佐々淳行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々 淳行
生年月日 (1930-12-11) 1930年12月11日
出生地 東京府東京市麻布区
没年月日 (2018-10-10) 2018年10月10日(87歳没)
死没地 東京都
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員警察庁防衛庁
称号 勲二等旭日重光章
親族 佐々友房(祖父)
佐々弘雄(父)
佐々克明(兄)
紀平悌子(姉)
公式サイト 佐々淳行ホームページ

在任期間 1986年7月1日 - 1989年6月30日

在任期間 1984年7月1日 - 1986年6月10日
テンプレートを表示

佐々 淳行(さっさ あつゆき、1930年12月11日 - 2018年10月10日)は、日本の警察防衛官僚危機管理評論家

経歴[編集]

生い立ち[編集]

熊本県出身の政治学者で、後に参議院議員を務めた佐々弘雄の次男として、東京市麻布区(現・東京都港区)に生まれる。戦国武将佐々成政の末裔の家系でもある。6歳のとき自宅近くで二・二六事件が発生。その戒厳下の体験が危機管理人生の出発点となったという。

学生時代[編集]

旧制成蹊高等学校を経て[1]1954年(昭和29年)3月に東京大学法学部政治学科を卒業。東京大学在学中は、学生研究会土曜会の中心メンバーとして活動し、若泉敬粕谷一希らと交流を持った。

教授の堀豊彦からは助手として学問の道に進むことを打診されるが、朝鮮戦争や過激化する左翼運動といった世相の中、ウィリアム・ジェームズの『宗教的経験の諸相』に感化され、国家地方警察本部(現・警察庁)に入庁した。若泉は保安研修所(現・防衛研究所)入りし学究の道に入った。粕谷は佐々が学者、若泉が実務家の適性を持っていると思っていたため、それぞれの選択を意外に思ったという[2]

警察官僚として[編集]

入庁後は、主に警備警察の分野を歩み、目黒署などを経て1960年代から1970年代東大安田講堂事件[3]あさま山荘事件[3]ひめゆりの塔事件など数多くの学生運動新左翼テロに対する警備実施を指揮した。外事も多く手がけた。

また1956年ハンガリー動乱の際に『中央公論』(1957年3月)で「民主的警察官はどうしたらよいのか - 私はブダペストの警官にはなりたくない」という痛烈な一党独裁を批判する論文を出し、当時の「進歩的文化人(左翼)」から総批判を浴びた[4]

1970年11月25日の「三島事件」の際には、「君は三島由紀夫と親しいのだろ。すぐ行って説得してやめさせろ」と土田國保警備部長から指示を受けて、警務部参事官兼人事第一課長であった佐々が警視庁から現場に駆けつけたが、三島の自決までに間に合わなかった。佐々は、遺体と対面しようと総監室に入った時の様子を「足元の絨毯がジュクッと音を立てた。みると血の海。赤絨毯だから見分けがつかなかったのだ。いまもあの不気味な感触を覚えている」と述懐している[5][6]

警視庁外事課長代理、大阪府警察外事課長、外務省香港総領事館領事警視庁公安部外事第一課長、同警備部警備第一課長、同警務部参事官兼人事第一課長等を経て、警察庁警務局監察官警備局付、警備局調査課長、同外事課長、同警備課長、三重県警察本部長警察庁刑事局参事官を歴任。

防衛施設庁長官[編集]

その後、防衛庁に出向する。防衛庁では同長官官房[7]などを経て、防衛施設庁長官に就任した[8]

初代内閣安全保障室長[編集]

1986年(昭和61年)7月1日第3次中曽根康弘内閣で初代の内閣官房内閣安全保障室長(兼総理府安全保障室長)に就任[9]中曽根康弘竹下登宇野宗佑の3人の内閣総理大臣に仕え、1989年平成元年)2月に行われた昭和天皇大喪の礼の事務取り仕切りを最後に、同年6月に退官した。

退官後[編集]

退官後は個人事務所を開設[10]。また同時に多数の著書を持った。1990年(平成2年)の湾岸戦争1991年(平成3年)のソ連崩壊1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災地下鉄サリン事件1996年(平成8年)の在ペルー日本大使公邸占拠事件2001年アメリカ同時多発テロ事件などの際にはコメンテーターとしてテレビ番組に出演。

2006年(平成18年)7月には、日本美術刀剣保存協会の第7代会長・刀剣博物館館長に就任した。同年には、祖父に当たる佐々友房が設立した熊本県立済々黌高等学校を訪れ、あさま山荘事件などの自身の体験や佐々友房について語り、同校の図書館に自身の全著書を寄贈した[要出典]

