻
所在地 857-1193
長崎県佐世保市沖新町1-1
ウェブサイト [公式サイト http://www.sasebo.ac.jp/]
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

佐世保工業高等専門学校(させぼこうぎょうこうとうせんもんがっこう、英称:National Institute of Technology, Sasebo College (NIT, Sasebo College))は、長崎県佐世保市沖新町にある国立高等専門学校。1962年に設置された。略称は佐世保高専

概要[編集]

長崎県では唯一の高等専門学校であり、その伝統と実績から多大なる評価を受けている。ひとむかし前までは、入試が難関だとされ、5倍をゆうに突破していたが、近年では少子化の影響や、教育の均衡化により、過疎地の生徒でも十分上位進学校を狙える環境が整い、上位層は大学進学を見据えた子供がほとんどで進学校を受験するので2倍前後までに落ち込んでいる。それでも長崎県内では上位に位置する[要出典]

高専生は「生徒」ではなく「学生」であり、学校側としては高校とはちがった自覚を求めているようである[要出典]。教員には職員室というものはなく1人、または2、3人程度の同学科の教官の教官室というものがある。

3年生までは制服、4年生以上は私服である。さらに専攻科が2年生まである。


赤点は60点未満、1単位も落とせないという高いレベルについていけず卒業を待たずに退学するもの、留年するものも少なくはない。なお、近年では高等学校を卒業をした者の4年次編入や、専攻科の設立などひと昔前までの高専のイメージとは異なる部分も増えてきている[要出典]

近年では女子学生の割合も増えており、特に物質工学科では半数程が女性がしめている[要出典]

本学の校長は、慣例的に九州大学で教授職を退いた人物が務めている。

学科(準学士課程)[編集]

  • 機械工学科
  • 電気電子工学科
  • 電子制御工学科
  • 物質工学科

専攻科(学士課程)[編集]

  • 機械工学専攻
  • 電気電子工学専攻
  • 物質工学専攻

沿革[編集]

  • 1962年昭和37年)
    • 4月1日 -「佐世保工業専門学校」(現校名)が開校。機械科2学級(定員80名)電気電子工学科1学級(定員40名)を設置。
    • 4月23日 - 開校式および第1回入学式を挙行。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 工業化学科1学級(定員40名)を新設。
  • 1969年(昭和44年)4月1日 - 低学年(1・2年)の全寮制を実施。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 機械工学科2学級(定員80名)を機械工学科1学級(定員40名)と電子制御工学科1学級(定員40名)に改組。
  • 1991年(平成3年)4月1日 - 工業化学科を物質工学科に改組。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 専攻科(機械工学専攻(定員4名)、電気電子工学専攻(定員8名)、物質工学専攻(定員4名))を増設。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 技術室が組織。

マスコットキャラクター[編集]

  • トビウオを模したメカアゴ君が存在する。
  • 近年、新マスコットとしてメカタツ君が誕生した。

著名な出身者[編集]

その他[編集]

アクセス[編集]

周辺[編集]

  • 佐世保市立天神小学校
  • 佐世保重工業
  • 佐世保中央自動車学校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ http://www.official-robocon.com/jp/history/frame.html?kosen/01.html