みなかみ町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みなかみまち
みなかみ町
Tanigawa01.JPG
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
利根郡
団体コード 10449-3
法人番号 6000020104493
面積 781.08 km²
総人口 18,659
推計人口、2017年5月1日)
人口密度 23.9人/km²
隣接自治体 沼田市
利根郡片品村川場村
吾妻郡中之条町高山村
新潟県魚沼市南魚沼市
南魚沼郡湯沢町
町の木 ブナ
町の花 ヤマブキ
町の鳥 ウグイス
みなかみ町役場
町長 岸良昌
所在地 379-1393
群馬県利根郡みなかみ町後閑318
北緯36度40分42.8秒東経138度59分56.9秒座標: 北緯36度40分42.8秒 東経138度59分56.9秒
MinakamiTownOffice.jpg
外部リンク みなかみ町ホームページ

みなかみ町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

みなかみ町(みなかみまち)は、群馬県利根郡。群馬県最北端に位置し、県内で最も広い面積を持つ町域には、水上温泉郷猿ヶ京温泉など温泉が多数ある。

地理[編集]

利根川の最上流で、谷川岳の登山口がある。大峰山三峰山とが成す谷間を流れる利根川に、沼田盆地へと開けた南部で赤谷川が注ぐ。利根川源流部は自然環境保全地域に指定されている。

町の中央を利根川に沿って南北に上越新幹線上越線関越自動車道が通る。国道17号が利根川から赤谷川に沿って町の南部を東西に走り、国道291号が分かれて利根川沿いを北上する。

隣接する自治体[編集]

気候[編集]

この地域は関東地方で唯一、日本海側気候に分類される地域である。ケッペンの気候区分によると、みなかみは温暖湿潤気候に分類される。藤原は亜寒帯湿潤気候に近いが、最寒月の平均気温が-2.7℃で-3℃をやや上回るため、定義上は西岸海洋性気候に分類される。町内の全域が豪雪地帯に指定されている[1]

みなかみ (みなかみ町幸知)[2]の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 12.6
(54.7)
17.8
(64)
20.1
(68.2)
28.0
(82.4)
31.0
(87.8)
33.4
(92.1)
34.5
(94.1)
35.8
(96.4)
32.5
(90.5)
26.8
(80.2)
23.8
(74.8)
17.9
(64.2)
35.8
(96.4)
平均最高気温 °C (°F) 2.6
(36.7)
3.2
(37.8)
6.9
(44.4)
14.5
(58.1)
20.0
(68)
23.3
(73.9)
26.9
(80.4)
28.4
(83.1)
23.6
(74.5)
17.6
(63.7)
12.0
(53.6)
6.1
(43)
15.4
(59.7)
日平均気温 °C (°F) −1.3
(29.7)
−1.0
(30.2)
2.0
(35.6)
8.3
(46.9)
13.8
(56.8)
17.8
(64)
21.6
(70.9)
22.8
(73)
18.6
(65.5)
12.4
(54.3)
6.6
(43.9)
1.5
(34.7)
10.3
(50.5)
平均最低気温 °C (°F) −4.6
(23.7)
−4.6
(23.7)
−1.7
(28.9)
3.1
(37.6)
8.3
(46.9)
13.4
(56.1)
17.7
(63.9)
18.9
(66)
15.1
(59.2)
8.5
(47.3)
2.6
(36.7)
−1.8
(28.8)
6.2
(43.2)
最低気温記録 °C (°F) −12.2
(10)
−14.1
(6.6)
−13.1
(8.4)
−6.8
(19.8)
−0.5
(31.1)
5.3
(41.5)
10.8
(51.4)
12.2
(54)
4.6
(40.3)
−1.0
(30.2)
−7.1
(19.2)
−11.1
(12)
−14.1
(6.6)
降水量 mm (inch) 156.7
(6.169)
141.5
(5.571)
117.3
(4.618)
103.6
(4.079)
118.1
(4.65)
151.1
(5.949)
199.8
(7.866)
206.0
(8.11)
202.9
(7.988)
123.9
(4.878)
93.4
(3.677)
129.1
(5.083)
1,733.7
(68.256)
降雪量 cm (inch) 300
(118.1)
254
(100)
144
(56.7)
35
(13.8)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
13
(5.1)
177
(69.7)
929
(365.7)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 19.3 17.2 16.7 12.5 12.5 14.3 16.1 14.4 14.7 12.7 13.0 15.5 178.8
平均月間日照時間 63.6 83.8 123.8 169.3 184.8 148.8 152.6 168.8 113.9 106.4 87.9 68.8 1,471.7
出典 1: 気象庁[3]
出典 2: 気象庁[4]
藤原 (みなかみ町藤原字屋倉)[5]の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 11.3
(52.3)
15.8
(60.4)
17.6
(63.7)
27.6
(81.7)
31.4
(88.5)
32.6
(90.7)
33.2
(91.8)
35.0
(95)
31.7
(89.1)
27.8
(82)
24.4
(75.9)
16.4
(61.5)
35.0
(95)
平均最高気温 °C (°F) 1.4
(34.5)
2.0
(35.6)
5.5
(41.9)
12.9
(55.2)
19.5
(67.1)
22.7
(72.9)
26.0
(78.8)
27.4
(81.3)
22.6
(72.7)
16.8
(62.2)
11.0
(51.8)
4.9
(40.8)
14.4
(57.9)
日平均気温 °C (°F) −2.7
(27.1)
−2.4
(27.7)
0.6
(33.1)
6.3
(43.3)
12.4
(54.3)
16.7
(62.1)
20.3
(68.5)
21.5
(70.7)
17.3
(63.1)
11.0
(51.8)
5.2
(41.4)
0.2
(32.4)
8.9
(48)
平均最低気温 °C (°F) −6.7
(19.9)
−6.8
(19.8)
−3.6
(25.5)
1.1
(34)
6.4
(43.5)
12.0
(53.6)
16.4
(61.5)
17.4
(63.3)
13.6
(56.5)
6.7
(44.1)
0.8
(33.4)
−3.6
(25.5)
4.5
(40.1)
最低気温記録 °C (°F) −15.4
(4.3)
−16.6
(2.1)
−16.7
(1.9)
−9.5
(14.9)
−2.3
(27.9)
3.5
(38.3)
8.7
(47.7)
9.2
(48.6)
3.1
(37.6)
−4.0
(24.8)
−10.2
(13.6)
−14.1
(6.6)
−16.7
(1.9)
降水量 mm (inch) 228.4
(8.992)
183.6
(7.228)
130.4
(5.134)
93.2
(3.669)
110.6
(4.354)
140.4
(5.528)
187.1
(7.366)
173.7
(6.839)
193.4
(7.614)
125.4
(4.937)
111.6
(4.394)
174.8
(6.882)
1,851.3
(72.886)
降雪量 cm (inch) 348
(137)
284
(111.8)
188
(74)
72
(28.3)
3
(1.2)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
30
(11.8)
247
(97.2)
1,180
(464.6)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 22.5 19.9 18.6 13.7 12.9 14.4 16.2 13.6 15.1 13.4 14.9 18.2 192.7
平均月間日照時間 57.5 69.9 102.9 144.2 155.1 119.6 124.8 145.7 113.9 100.4 84.9 71.0 1,279.5
出典 1: 気象庁[6]
出典 2: 気象庁[7]