親友であった石原慎太郎が3選された2007年(平成19年)の東京都知事選挙では、石原からの要請で、石原陣営の選挙対策本部長を務めた。このときに用いられた「反省しろよ慎太郎、だけどやっぱり慎太郎」のキャッチコピーは、佐々の発案によるものである[11]

その後も多くの著書と講演をこなしたが、2018年10月10日、老衰のため東京都内の病院で死去。87歳没[12]

年譜[編集]

  • 1930年(昭和5年)12月11日:佐々弘雄の次男として、東京市麻布区麻布材木町で生まれる[注釈 1]
  • 1954年(昭和29年)
  • 1955年(昭和30年)10月:警視庁防犯部保安課[注釈 4]
  • 1956年(昭和31年)1月:警察大学校助教授
  • 1957年(昭和32年)
  • 1959年(昭和34年)7月:大分県警察本部警務部長
  • 1960年(昭和35年)7月:警視庁公安部外事課[注釈 5]
  • 1962年(昭和37年)4月:大阪府警察本部警備部外事課長
  • 1964年(昭和39年)1月:警察庁警備局付(外務省研修所)[注釈 6]
  • 1965年(昭和40年)
    • 1月:在香港日本国総領事館副領事
    • 4月:在香港日本国総領事館領事[注釈 7]
  • 1968年(昭和43年)
    • 7月:警視庁公安部外事第一課長[注釈 8]
    • 11月:警視庁警備部警備第一課長[注釈 9]
  • 1969年(昭和44年):東大安田講堂事件など一連の第二次安保闘争に対する警備実施を指揮。
  • 1970年(昭和45年)9月:警視庁警務部参事官兼人事第一課長
  • 1971年(昭和46年)11月:警察庁警備局付兼警務局監察官(極左暴力集団の犯罪、及びそれに関連する警備実施を専任的に取り扱い指揮するため階級を引き上げるための冨田朝彦警備局長の是非貰いで行われた変則・特殊な人事。当時の人事の慣例では警視正の階級では警察庁課長職にはなれないため、たまたま空きがあった課長相当の警務局監察官職に就け、実際の任務は警備局での無任所課長として、都内から離れられない警備課長の代わりに全国で多発する極左関連事件の処理に現場へ派遣された。)
  • 1972年(昭和47年)
    • 2月:あさま山荘事件に派遣される(後藤田警察庁長官の指示で現地に派遣された、警察庁・関東管区警察局・警視庁等の幕僚団での警備実施及び広報担当幕僚長として)。
    • 5月:警察庁警備局調査課長
    • 7月:警察庁警備局外事課長[注釈 10]
  • 1974年(昭和49年)8月:警察庁警備局警備課[注釈 11]
  • 1975年(昭和50年)8月:三重県警察本部長
  • 1977年(昭和52年)
  • 1978年(昭和53年)11月:防衛庁教育担当参事官[注釈 13]
  • 1980年(昭和55年)6月:防衛庁人事教育局長
  • 1982年(昭和57年)7月:防衛庁長官官房長[注釈 14]
  • 1984年(昭和59年)7月:防衛施設庁長官[注釈 15]
  • 1986年(昭和61年)
  • 1989年(平成元年)6月:内閣安全保障室長を辞職。
  • 1990年(平成2年)8月:湾岸危機につき、首相閣外補佐を担当。
  • 1991年(平成3年)4月:ボランティア団体・日本国際救援行動委員会(JIRAC)を設立し、理事長に就任[注釈 17]
  • 1993年(平成5年)4月:慶應義塾大学法学部政治学科の非常勤講師に就任。同年9月から、「日本の安全保障行政」と題する講義を開始(この後、6年間に及ぶ)。
  • 1994年(平成6年)4月:日米文化教育交流会議(カルコン)日本側パネル委員就任。内外情勢調査会理事と日本国際フォーラム政策委員就任。
  • 1996年(平成8年)
    • 3月:新官邸危機管理懇談会メンバーに就任。
    • 4月:平成国際大学法学部政治学科非常勤講師に就任。
  • 1997年(平成9年)8月:建設省河川審議会危機管理小委員会座長に就任。
  • 1998年(平成10年)3月:人道目的地雷除去支援の会(JAHDS)理事に就任。
  • 1999年(平成11年)
    • 6月:東京都移転問題専門委員会委員に就任。
    • 8月:ハイジャック対策懇談会座長に就任。
  • 2002年(平成14年)7月:横浜市専門委員に就任。
  • 2007年(平成19年)9月18日:NPO法人総合危機マネジメント協会の会長・理事に就任。
  • 2018年(平成30年)10月10日、東京都内の病院で死去。87歳没。

