樺美智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

樺 美智子(かんば みちこ、1937年11月8日 - 1960年6月15日)は、学生運動家。安保闘争で死亡した東京大学の女子学生。

曽祖父鳥取県出身の数学者樺正董[1]。父は社会学者の樺俊雄[2]

人物[編集]

東京に生まれた。2人の兄がいる。中学から父の神戸大学赴任にともない兵庫県の芦屋に移る[3]

芦屋市立山手中学校兵庫県立神戸高等学校を卒業後、一浪して研数学館へ通ったのち[要出典]1957年東京大学文科二類に入学(同級生には歴史学者の長崎暢子などがいる)。

1957年11月の誕生日に日本共産党に入党した。その後共産主義者同盟(ブント)の活動家(書記局員)として1960年の安保闘争に参加する[4]。なお、高木正幸は樺がブント創設以来の活動家であったことを自著で紹介している[5]。76名が検挙された1960年1月26日の全学連羽田空港占拠事件の時に検挙され拘置所に入った事があるがこの時は不起訴処分となっていた(東京大学文学部自治会副委員長として参加している[6])。同年6月15日のデモで全学連主流派が衆議院南通用門から国会に突入して警官隊と衝突した際に[7]死亡した。22歳没。

死亡当日は、淡いクリーム色のカーディガンに白のブラウス、濃紺のスラックス姿だった[8]

警察病院検死では死因は胸部圧迫及び頭部内出血となっている。これについて警察側は転倒が原因の圧死と主張し、学生側は機動隊の暴行による死亡と主張した。落合信彦は、著書の中でソ連KGBによる謀略工作(樺を標的に殺害したとする)の経緯を詳しく述べている[9]学生側の死亡者を出したことで警察は重点的にマスコミから批判される事となった[誰によって?]

6月15日の事件はラジオでも実況中継され、樺美智子の死は多くの人に衝撃を与えることとなった。事件当日に、樺が所属していた国史研究室の先輩にあたる伊藤隆(当時修士2回生)と、「卒論の準備は進んでいるか」「今日を最後にするからデモに行かせてほしい」「じゃあ、それが終わったら卒論について話をしよう」という会話を交わしている[10]

樺の死因について山本夏彦はコラムで以下のように述べている。中略した部分は山崎博昭の死因について触れた部分である[11]

女子大生が死んだとき、野党はただちに声明を発し、殺したのは警官だといった。あのどさくさのさいちゅうである。なんの証拠もありはしない。ただ「てっきり」と思っただけである。野党にとっては、警官が撲殺してくれなければ面白くない。/あとでふみ殺したのは同じ仲間で、警官ではないと一転したが、やがてそれはくつがえされ、いまだに落着しない。互に

証拠をあげ、互に否定しあっている。/(中略)/論より証拠というけれど、証拠より論である。論じてさえいれば証拠はなくなる。/これはすこぶる好都合である。いつ、いかなるときでも、我々は恐れいらないですむ。/ただし、一人ではいけない。徒党してがんばらなければいけない。がんばれば大ていの証拠はうやむやになる。そのよしあしは、むしろ各人お考えいただきたい。証拠より論の時代は、当分続く。

石原慎太郎は樺の死について雑誌『展望』に寄稿した際、「自分で自分を踏み殺した女子学生」と表現したところ、その論旨にいかにも共鳴したといっていた編集者が、この言い回しだけはどうしても抵抗を感じると言い出した。石原は譲らずに通したが、出来上がった雑誌にはこの部分が削除されていたことを回想している[12]

なお、いくつかの文献では、樺が活動家であったことを記述せず、単に「女子学生」「女子東大生」としか記していない[13]

母・光子による遺稿集『人しれず微笑まん』(1960年[14])と書簡集『友へ―樺美智子の手紙』がある。また雑誌『マドモアゼル』が生前の樺美智子に最後のインタビューを行った。光子は、デモに向かう美智子に対して「警官を憎んではいけない。自分たちよりも条件の悪い、貧しい育ちの青年が多い。その人たちを敵と思ってはいけない」と諭したと、鶴見俊輔が元『朝日ジャーナル』編集部員である村上義雄のインタビューで語っている[15]

また羽田空港の事件で検挙されるまで家族は学生運動に参加している事を知らなかった[要出典]

事件への評価[編集]

当時、全学連主流派と対立していた日本共産党は、樺の死に際して「樺美智子さん(共産主義者同盟の指導分子)の死は、官憲の虐殺という側面とトロツキスト樺さんへの批判を混同してはいけない。樺さんの死には全学連主流派の冒険主義にも責任がある」[16]と述べ、政府・警察と全学連側の行動の双方を非難した。

日中友好協会幹部であった橋爪利次は中国側に対して、「日本海をこえた日本での問題の評価は、私たちが決める問題です。特に樺さんは、本人やご家族に取っては気毒な結果になったが運動の破壊となる過激分子のなかでおこった問題であって、民族英雄とはいえない…」と抗議した[17]

