警視庁警備部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
観閲式で行進する警視庁機動隊。

警視庁警備部(けいしちょうけいびぶ、英語: Security Bureau of the Metropolitan Police Department)は、警視庁の内部組織の一。

来歴[編集]

警視庁創設当初の警務部から分離独立するかたちで、1949年3月7日に設置された警備交通部が起源となる。その後、1952年4月15日には、警備交通部をもとに、地域警察・交通警察部門としての警邏交通部と、警備・公安警察部門としての警備第一・第二部に分離再編された。そして1957年3月30日、警備第一部が警備部、警備第二部が公安部と改称した[1]

編制[編集]

  • 警備第一課
    • 庶務: 庶務係
    • 警備企画(警備基礎資料): 警備企画係、警備管理第1・2係
    • 警備実施(警備計画): 警備実施第1 - 3係
    • 機動隊(機動隊の管理等): 機動隊第1・2係
    • 警備情報(警備情報収集、分析): 警備情報第1 - 4係
    • 警備連絡(警備資料作成): 警備連絡係
    • 警備現場(警備現場記録等): 警備現場第1・2係
    • 危機管理室
    • 特殊部隊 (SAT)
    • 東京国際空港テロ対処部隊
  • 警備第二課
    • 警備調査(警備対策): 警備調査第1・2係、警備対策係
    • 警備訓練: 警備訓練係第1 - 3係
    • 警備装備: 警備装備第1係、警備装備第2係、警備装備第3係(警備犬)
    • 爆発物対策: 爆発物対策係
  • 災害対策課
    • 震災警備: 震災警備係
    • 都市災害警備: 都市災害警備係、機動救助隊係
    • 特殊救助隊 (SRT)
    • 機動救助隊(レスキュー110)
  • 警護課: セキュリティポリス (SP)
  • 警衛課
  • 第一 - 第九機動隊
  • 特科車両隊

機動隊[編集]

機動隊を参照。特殊部隊 (SAT) は上記のとおり警備部警備第一課に所属している。

災害対策課[編集]

  • 警視庁の災害対策を担っており震災時の警備や災害対策、機動隊に所属する救助部隊の統括運用を行っている。
  • 以下の部隊は災害対策課が統括運用している。
  • 公式ツイッター

機動救助隊[編集]

  • 1972年警視庁に創設され警備部機動隊に所属するが、警備部災害対策課が統括運用している部隊で、災害や事故における救助活動を主要な任務としており、通称「レスキュー110」と呼ばれている。
  • 外見的な特徴としては、活動服の全体の色は消防特別救助隊に似た橙色(オレンジ色)だが肩から上腕・胸・背中にかけて明るい緑色である点。かつては暗い緑色で肩から上腕にかけて(ヨーク部)のみが赤橙色のものを着用していたが、2011年に現在のものに変更された。ヘルメットには「R110」と入っている。また使用車両は消防の赤色に対して、緑の地に“疾走する黒豹”と「警視庁 機動救助隊」の文字が入った白帯の塗装をしている。
  • 消防の救助工作車と全く同じ車両に各種救助資器材を装備しているが積載資器材は圧倒的に少ない。マイクロバスをベースにした人員輸送車とセットで出動する。
  • また、警察の救助活動は警察法第二条に基づいて行われるため、交通整理や防犯のための巡回警ら、警備活動などの治安維持活動との兼任となる。あくまでも機動隊の兼任活動であるために通常は警察官本来の任務である犯罪証拠品・遺体の捜索や警備活動などを行っている。
  • 都内の救助活動は東京消防庁が担当しているために、実際に活動する機会は滅多になく(出動途中で解除も多い)、現場をブルーシートで覆うなどの衆人対応や交通整理等の支援活動や遺体の収容作業にあたる事がほとんどであるが、飛び降り現場では犯罪性があるために活動する姿がしばしば見られる。

特殊救助隊[編集]

