外遊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

外遊(がいゆう)とは留学や研究、視察などを目的として外国を旅行することを指す。特に政治家など公人の外国訪問に対して使われることが多い。

概要[編集]

日本の内閣総理大臣として初の外遊を行ったのは太平洋戦争中の1943年にアジア各地[1]を歴訪した東條英機である。戦後は1951年吉田茂を皮切りに、外遊が首相の職務の1つとして一般化していった。首相の初外遊はアメリカ合衆国になることが多い[2]。日米同盟重視の立場から首相就任後に真っ先に訪米してアメリカ大統領に顔見せすることが慣例視されていたこともある[3]

日本の国会議員の場合は政治日程上国会閉会中や自然休会中に行われることが多く、例年政治休戦の時期になるゴールデンウィーク中、8月、年末年始には与野党ともに多くの議員が外遊に出かける。

閣僚の外遊については大臣規範で閣議了解とされている。また国会開会中の国会議員や閣僚の外遊には衆参両院の議院運営委員会理事会で了承を得る慣例がある。

舛添要一は、東京都知事在任中の「都市外交」と称して外遊を積極的に行っていたが、その内容が東京都の産業発展や都民の生活向上に結びつくものではなく、多額の費用をかけて行ったため、大きな批判を浴びた。

天皇・皇族の外遊[編集]

近代日本の天皇皇族において、明治期には皇族軍人が欧米への軍事留学を行ったほか、天皇名代としての表敬視察が行われた。皇太子の外遊は1907年明治40年)10月に皇太子嘉仁親王(大正天皇)が大韓帝国を訪れたのが初めてで、1921年大正10年)3月には皇太子裕仁親王(昭和天皇)がヨーロッパへの外遊を行なっている。

昭和戦後・平成期においては、慣例化した公務において天皇・皇族の外遊・皇室外交が行われており、主に国際親善を目的とした表敬訪問や記念式典への出席が行われている。昭和天皇が1971年(昭和46年)にヨーロッパ諸国7カ国を訪れたのが天皇として史上初の外遊である。

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 3月に満州国と中華民国汪兆銘政府、5月にフィリピン、6~7月にかけてタイ、昭南島シンガポール)、インドネシア。
  2. ^ 岸信介インド鈴木善幸フィリピン中曽根康弘宮沢喜一韓国宇野宗佑フランス羽田孜村山富市イタリア森喜朗ロシア安倍晋三中国菅直人カナダなど例外もある。
  3. ^ 次期首相の初外遊先は?/米国か、中韓か注目集まる WEB東奥2006年8月30日
  4. ^ 安倍首相、19日から欧州歴訪 外遊数、小泉氏を上回る 朝日新聞 2017年3月17日

関連項目[編集]