毛沢東は樺の死について、「樺美智子は全世界にその名を知られる日本の民族的英雄になった」と述べた[18](毛沢東は当初、樺を「民族的英雄」と規定していたが日本共産党の抗議を受け撤回していた)[要出典]保阪正康によると、樺の死に対し中国からカンパが寄せられた(当時の日本円で約1,000万円)が、日本共産党が全額手中に収め、「これは前衛政党に送られたもの」と主張した。もめた挙句に救援会が作られたが、樺の霊前に供えられた香典はわずかに5万円であったという[19]

松本健一によれば、右翼活動家、歌人でもある影山正治は日米安保に反対する立場から樺の死について、「樺美智子さんの死に対しては、心から哀悼の言葉を述べたい。私は彼女こそ日本のためになくなった愛国者だと思う。こういう人が私達右翼陣営から出なかったことを残念に思う」と評した[20] [要高次出典]

家族・親族[編集]

曽祖父・樺正董

樺家[編集]

(鳥取県鳥取市立川町大阪府東京都武蔵野市吉祥寺[21]
文久3年(1863年6月生 - 大正14年(1925年12月
明治17年(1884年11月[23]大阪府平民樺正董長男[23]。東亜貿易、日本曹達、沼田商店各(株)取締[23]
明治37年(1904年3月生 - 昭和55年(1980年)12月没

参考文献[編集]

  • 江刺昭子 『樺美智子 聖少女伝説』 文藝春秋、2010年ISBN 9784163726700
  • 西部邁 「樺美智子さんという真面目な女性がいた」『無念の戦後史』 講談社、2005年、113頁。ISBN 4-06-213057-2
  • 西部邁 『六〇年安保 センチメンタル・ジャーニー』 洋泉社〈MC新書 17〉、2007年、36頁。ISBN 978-4-86248-149-8 - 西部が樺について語っている。
  • 西部邁 「半世紀前、樺美智子が死んだ」『生と死、その非凡なる平凡』 新潮社、2015年、57-61頁。ISBN 9784103675068

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『鳥取県百傑伝』274頁に「彼は、いまでは県人から忘れ去られようとしている。ただ、八年前の三十五年六月の安保闘争のとき、圧死した東大女子学生だった樺美智子さんを知らぬ者は少ないであろう。正董は美智子さんの曽祖父にあたるのである。」とある
  2. ^ 樺俊雄の墓
  3. ^ 週刊新潮』(2010年6月17日号)46頁
  4. ^ 福間良明 『「戦争体験」の戦後史 世代・教養・イデオロギー中公新書 1990 ISBN 978-4121019905、117p
  5. ^ 高木正幸 『全学連と全共闘』 講談社現代新書 771 ISBN 4061457713、52p
  6. ^ 合田一道 『激動昭和史現場検証 戦後事件ファイル22新風舎文庫 こ-118 ISBN 978-4797498523、238p
  7. ^ 警官隊、デモ隊あわせて約1000人が重軽傷を負った。
  8. ^ 週刊新潮』(2010年6月17日号)46頁
  9. ^ 落合信彦 『21世紀への演出者たち CIA vs KGB集英社文庫 [お-5-5] ISBN 4087507645、70-77p。樺の死因が扼殺ではないか、と述べられている部分。この箇所を含む第一章「KGB指令=一〇七五」が謀略の全体図を扱っている。
  10. ^ 伊藤隆 『歴史と私 史料と歩んだ歴史家の回想』 中公新書 2317 ISBN 978-4121023179、16p
  11. ^ 山本夏彦 『毒言独語』 中公文庫 [や-19-4] ISBN 4122007321、80-81p/『毒言独語』 中公文庫 [や-19-16] ISBN 4122042623、80-81p
  12. ^ 石原慎太郎 『国家なる幻影〈上〉 わが政治への反回想』 文春文庫 [い-24-3] ISBN 4167128047、35p
  13. ^ 以下、その例を列挙する。
  14. ^ 三一書房 ISBN 4380600025
  15. ^ 村上義雄 『「朝日ジャーナル」現代を撃つ』 朝日新書 208 ISBN 978-4022733085、18-19p
  16. ^ アカハタ』1960年6月23日
  17. ^ 橋爪利次『体験的日中友好裏面史』P240-242
  18. ^ 人民日報国際短評 1967年6月18日
  19. ^ 保阪正康 『昭和戦後史の死角』 朝日文庫 [ほ-4-6] ISBN 4022614633、143p
  20. ^ 松本健一著『思想としての右翼』P57
  21. ^ a b c d 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)か一〇一
  22. ^ 『因伯時報』(大正十五年四月十一日号) では「(正董の)嗣子・氏は器械輸入商として発展し…」と紹介されている。
  23. ^ a b c d e f g 『人事興信録. 6版』(大正10年)か三四

外部リンク[編集]