羽田事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
羽田事件
第一次羽田闘争における穴守橋。弁天橋には中核派が、稲荷橋には革マル派が向かい、それ以外の学生や反戦青年委員会は穴守橋に集まった。機動隊は装甲車を盾にして学生の反対側に陣取ったため、装甲車に火が入って抑えようもなかった。この配置は3つの橋のいずれでも同じだった。
第一次羽田闘争における穴守橋弁天橋には中核派が、稲荷橋には革マル派が向かい、それ以外の学生や反戦青年委員会は穴守橋に集まった。機動隊装甲車を盾にして学生の反対側に陣取ったため、装甲車に火が入って抑えようもなかった。この配置は3つの橋のいずれでも同じだった。
場所 東京都大田区羽田空港
標的 佐藤栄作内閣総理大臣東京国際空港
日付 1967年昭和42年)10月8日11月12日
概要 日本の新左翼暴動事件
原因 ベトナム反戦運動学生運動の興隆
攻撃側人数 約2,500人
武器 棍棒角材砕石ガソリン
死亡者 1名(京都大学学生山崎博昭
負傷者 警察官840名、学生17名、一般人5人(第一次)
他の被害者 近隣住民等
損害 家屋及び警察車両等
犯人 中核派社学同社青同解放派革マル派構造改革派の学生を中心とした集団
動機 佐藤栄作内閣総理大臣外国訪問阻止
防御者 警視庁機動隊
対処 放水、警棒、催涙ガスの使用
謝罪 なし
テンプレートを表示

羽田事件(はねだじけん)とは、1967年(昭和42年)10月8日11月12日に、日本東京都大田区佐藤栄作内閣総理大臣(当時)の外国訪問阻止を図った新左翼東京国際空港(以下、羽田空港)を防衛する機動隊が衝突した事件である。新左翼側はこの事件を羽田闘争と呼び、特に10月8日の第一次羽田闘争を10.8(ジッパチ)と称して特別視している。

この事件で確立した、ヘルメットゲバヘル)に角材ゲバルト棒)という武装闘争の装いや党派ごとに運動に参加するという行動様式は、1970年台前半にかけての新左翼党派による実力闘争(暴動)に引き継がれていく。

第一次羽田事件[編集]

経過[編集]

佐藤内閣は、米軍による日本国内にある軍事基地野戦病院などの使用を黙認することでベトナム戦争でのアメリカの軍事行動を間接的に後方支援していた。一方、北爆による民間人被害の拡大やアメリカ国内での反戦運動の高まりを受け、1965年4月にベ平連が発足する[1]など、戦争協力に対する批判は急進的な学生だけでなく市井にも広まりを見せていた。

そのような最中、佐藤首相による第2次東南アジア訪問が決まった。訪問先にはベトナム戦争の当事国であるベトナム共和国南ベトナム)も含まれていたことから、学生を中心とする新左翼各派は日本によるベトナム戦争への支援及び加担の阻止を名分に「佐藤首相ベトナム訪問阻止闘争」のキャンペーンを展開した。

佐藤首相の外遊初日は1967年10月8日を予定しており、新左翼各派約2300人は前日からそれぞれの拠点[2]に泊まり込み、角材やヘルメットで武装して翌日の行動に備えていた。このうち中核派が結集していた法政大学に対しては麹町警察署が注意を促し、学生部長から善処する旨の返答があったが、大学側の対処としては構内での乱闘をしないことを確認したのみで、武装解除等の成果はなかった。

翌8日、各派は拠点を羽田空港に向けて出発し、そのうちの一部が鈴ヶ森出入口から首都高速羽田線に乱入した。集団は投石や角材により警察部隊を攻撃しつつ羽田空港を目指し、殴り倒した機動隊員を高架から投げ落とそうとするなど血気盛んであったが、誤って空港と逆方向に進んだ。空港にたどり着かないことから通りがかった観光バスを止めて乗っていたバスガイドに道を確認して漸く誤りに気づいたが、増援の機動隊に追いつかれて高速道路を降りて再度空港へ向かった[3]

一方、残りの勢力は一般道路から空港を目指したが、空港の入口となる海老取川に架かる3つの橋(穴守橋・稲荷橋・弁天橋)に車両や有刺鉄線によるバリケードを築いて封鎖していた警視庁機動隊と行き当たった。新左翼各派はこの阻止線の強行突破を試み、付近の歩道の敷石を剥がしてこれを砕いて投石を行うとともに、棍棒や角材を用いて機動隊を襲撃した。現在に比べて装備が貧弱であった機動隊は、激しい投石を受けて橋の上に並べて配置していた車両(阻止車両)を盾に後退を余儀なくされた。