系譜[編集]

戦国時代武将佐々成政[14]、それより下って時代劇水戸黄門』で知られる助さんのモデルとなった佐々宗淳の兄・佐々勝朗を祖先に持つ。祖父に西南戦争西郷軍に与し、後に済々黌の創立や衆議院議員を務めた佐々友房がいる。

政治学者参議院議員の佐々弘雄を父に持ち、兄に朝日新聞記者作家佐々克明、姉に日本婦人有権者同盟代表で参議院議員の紀平悌子がいる[15]。寝具メーカー西川産業代表取締役を務める西川康行は三男にあたる[16]

エピソード[編集]

栄典・受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『新しい監督者論』立花書房 1957
  • 『危機管理のノウハウ I~III』 PHP研究所、1979-81、のちPHP文庫、文藝春秋(新版合本)  
  • 『目黒警察署物語―佐々警部補パトロール日記』 文藝春秋、1989、のち文庫。挿絵は自らの手による。
  • 『目黒署10人の刑事 佐々警部補シリーズ』 文藝春秋 1990.4、改題「美人女優と前科七犯」文庫 
  • 『目黒署アベック殺人事件 佐々警部補シリーズ完結篇』 文藝春秋 1990.11
  • 『新・危機管理のノウハウ 平和ボケに挑むリーダーの条件』 文藝春秋 1991.8
  • 『金日成閣下の無線機』 読売新聞社 1992.4。改題「謎の独裁者・金正日」文春文庫 
  • 『危機の政治学 ハンガリー事件から、湾岸戦争、ソ連邦崩壊まで』 新潮社 1992.9、のち文春文庫 
  • 『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』 文藝春秋 1993、のち文庫  
  • 『新・新・危機管理のノウハウ 世紀末の指導原理』 文藝春秋 1994.4
  • 『ポリティコ・ミリタリーのすすめ 日本の安全保障行政の現場から 慶應義塾大学講義録』 都市出版 1994.11
  • 『平時の指揮官 有事の指揮官 人を動かすには、何が必要か』 クレスト社 1995.4、のち文春文庫 
  • 『危機管理宰相論』 文藝春秋 1995.12
  • 『六男二組の約束 戦争と先生と59人の子供たち』 TBSブリタニカ 1995.12
    • 改題「「六男二組」の太平洋戦争」小学館文庫/「戦時少年佐々淳行―父と母と伊藤先生」 文春文庫  
  • 『連合赤軍「あさま山荘」事件』 文藝春秋、1996 のち文庫、※映画『突入せよ! あさま山荘事件』原作
  • 『香港領事動乱日誌 危機管理の原点』 文藝春秋 1997.6。改題「香港領事佐々淳行 香港マカオ暴動、サイゴン・テト攻勢」文庫
  • 『危機管理』 ぎょうせい 1997.9
  • 『さらば臆病国家ニッポン 指導者よライオンになれ』 文藝春秋 1998.8
  • 『日本の警察-「安全神話」は終わったか』 PHP新書 1999
  • 『わが上司後藤田正晴 決断するペシミスト』 文藝春秋 2000、のち文庫 
  • 『仕事の<実例>「危機管理」術』 三笠書房 2001.8。改題「重大事件に学ぶ「危機管理」」文春文庫 
  • 『焼け跡の青春・佐々淳行 ぼくの昭和20年代史』 文藝春秋 2003、のち文庫   
  • 『インテリジェンス・アイ―危機管理最前線』 文藝春秋 2005。改題「危機管理最前線」文庫 
  • 『後藤田正晴と12人の総理たち もう鳴らない“ゴット・フォン”』 文藝春秋 2006、のち文庫 
  • 『軍師・佐々淳行 反省しろよ慎太郎 だけどやっぱり慎太郎 危機管理最前線 2』 文藝春秋 2007。改題「わが「軍師」論」文庫 
  • 『一隅を照らす行灯たちの物語 実践的青少年教育のノウハウ』 冨山房インターナショナル、2009
  • 『菊の御紋章と火炎ビン―「ひめゆりの塔」と「伊勢神宮」が燃えた「昭和50年」』 文藝春秋 2009、のち文庫-激動の1975年を回想記
  • 『わが記者会見のノウハウ-スキャンダル克服の秘訣』(文藝春秋、2010.2)。改題「「危機管理・記者会見」のノウハウ」文庫
  • 『ザ・ハイジャック-日本赤軍とのわが「七年戦争」』(文藝春秋、2010.11)、のち文庫-「よど号事件」ほか
  • 『彼らが日本を滅ぼす』(幻冬舎、2011.2)
  • 『ほんとに彼らが日本を滅ぼす』(幻冬舎、2011.7)
  • 『救国の八策』(幻冬舎、2012.7)
  • 『佐々淳行の危機の心得 名もなき英雄たちの実話物語』(青萠堂、2012.9)
  • 『「国土」喪失。なぜ日本は領土を守れないのか』(PHP研究所、2012.12)
  • 『インテリジェンスのない国家は亡びる 内閣中央情報局を設置せよ!』(海竜社、2013.8)
  • 『私を通りすぎた政治家たち』(文藝春秋、2014.9)、のち文庫
  • 『定本 危機管理 我が経験とノウハウ』(ぎょうせい、2014.9)
  • 『私を通りすぎたマドンナたち』(文藝春秋、2015.7)、のち文庫
  • 『重要事件で振り返る戦後日本史』(SB新書、2016.1)、のち単行版。SBクリエイティブソフトバンクの系列出版社)
  • 『私を通りすぎたスパイたち』(文藝春秋、2016.3)。「佐々メモ」による最終作