地域[編集]

町内の大字[編集]

基本的に旧町村時代の大字をそのまま引き継いでいるが、新治地区については合併時に改称または新たに設置した大字が存在する。[8]

月夜野地区[編集]

  • 石倉(いしくら)
  • 大沼(おおぬま)
  • 小川(おがわ)
  • 上津(かみづ)
  • 上牧(かみもく)
  • 後閑(ごかん)
  • 下津(しもづ)
  • 下牧(しももく)
  • 月夜野(つきよの)
  • 奈女沢(なめざわ)
  • 真庭(まにわ)
  • 政所(まんどころ)
  • 師(もろ)

水上地区[編集]

  • 阿能川(あのうがわ)
  • 粟沢(あわざわ)
  • 大穴(おおあな)
  • 小日向(おびなた)
  • 鹿野沢(かのさわ)
  • 川上(かわかみ)
  • 幸知(こうち)
  • 小仁田(こにた)
  • 高日向(たかひなた)
  • 谷川(たにがわ)
  • 綱子(つなご)
  • 寺間(てらま)
  • 藤原(ふじわら)
  • 向山(むこうやま)
  • 湯原(ゆばら)
  • 湯桧曽(ゆびそ)
  • 夜後(よご)
  • 吉本(よしもと)

新治地区[編集]

  • 相俣(あいまた)
  • 新巻(あらまき)
  • 入須川(いりすかわ)
  • 猿ヶ京温泉(さるがきょうおんせん)[9]
  • 須川(すかわ)
  • 永井(ながい)
  • 西峰須川(にしみねすかわ)
  • 羽場(はば)
  • 東峰(ひがしみね)[10]
  • 吹路(ふくろ)
  • 布施(ふせ)
  • 師田(もろだ)
  • 湯宿温泉(ゆじゅくおんせん) - みなかみ町発足時に大字布施・新巻のそれぞれ一部より湯宿温泉街の範囲を分立。[8]

歴史[編集]