機動隊は、警備車両からの放水による防戦を継続したが、殺到する集団を防ぎきれず、学生らは阻止車両に取り付いた。梯子で阻止車両に上った者や橋の袂にいる者からの投石を一方的に浴び、後退した機動隊は更に多くの負傷者を出すこととなった。橋から転落する者も出る激しい攻防が行われていた最中に、弁天橋で中核派の京都大学学生である山崎博昭が死亡した[4]

死者が出る事態を受け一時休戦となり、しばらく海老取川を挟んで双方対峙したが、午後1時20分に機動隊がガス銃(警察公称では「ガス筒発射器」)を発射して沈静化した。日本の警察催涙ガスを使ったのは血のメーデー事件、60年安保闘争に次いで3回目であった[5]

結果[編集]

機動隊は羽田空港の防衛自体には成功し、佐藤首相は予定通り午前10時半頃に、外遊に向けて特別機で羽田空港を飛び立った(なお、その時間帯に最も激しい攻防が行われていた)。一方で警察側の損害は甚大であり、「スチューデント・パワー」が示されたことで、各地の新左翼党派の士気を高めることとなった。

この事件で、学生多数を含む58人が公務執行妨害罪凶器準備集合罪等の容疑で現行犯逮捕され、最終的に全学連秋山勝行委員長[6]など75人が検挙された。

被害[編集]

学生17人、警察官840人[7]、一般人5人が重軽傷を負った。また、ガソリンスタンドから強奪したガソリンによる放火等により、警察車両7台が使用不能となり、3台余りが大破した(損害額は凡そ5,000万円[8])。

一般民家26世帯も被害を被った。被害にあった住民らからは「佐藤さんはなぜ(外遊に)行ったんだ、そのためにこうなったのだ、ヘリコプターで行ったらいいじゃないか、それより以上になぜデモを許したのだ[9]、デモを許すからこうなったんだ、二度と再びこんなことを繰り返してくれるな」等と悲痛な叫びを挙げたという。

第二次羽田事件[編集]

同年11月12日に、佐藤首相がアメリカを訪問することとなり、新左翼各派は再び首相訪米阻止を掲げて行動を起こした。

同日、三派全学連の約2,300人が東京大学教養部から、革マル派の400人が早稲田大学から、それぞれ前回同様に角材やヘルメットで武装して出立し、午前10時40分頃に京浜急行電鉄電車無賃乗車して羽田に向かった。

新左翼各派は京急本線の京浜蒲田駅(現京急蒲田駅)に集合し、徒歩で道路いっぱいに広がりながら、シュプレヒコールを上げて羽田空港に向けて出発したが、産業道路に阻止線を張っていた機動隊と大鳥居駅付近で接触した。新左翼は阻止線を突破するために丸太を抱えて機動隊に突入した他、京急穴守線バラスト軌道で集めた砕石牛乳屋から持ち出した牛乳瓶を投げつけた。

付近は大混乱に陥ったが、今回も機動隊は催涙ガスを用いてこれを鎮圧した。公務執行妨害罪及び凶器準備集合罪で、前回を上回る347人が検挙された。

羽田事件が与えた影響[編集]

  • 第一次羽田事件当時は機動隊に大盾が装備されておらず、投石や角材による殴打で多数の機動隊員が負傷したことをきっかけに、軽合金製の大盾の装備化が急速に進められることとなった[10]
  • この闘争は新左翼の間で範とされ、以後各地で実力闘争(暴動)が頻発することになった。特にこの事件で初めて本格的に登場したゲバヘルとゲバ棒のスタイルは以降の新左翼による実力闘争に引き継がれ、公権力との暴力の応酬をエスカレートさせるきっかけとなり、70年安保闘争や三里塚闘争等にも飛び火していくこととなる。
  • 羽田事件から翌年4月の沖縄デー闘争までの七ヶ月間は、新左翼による大規模な実力闘争がいくつも行われ、「激動の七ヶ月」と呼ばれる[12][13]。この間に新左翼のデモのあり方は、前述のヘルメット・ゲバ棒の定着をはじめ、大きく変化した。
  • 羽田事件から1971年末までの間に、警察組織は新左翼による実力闘争の沈静化のために殉職者6人[14]と負傷者1万8,784人の犠牲を払うことになる[15]

その他[編集]