特殊救助隊(SRT)
  • 通称SRT(Special Rescue Team)と呼ばれ 東日本大震災の教訓を踏まえ、首都直下地震など大規模災害等に即応し高度な救助を行うため、2012年9月1日に全国の警察で初めて発足した部隊である。部隊は警備部の災害対策課に所属し、東京都立川市緑町の警視庁多摩総合庁舎(立川広域防災基地内)を活動拠点に24時間体制で出動に備える。
  • 都内で起こった高度な救助技術を要する事故などにも派遣されるほか、大規模災害等の発生時は都内だけでなく広域緊急援助隊として日本各地、また、国際警察緊急援助隊として海外にも派遣される。普段は訓練を行いつつ、大規模災害時に機動隊OBを中心に各警察署職員により編成される災害活動隊(通常業務も兼務)の技術指導に当たり、警視庁全体の救助技術の向上を図る役割も担う。
  • 部隊は機動隊の機動救助隊などから選抜され、特に水難救助山岳救助重機操作などの技能に特に優れた35人の隊員で編成されており、全員が警視庁のレスキュー技能検定の資格を有している。部隊が所在する立川広域防災基地には警視庁航空隊の立川飛行センターが所在しており、航空隊のヘリコプターと連携した救助活動も行える。
  • 活動服の色やヘルメットに「R110」の文字が入っている点などは機動救助隊に準ずるものとなっているが、目印として隊員の活動服右肩には、しなやかさを象徴する「黒豹」の顔が描かれたワッペンが付けられており、車両に関しては側面の部隊名の表記や疾走する黒豹が描かれていない。
  • 装備については通常の救助資機材に加えて重機、オフロードバイク、ヘッドマウントディスプレイ、基地局なしで複数同時通話が可能なトランシーバー、隊員の体に付けた小型カメラの映像を現場の端末や警視庁本部へとリアルタイムで送信するシステムなども使用する。また、人命探査装置などの先進装備の配備も進められる。

歴代部長[編集]

