全国大学コンソーシアム協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全国大学コンソーシアム協議会
Campusplaza Kyoto JPN.jpg
正式名称 全国大学コンソーシアム協議会
英語名称 All Japan Universities Consortium
組織形態 任意団体
事務局所在地 京都府京都市下京区
北緯34度59分11秒
東経135度45分21秒
設立年月日 2004年11月28日
ウェブサイト http://www.consortium.or.jp/project/zenkoku-conso/office[1]
テンプレートを表示

全国大学コンソーシアム協議会(ぜんこくだいがくコンソーシアムきょうぎかい)とは、日本全国各地の大学コンソーシアム(大学連合体・大学連携組織)から構成される協議会である。各大学コンソーシアム間の情報交流・研究交流を図り、日本の高等教育のより一層の発展を目的として、2004年11月28日に28の大学コンソーシアムから成る組織として発足した。事務局は大学コンソーシアム京都内にある。

年に一度、研究交流フォーラムを開催し、大学コンソーシアムに関する情報の集約と発信を行っている[1]

加盟組織一覧[編集]

48組織が加盟している[2]。あくまでも各コンソーシアムが対象の中心としている地域の目安に過ぎず、当該コンソーシアムの加盟校・機関の所在地範囲を厳密に示すものではない。

北海道[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

九州地方[編集]

全国大学コンソーシアム研究交流フォーラム[編集]

毎年9月頃に2日間の日程で開催される[1]。括弧内は開催地。

 第1回 2004年 連携でこそ実現可能な新たな学びの探求 (京都府)

 第2回 2005年 大学連携からはじめる地域の活性化 (石川県)

 第3回 2006年 大学の構造改革と産・官・学・地域連携の役割 (東京都)

 第4回 2007年 連携の意義を問う (広島県)

 第5回 2008年 地域における学術・文化の創造と情報発信をめざして -産学官民の連携による大学コンソーシアムの形成- (愛知県)

 第6回 2009年 コスモポリタンな地域づくりと高等教育連携 (北海道)

 第7回 2010年 人材育成の新たな地平 -大学コンソーシアムの挑戦 (大阪府)

 第8回 2011年 地域新時代における大学の社会貢献 (熊本県)

 第9回 2012年 活力あふれる魅力的な地域社会の創造 -10年後の日本を担うきみたちへ- (神奈川県)

 第10回 2013年 大学に求められる役割と大学間連携における未来 (京都府)

 第11回 2014年 大学間連携と地域活性化への取り組み (岩手県)

 第12回 2015年 大学に求められる役割と大学コンソーシアムの新たな展開 ~コミュニティ形成と地方創生時代における大学コンソーシアム~   (石川県)

 第13回 2016年 大学連携によるグローバル人材育成 (広島県)

 第14回 2017年 大学コンソーシアムとボランティア (沖縄県)

 第15回 2018年 テーマ未定 (北海道)

脚注[編集]

外部リンク[編集]