土田國保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土田 國保(つちだ くにやす、1922年大正11年)4月1日 - 1999年平成11年)7月4日[1])は、日本の警察官僚警視総監(第70代)、防衛大学校長(第4代)。愛称は「ミスター警視庁」。剣道7段(居合)。

来歴・人物[編集]

父・土田誠一、母・敬子の長男として東京府生まれ。旧制東京高校を経て、1943年(昭和18年)、東京帝国大学法学部を卒業し、内務省に入省[1]第二次世界大戦中は海軍予備学生となり、戦艦武蔵にも乗り組み、主計大尉で終戦を迎えた。

警視庁警務部長時代の1971年(昭和46年)12月18日お歳暮の贈答品に擬装された爆弾が自宅に郵送され、爆発により妻が即死、13歳だった四男は重傷を負った(土田・日石・ピース缶爆弾事件)。前年同日に発生した上赤塚交番襲撃事件の記者会見で、土田は警官の拳銃使用の正当性を主張する部下の佐々淳行をかばっており、これが土田の談話として報道されていた。テロはこれに刺激を受けた新左翼による犯行とされる。土田は事件当日に開かれた記者会見で、「治安維持の一旦を担う者として、かねてからこんなことがあるかもしれないと思っていた。私は犯人に言う。君等は卑怯だ。……家内に何の罪もない。家内の死が一線で働いている警察官の身代わりと思えば……もう一言、犯人に言いたい。二度とこんなことは起こしてほしくない。君等に一片の良心があるなら……」と述べた[2]。このとき土田は冷静に振舞っていたが、「お尻の穴をぎゅっと締め、へその下に力を込め、大きく深呼吸してすっと立ち上がり、平静を装って指示を出す」行動をとっさに取っていたのだと後に防衛大学校校長として学生に訓示している[3]。 この事件以降、土田は新左翼過激派に対して強硬姿勢で臨むようになった。

1975年(昭和50年)から警視総監を務め[1]連続企業爆破事件の主要メンバー7人を検挙したが、1978年(昭和53年)2月の北沢警察署巡査による世田谷区内での制服警官女子大生殺人事件により国家公安委員会から戒告を受け、引責辞任した。

辞任後は防衛大学校校長(第4代)に就任し、1987年(昭和62年)まで務めた。

キャリア・ノンキャリアの別なく部下を可愛がる面倒見の良い人物で、生前の妻とともに警察関係者らからは慕われていた[2]

剣道の達人としても有名で、警視総監時代に警視庁管内の全警察署警察学校機動隊の朝稽古に参加。全日本剣道連盟顧問も務め、生涯にわたって指導し続けた。

没後、由利本荘市矢島町龍源寺に葬られる。

略歴[編集]

家族・親族[編集]

縁戚に学者が多い。

出版物[編集]

著書
  • 『小原台の三年』 1982 防衛大学校
  • 『続・小原台の三年』 1984年 防衛大学校
  • 『三班戰記』 1996
刊行
  • 『土田誠一先生の思いで』 1977 

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本人名大辞典+Plus, デジタル版. “土田国保(つちだ くにやす)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年10月7日閲覧。
  2. ^ a b 佐々淳行 『連合赤軍「あさま山荘」事件』 文藝春秋、1996年
  3. ^ 震災直後 宮城県知事は現場視察やめ、県庁で調整役に専念した│NEWSポストセブン”. www.news-postseven.com (2012年3月23日). 2018年10月7日閲覧。

関連項目[編集]