編著・共著[編集]

  • 『グローバル経営時代の企業の危機管理』(日本経済新聞社 1994.6)、ブライアン・M.ジェンキンズ共著
  • 『日本の危機管理はこれでいいのか 阪神大震災、地下鉄サリン事件の教訓をどう生かすか』(致知出版社 1995.6)、竹村健一と共著
  • 『自然災害の危機管理―明日の危機を減災(ミティゲート)せよ!』 編著(ぎょうせい、2001)
  • 『国家の実力 危機管理能力のない国は滅びる』(致知出版社、2011.6)、渡部昇一との共著

翻訳[編集]

  • 『読後焼却 続智慧の戦い』 L.ファラゴー 日刊労働通信社 1963 / 新版「読後焼却」 朝日ソノラマ文庫 1985
  • 『脅かされる大統領』U.E.ボウマン 有紀書房 1964 / 新版「シークレット・サービス」 朝日ソノラマ文庫 1985

佐々淳行を演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 参議院議員・紀平悌子は姉。他に尚子という妹がいたが、1942年(昭和17年)2月に3歳で病死している[13]
  2. ^ 警察三級試験に次席で合格。
  3. ^ 外勤第三班主任、捜査主任など歴任。この頃の勤務における体験は、小説『佐々警部補パトロール日記』シリーズにまとめられている。
  4. ^ 風紀係長として風俗事件の捜査指揮をとる。
  5. ^ 課長代理としてソ連など欧米スパイ事件の捜査指揮をとる。その間、第一次安保闘争末期の警備実施、アナスタス・ミコヤンソ連第一副首相来日の警護なども経験する。
  6. ^ ケネディ大統領暗殺事件調査のため渡米。帰国後は東京オリンピックの際の警備や亡命者の処遇を担当した。
  7. ^ 1967年(昭和42年)5月、香港暴動の発生に際して、領事として在留邦人保護を担当。1968年(昭和43年)1月、ベトナム出張でサイゴン滞在中、テト攻勢に遭遇し、青木大使のもとで在留邦人保護にあたる。
  8. ^ 1968年(昭和43年)6月29日に帰国。
  9. ^ 当時、全学共闘会議などによる騒乱が続く中、第二次反安保闘争の吹き荒れる「警察戦国時代」であった。これに対処するため、佐々の実質仲人である秦野章警視総監が中心となって、警備実施の指揮ができる警察官僚を集め組織強化を行っていたことから、半ば強引な人事となったと、佐々は著作で述べている。警備第1課長としては、戦術的後退や挟撃作戦などの発案、隊員の受傷防止のための個人防御装備の開発、警備車両の充実化など、後の機動隊の基礎を固め、また、連合赤軍あさま山荘事件で有名になった特型警備車「防弾装甲放水車」の配備を断行したと著書に記している。
  10. ^ 在任中、金大中事件シンガポール事件文世光事件に対応した。
  11. ^ 在任中、三菱重工爆破事件ジェラルド・フォードアメリカ大統領来日警備、エリザベス女王来日警備、ひめゆりの塔事件クアラルンプール事件など日本赤軍によって起こされた一連の日本航空ハイジャック事件などに対応した。
  12. ^ 防衛白書担当。
  13. ^ 後の人事教育局長に相当。以後、政府委員として、退官時まで国会の各委員会で答弁。
  14. ^ 在任中、ブルーインパルス機墜落事件、大韓航空機撃墜事件などに対応。
  15. ^ 在任中、厚木基地NLP問題、池子住宅地区への住宅建設問題、三宅島新空港建設問題などに対応。
  16. ^ 在任中、警察時代の上司でもある後藤田正晴内閣官房長官の下で、三原山噴火やなだしお事件東芝機械ココム違反事件昭和天皇大喪の礼防衛費1%枠撤廃閣議決定などに対応した。
  17. ^ 日本国際救援行動委員会(JIRAC)の理事長として、クルド難民救援活動、カンボジア帰還民救援活動、カンボジア地雷撤去活動、カンボジアにおける学校建設などの救援活動、ロシア極東地区における福祉施設などに対する救援活動、阪神・淡路大震災での救援活動などに従事した。