  • 第一次羽田事件後の10月18日に開催された地方行政委員会にて、警察庁次長であった後藤田正晴が、本件での投石による被害が大きかったことから、歩道の敷石をやめてアスファルト舗装コンクリート舗装にすることで学生が投石に用いる石を手に入れられないようにすることを発案している。このアイディアは東大安田講堂事件の後に実行に移され、秦野章警視総監の指示によって神田地区一帯の敷石を剥がしたところ、東大奪還を企図していた新左翼党派は警察の目論見どおりに投石を行うことができず、効果を発揮した。その直後にこの「敷石一掃作戦」は閣議でも了承され、都内大学と主要駅周辺歩道の国道26万9000平方メ-トル、都道83万3000平方メ-トル、区道27万9000平方メ-トルのコンクリート平板敷石がアスファルト舗装に置き換えられることとなった[16]。近年は再び敷石による歩道が普及してきたが、国内にアスファルト舗装の歩道が多いのはこのためである。
  • 第一次羽田事件で負傷した機動隊員が、妻から危険な機動隊の仕事を辞めるよう懇願されたときに「私はこの使命に生きておる、私たちがやらなければだれがやるのだ。かりにこういう過激な運動がこのまま続くとすれば、かりに右翼の学生等が、あるいは自衛隊等々が、国会は何をやっているのだ、政府は何をやっているのだ、いまの姿でいいのかということで、もし立ち上がったとしたならば、日本国内にほんとうに忌まわしいことが予想されるのではないか」と述べたエピソードを、同じ地方行政委員会で中村喜四郎が紹介している。
  • 羽田事件では民間の警備会社にも出動が要請され、警備を請け負った国際警備(現・KSP)は、大学の相撲部長や応援団に頼んで体育会系大学生をかき集めるなどして800人を動員した。そのうちの100人ほどが負傷し、その多くが病院に運ばれた[17]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 背後にKGBの支援もあったことが冷戦終結後に判明している。
  2. ^ 中核派は法政大学、社学同・社青同解放派は中央大学及び明治大学、革マル派は早稲田大学、構造改革派は社会文化会館(日本社会党本部)。
  3. ^ 荒岱介『新左翼とは何だったのか』幻冬舎新書、2008年、85-86頁
  4. ^ 警察発表では、別の学生が暴走させた警備車兼給水車による轢死。新左翼からは機動隊の警棒乱打によるものとの主張あり。
  5. ^ 神戸新聞 1967年10月9日
  6. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第十三章 (PDF)”. 2013年8月17日閲覧。三派全学連秋山勝行委員長には逮捕状が出され、10月17日の山崎博昭君追悼中央葬後のデモの終盤に現れて演説を始めた際に逮捕された。
  7. ^ うち700人以上が投石による負傷。角材による攻撃を受けた者は重傷者の割合が高かった。単純な打撲傷や擦過傷を負った者はこの中に含まれない。なお、新左翼側でも同士討ちと見られる投石による負傷者が多かった。
  8. ^ 当時の大卒初任給は26,200円。
  9. ^ 新左翼の拠点での規制及び鎮圧は、大学自治との兼ね合いや機動隊が分散し空港を守りきれなくなる懸念から見送られた。
  10. ^ 当時から防石ネットは装備されていたものの集中的な投石を完全に防ぐことはできず、また、盾は木製の小型の手盾(50cm四方程度)しかなかったため、前列の隊員は集中的に殴打を受け、効果的な防御ができなかった。この事件以降、軽合金製の大盾の装備化の他、大盾による防御術の開発・導入も急速に行われ、大盾は機動隊を象徴する装備の1つとなった。第二次羽田事件の映像では大盾をもった機動隊員を確認できることから、1ヶ月の間に迅速に配備されたことが伺われる。
  11. ^ 地方行政委員会答弁で中村喜四郎が「世論でかわいそうだという感じが比較的少ない」などと述べるなど、樺の死に比べると社会的インパクトは少ないとする意見もある。
  12. ^ 状況 第二巻(状況出版、1991年) p156
  13. ^ スパルタクス、第92号、(日本マルクス主義派学生同盟 革命的マルクス主義派中央書記局、1969年)p107
  14. ^ 日大紛争、岡山大学紛争、東峰十字路事件渋谷暴動事件。当時アメリカ占領下にあった沖縄ゼネスト警察官殺害事件も含めれば7人。
  15. ^ 昭和48年 警察白書
  16. ^ 全国エクステリアコンクリート協会『「敷石ひっぺがし作戦」コンクリート平板の歴史』、2017年1月閲覧。
  17. ^ 猪瀬直樹『民警』扶桑社、2016年 ISBN 978-4594074432、171p
  18. ^ 小林信彦『日本の喜劇人』新潮文庫、1982年、314頁。

外部リンク[編集]