先史・古代
中世
近世
  • 1631年寛永8年) - 三国街道の猿ヶ京宿に関所が設置。三国街道では旧月夜野町内に2つ、旧新治村内に7つの宿場が置かれ、参勤交代を含め関東と越後(佐渡国を含む)を結ぶ重要な交通路となる。一方、水上経由の清水峠は江戸幕府により通行が止められる。
  • 1680年延宝8年) - 沼田藩の真田氏が改易。以後、幕府領の時代を経て、現町域は再興された沼田藩と幕府領の混在地域となる。
  • 1868年慶応4年) - 戊辰戦争。沼田藩主の土岐頼知は新政府に恭順し、進駐した官軍は三国峠の北側の南魚沼郡一帯を領地としていた会津藩を4月24日(旧暦)の三国峠の戦いで破る。
近現代
  • 1885年(明治18年) - 清水峠を越える国道が整備されるも、同年内に土砂崩れが発生し、最終的に放棄される。
  • 1893年(明治26年) - 官設鉄道(後の国鉄)の信越本線高崎駅 - 直江津駅間が開通。関東と新潟(北陸・羽越方面を含む)の主要交通路が転移し、三国街道の交通量は激減。
  • 1926年大正15年) - 11月20日、国鉄上越南線沼田駅 - 後閑駅間が延伸開業し、古馬巻村に後閑駅が開業。現町域初の鉄道駅。
  • 1928年昭和3年) - 10月30日、同線後閑駅 - 水上駅間が延伸開業。上牧駅(古馬牧村)・水上駅(水上村)が開業。
  • 1931年(昭和6年) - 9月1日、水上駅 - 越後湯沢駅間の開業で上越線全線開通、再び関東と新潟を結ぶ主要ルートが現町域を通る。湯檜曽駅・土合信号所(1936年に駅昇格、共に水上村)が開業。清水峠の下を通る清水トンネルが長大なため、水上駅 - 石打駅間が当初から直流電化され、水上駅には機関区が置かれて温泉と共に後の発展の礎を築く。
  • 1934年(昭和9年) - 三国峠ルートで三国街道が国道17号に指定。ただし、三国峠での自動車通行は不可。
  • 1949年(昭和24年) - 9月7日、上越国境付近を中心に上信越高原国立公園が指定(水上町、新治村)。谷川岳山頂周辺は特別保護地域に指定される。
  • 1953年(昭和28年) - 利根川上流域、沼田市内での巨大ダム建設、沼田ダム計画[12]計画が明らかとなり[13]、中心地域の一部が水没する月夜野町では沼田市と共に強い反対運動が発生。1972年に白紙撤回される。
  • 1955年(昭和30年) - 現町域で初のダムとなる須田貝ダムが利根川源流域に完成(水上町)。以後、首都圏の重要な水利・電源地帯となる。
  • 1957年(昭和32年) - 国道17号の三国トンネルが開通(第二次世界大戦による工事中断を経て)。新潟県側との自動車通行が可能となる。
  • 1958年(昭和33年) - 利根沼田学校組合立利根商業高等学校開校(月夜野町)。現町域唯一の高等学校として現在も存続。
  • 1960年(昭和35年) - 12月13日、谷川岳天神平スキー場谷川岳ロープウェイが開業(水上町)。スキーの普及や登山の大衆化もあって谷川岳への観光客が増加し、観光産業の重要性がさらに高まる。
  • 1966年(昭和41年) - 12月20日、群馬県が「谷川岳遭難防止条例」を施行。
  • 1967年(昭和42年) - 矢木沢ダム完成(水上町)。利根川水系で最大のダムとなる。
  • 1982年(昭和57年) - 上越新幹線大宮駅 - 新潟駅間が開業(新清水トンネル・月夜野トンネルなど)。月夜野町に上毛高原駅が設置。
  • 1985年(昭和60年) - 関越自動車道前橋IC - 湯沢IC間開通(関越トンネル経由、同自動車道全通)。月夜野IC・下牧PA(月夜野町)・水上IC・谷川岳PA(水上町)開設。

行政区域の変遷[編集]

  • 1871年明治4年)
  • 1873年(明治6年) - 6月15日、群馬県が熊谷県に改組。
  • 1876年(明治9年) - 8月21日、群馬県が再置。以後、現町域はその一部となる。
  • 1889年(明治22年) - 4月1日、町村制施行。利根郡および吾妻郡のうち現町域にあたる以下の5村が成立。
    • 利根郡
      • 桃野村(月夜野村、小川村、上津村、下津村、石倉村が合併)
      • 古馬牧村(真庭村、政所村、師村、後閑村、下牧村、上牧村、大沼村、奈女沢村が合併)
      • 水上村(湯原村、高日向村、小日向村、阿能川村、谷川村、鹿野沢村、吉本村、小仁田村、寺間村、川上村、大穴村、幸知村、湯檜曽村、綱子村、向山村、粟沢村、藤原村、夜後村が合併)
      • 湯ノ原村(新巻村、羽場村、相俣村が合併)
    • 吾妻郡
      • 久賀村(須川町、東峰須川村、西峰須川村、入須川村、布施村、師田村、吹路村、長井村、猿ヶ京村が合併)
  • 1896年(明治29年) - 久賀村が利根郡へ変更。
  • 1908年(明治41年) - 湯ノ原村と久賀村が合併し、新治村が成立。
  • 1947年昭和22年) - 10月10日、水上村が町制施行、水上町となる。
  • 1955年(昭和30年) - 4月1日、桃野村と古馬牧村が合併し、月夜野町として町制施行。現みなかみ町の母体となった2町1村が揃う。
  • 2005年平成17年)10月1日 - 月夜野町・水上町・新治村が対等合併し、みなかみ町が発足する。町名の由来は若山牧水の『みなかみ紀行』から[14]

