砕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

砕石(さいせき)とは、天然岩石を破砕機等で人工的に小さく砕き、道路用骨材やコンクリート用骨材等の土木・建築用資材として適する粒度に加工したもののことをいう。

人工的に加工された砕石に対し、自然の力で小さくなった岩石として天然砂利があるが、天然砂利と砕石とを比較すると、砂利は全体的に丸みを帯びた形状であるのに対し、砕石は角張った形状をしていることが多い。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]