群馬工業高等専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
群馬工業高等専門学校
Gthumb.svg
略称 群馬高専
英称 National Institute of Technology, Gunma College (NIT, Gunma College)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立工業高等専門学校
設立年 1962年
学科 機械工学科
電子メディア工学科
電子情報工学科
物質工学科
環境都市工学科
専攻科 生産システム工学専攻
環境工学専攻
所在地 371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580番地
ウェブサイト http://www.gunma-ct.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

群馬工業高等専門学校(ぐんまこうぎょうこうとうせんもんがっこう、英称:National Institute of Technology, Gunma College)は、群馬県前橋市にある日本の国立高等専門学校である。1962年(昭和37年)に設置された。略称は群馬高専。本科5学科、専攻科2専攻を擁する。学校内に高崎市前橋市の市境が存在する。

2005年(平成17年)5月に専攻科「生産システム工学専攻・環境システム工学専攻」教育プログラムが工学(融合複合・新領域)関連分野で、日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けた。

沿革[編集]

  • 1962年(昭和37年) - 国立高専1期校として創立(当時は機械工学科・電気工学科・土木工学科の3学科)
  • 1966年(昭和41年) - 工業化学科設置
  • 1987年(昭和62年) - 電子情報工学科設置
  • 1992年(平成4年) - 工業化学科を物質工学科に改組
  • 1995年(平成7年) - 専攻科(生産システム工学専攻・環境工学専攻)設置
  • 1997年(平成9年) - 土木工学科を環境都市工学科に改組
  • 2003年(平成15年) - 電気工学科を電子メディア工学科に名称変更
  • 2004年(平成16年) - 独立行政法人国立高等専門学校機構が設置する学校になる
  • 2006年(平成18年) - 本年度入学者より学科別のクラスでない、「混合学級」を実施する(第2年次まで)
  • 2008年(平成20年) - 情報処理教育センターを「IT教育研究センター」に改称

学科[編集]

本科(準学士課程)[編集]

定員は各学科とも1学年各40名。

専攻科(学士課程)[編集]

  • 生産システム工学専攻(略称 AP Advanced ProductionのAP)
    • 主に本科の機械工学科・電子メディア工学科・電子情報工学科の卒業生が対象
  • 環境工学専攻(略称 AE Advanced EnvironmentalのAE)
    • 主に物質工学科および環境都市工学科の卒業生が対象

各学科のより高度な学習・研究はもちろん、横断的な内容も取扱う。

施設[編集]

  • 図書館
    約8万冊の蔵書を有する。
  • IT教育研究センター(旧称:情報処理教育センター)
    1970年(昭和45年)度全国高専の中で初めて設置され、コンピュータが導入されている。2014年(平成26年)に最終更新。
  • 地域共同開発センター
    地域産業の技術開発推進のための拠点施設。共同研究や受託研究を行うための最新機器が設備されている。
  • 第一・第二体育館、武道館、プール、サッカー場、陸上競技場、野球場、ラグビー場、テニスコート
    体育の授業や、各部活の活動に使われている。
  • 西湖
  • メタセコイヤ並木
  • 各科棟
    機械・電子メディア・電子情報・物質工学(二棟)・環境都市・専攻
  • 群嶺会館
    学生食堂、売店
  • 学生寮
  • 男子寮:鴻志寮(北、中、南の全三棟)、女子寮:藤寮(東)

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

国内大学[編集]

  • 放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる。[1]

書籍等[編集]

  • 蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾 ,アスキー書籍編集部 (編集),2006年、現役で業務稼動中!働くPC-9801と電子情報工学科が紹介されている

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]