出典[編集]

  1. ^ 成蹊高等学校(旧制)同窓会委員会開催ご案内”. 一般社団法人 成蹊会 (2004年). 2017年11月11日閲覧。
  2. ^ 森田吉彦『評伝 若泉敬』(文春新書)
  3. ^ a b 後藤田五訓”. コラム「水や空」. 長崎新聞 (2011年1月15日). 2017年11月11日閲覧。
  4. ^ http://miura.trycomp.net/?p=4823 三浦小太郎ブログ
  5. ^ 佐々淳行「そのとき、私は……」(諸君! 1999年12月号)。彰彦 2015, pp. 226-227
  6. ^ a b 佐々淳行 『連合赤軍「あさま山荘」事件』 文藝春秋、1996年
  7. ^ 第101回国会 内閣委員会 第1号”. -衆議院議事録. 衆議院. 2017年11月11日閲覧。
  8. ^ 防衛施設庁歴代幹部職員一覧 (PDF)”. -防衛施設庁史. 防衛省. 2017年11月11日閲覧。p.407(ファイル内p.25)
  9. ^ 第107回国会 内閣委員会 第3号”. -参議院議事録. 参議院. 2017年11月11日閲覧。
  10. ^ 名誉総裁 佐々淳行ごあいさつ”. 一般社団法人災害支援機構. 2017年11月11日閲覧。
  11. ^ 2008年(平成20年)5月8日付『朝日新聞』、「(掘る)「石原銀行」の危機:7 論点かすみ、都民蚊帳の外」。
  12. ^ 佐々淳行氏死去 初代内閣安全保障室長 - 産経ニュース 2020年10月10日 15:50
  13. ^ 2007年(平成19年)12月7日付『朝日新聞』、首都圏版夕刊連載「新聞と戦争」。
  14. ^ 佐々淳行『重大事件に学ぶ「危機管理」』、文春文庫、2004年、267頁
  15. ^ 紀平悌子さんの形見”. 円より子公式サイト. 2017年11月11日閲覧。
  16. ^ 1930-, Sassa, Atsuyuki,; 1930-, 佐々淳行, (2006). Gotōda Masaharu to jūninin no sōritachi : mō naranai "gotto fon". Tōkyō: Bungei Shunjū. ISBN 4163681205. OCLC 74815992. https://www.worldcat.org/oclc/74815992. 
  17. ^ 別章【概論戦後学生運動史”. れんだいこ (2008年9月11日). 2017年6月1日閲覧。
  18. ^ 佐藤文生 (1974). ハイジャック. 講談社. pp. 101-102. 
  19. ^ a b c d 佐々淳行『後藤田正晴と十二人の総理たち』、文春文庫、423頁
  20. ^ 佐々淳行『後藤田正晴と十二人の総理たち』、文春文庫、19頁
  21. ^ 『安田講堂攻防七十二時間 東大落城』佐々淳行 電子書籍”. 文藝春秋. 2017年11月11日閲覧。
  22. ^ 菊池寛賞受賞者一覧”. 公益財団法人 日本文学振興会. 2017年11月11日閲覧。
  23. ^ 正論大賞の歴史”. 産経新聞社. 2017年11月11日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

(本文中にリンクがあるものを除く)

外部リンク[編集]