人口[編集]

Demography10449.svg
みなかみ町と全国の年齢別人口分布(2005年) みなかみ町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― みなかみ町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
みなかみ町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 29,218人
1975年 29,022人
1980年 28,123人
1985年 27,261人
1990年 26,540人
1995年 26,252人
2000年 25,079人
2005年 23,310人
2010年 21,345人
2015年 19,347人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

東京大学卒、農林水産省入省後、1990年から群馬県に在職し2007年に同県農政部長、2008年退職、1995年から旧新治村に居住。[15][16]
  • 町役場設置地 - 群馬県利根郡みなかみ町後閑318(旧月夜野町役場)
    • 旧水上町役場・新治村役場はそれぞれみなかみ町役場の水上支所・新治支所として使用。

警察[編集]

消防[編集]

  • 利根沼田広域消防本部
    • 北消防署(利根郡みなかみ町湯原1681-1)※旧利根郡水上町、同月夜野町の一部
    • 西消防署(利根郡みなかみ町羽場59-4)※旧利根郡月夜野町・新治村

経済[編集]

産業[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]


教育[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

後閑駅
上毛高原駅

バス[編集]

道路[編集]

月夜野インターチェンジ
関越トンネル

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事・施設[編集]

水上温泉郷
名胡桃城

出身有名人[編集]

みなかみ町に関連する作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.sekkankyo.org/zenkoku.htm 豪雪地帯及び特別豪雪地帯指定図
  2. ^ 平均降雨日数は日降水量1mm以上の平年値。湿度は月平均日相対湿度。平均値は1981年 - 2010年平均、極値は1977年11月 - 2017年8月。降雪量は1989年-2010年
  3. ^ みなかみ 1981-2010年”. 気象庁. 2017年8月20日閲覧。
  4. ^ みなかみ 観測史上1~10位の値”. 気象庁. 2017年8月20日閲覧。
  5. ^ 平均降雨日数は日降水量1mm以上の平年値。湿度は月平均日相対湿度。平均値は1981~2010年平均、極値は1977年12月~2017年8月、降雪量は1989〜2010年平均。
  6. ^ 藤原 1981-2010年”. 気象庁. 2017年8月20日閲覧。
  7. ^ 藤原 観測史上1~10位の値”. 気象庁. 2017年8月20日閲覧。
  8. ^ a b 合併後の住所表示利根西部合併協議会(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業)
  9. ^ 新治村時代は大字猿ヶ京。みなかみ町発足時に改称。
  10. ^ 新治村時代は大字東峰須川。みなかみ町発足時に改称。
  11. ^ 一方、公益財団法人・群馬県埋蔵文化財調査事業団では、同城の造築は「490年ほど前、永正年間(1504年 - 1521年)」と伝えられ、実際には城の構造や古文書の研究から「420年ほど前の天正年間(1573年 - 1593年)」と推定している。[1]
  12. ^ 当時は「岩本ダム」。
  13. ^ 事業計画は1952年に決定。
  14. ^ 『合併協定調印式』6ページ。
  15. ^ 紫水会(岸良昌後援会)ブログ「岸良昌氏のプロフィール」
  16. ^ 時事通信 特集記事、2010年1月18日配信(2012年6月18日閲覧)、「トップインタビュー【35】岸良昌・群馬県みなかみ町長」
  17. ^ http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/pdf_249/12_town.pdf#search='みなかみ町 海外'
  18. ^ 2012年9月13日 中野区は、群馬県みなかみ町と里・まち連携を始めました”. 中野区 (2012年9月18日). 2014年3月19日閲覧。
  19. ^ 『みなかみ町 まち・ひと・しごと創生総合戦略』56 - 57ページ。
  20. ^ みなかみ町観光協会「みなかみパーフェクトガイド みなかみバンジー」より(2016年3月2日閲覧)。
  21. ^ みなかみ町「どんなところ?」より(2015年1月11日閲覧)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光
その他
動画