氏名 在任 前職 後職
藤本好雄 1957年(昭和32年)
- 1958年(昭和33年)4月1日
警視庁警備第一部長 警察庁警備局参事官
玉村四一 1958年(昭和33年)4月1日
- 1960年(昭和35年)7月13日
岡山県警察本部長 警察庁警務局監察官兼警備局参事官
高橋幹夫 1960年(昭和35年)7月13日
- 1963年(昭和38年)8月2日
警察庁警務局監察官 警察庁交通局
土田国保 1963年(昭和38年)8月2日
- 1966年(昭和41年)3月25日
警察庁外事課長 警察庁長官官房会計課長
畠中達夫 1966年(昭和41年)3月25日
- 1967年(昭和42年)7月21日
警視庁交通部長 千葉県警察本部長
後藤信義 1967年(昭和42年)7月21日
- 1968年(昭和43年)
警察庁公安第一課長 警察庁刑事局参事官、警備局参事官
下稲葉耕吉 1968年(昭和43年)
- 1971年(昭和46年)1月22日
佐藤栄作総理秘書官 警察庁刑事局捜査第一課長
赤木泰二 1971年(昭和46年)1月22日
- 1974年(昭和49年)
警察庁警備課長 警察庁警備局参事官
村上健 1974年(昭和49年)
- 1977年(昭和52年)2月18日
山形県警察本部長 警視庁刑事部長
金原忍 1977年(昭和52年)2月18日
- 1978年(昭和53年)8月4日
警察庁長官官房審議官 千葉県警察本部長
椿原正博 1978年(昭和53年)8月4日
- 1979年(昭和54年)11月17日
福井県警察本部長 警察庁警務局人事課長
三島健二郎 1979年(昭和54年)11月17日
- 1981年(昭和56年)11月20日
警察庁警備局公安第一課長 警察庁警備局審議官
依田智治 1981年(昭和56年)11月20日
- 1982年(昭和57年)11月27日
奈良県警察本部長 内閣総理大臣秘書官 中曽根康弘
安藤忠夫 1982年(昭和57年)11月27日
- 1984年(昭和59年)9月20日
内閣総理大臣秘書官 橋本龍太郎 警察庁交通局交通企画課長
岡村健 1984年(昭和59年)9月20日
- 1986年(昭和61年)8月18日
警察庁警務局付 警察庁長官官房審議官(警備局担当)
浅野信二郎 1986年(昭和61年)8月18日
- 1988年(昭和63年)2月5日
警視庁交通部長 警察庁長官官房審議官(交通局担当)
井上幸彦 1988年(昭和63年)2月5日
- 1989年(平成元年)6月30日
警察庁警務局付 千葉県警察本部長
菅沼清高 1989年(平成元年)6月30日
- 1991年(平成3年)1月11日
警察庁警備局公安第一課長 千葉県警察本部長
伊達興治 1991年(平成3年)1月11日
- 1992年(平成4年)9月18日
警察庁警備局公安第三課長 千葉県警察本部長
金重凱之 1992年(平成4年)9月18日
- 1993年(平成5年)8月5日
警察庁警務局付 内閣総理大臣秘書官 細川護煕
西山正樹 1993年(平成5年)8月5日
- 1995年(平成7年)2月1日
警察庁警備局警備課長 茨城県警察本部長
中田好昭 1995年(平成7年)2月1日
- 1996年(平成8年)8月27日
警視庁地域部長 兵庫県警察本部長
坂東自朗 1996年(平成8年)8月27日
- 1998年(平成10年)1月9日
警察庁長官官房付 警視庁総務部
伊藤哲朗 1998年(平成10年)1月9日
- 2000年(平成12年)1月11日
警察庁長官官房首席監察官 千葉県警察本部長
近石康宏 2000年(平成12年)1月11日
- 2001年(平成13年)4月6日
警察庁警備局警備企画課長 愛知県警察本部長
和田康敬 2001年(平成13年)4月6日
- 2002年(平成14年)8月23日
大阪府警察本部総務部長 愛知県警察本部長
池田克彦 2002年(平成14年)8月23日
- 2004年(平成16年)4月1日
警察庁長官官房総務課長 埼玉県警察本部長
石田倫敏 2004年(平成16年)4月1日
- 2006年(平成18年)4月5日
警察庁警備局警備課長 山口県警察本部長
西村泰彦 2006年(平成18年)4月5日
- 2008年(平成20年)8月7日
警察庁長官官房会計課長 警察大学校副校長
兼警察庁長官官房審議官(刑事局・取調べ適正化担当)
高橋清孝 2008年(平成20年)8月7日
- 2009年(平成21年)9月7日
北海道警察本部長 内閣官房副長官補付内閣審議官 =危機管理審議官
兼情報セキュリティセンター副センター長
久我英一 2009年(平成21年)9月7日
- 2011年(平成23年)2月7日
東京都青少年・治安対策本部長 神奈川県警察本部長
黒木慶英 2011年(平成23年)2月8日
- 2012年(平成24年)3月30日
沖縄県警察本部長 原子力安全規制組織等改革準備室副室長
藤山雄治 2012年(平成24年)3月30日
- 2013年(平成25年)8月22日
警察庁長官官房会計課長 内閣官房副長官補付内閣審議官=危機管理審議官
兼情報セキュリティセンター副センター長
平井興宣 2013年(平成25年)8月22日
- 2014年(平成26年)9月10日
福島県警察本部長 原子力規制庁放射線防護対策部長・内閣官房副長官補付内閣審議官
=原子力防災会議事務局・内閣府原子力災害対策担当室長
斉藤実 2014年(平成26年)9月10日
- 2015年(平成27年)8月7日
警察庁長官官房総務課長 警察庁長官官房審議官=警備局・2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当
緒方禎己 2015年(平成27年)8月7日
-
警察庁長官官房人事課長

参考文献[編集]

  1. ^ 東京都公文書館. “警視庁の変遷(1)(昭和23年~昭和63年)”. 2016年4月15日閲覧。