せたな町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
せたなちょう
せたな町
親子熊岩
親子熊岩
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 檜山振興局
久遠郡
団体コード 01371-4
法人番号 3000020013714
面積 638.68km2
総人口 8,091
住民基本台帳人口、2018年3月31日)
人口密度 12.7人/km2
隣接自治体 瀬棚郡今金町二海郡八雲町
島牧郡島牧村
町の木 オンコ
町の花 スイセン
町の鳥 カモメ
せたな町役場
町長 高橋貞光
所在地 049-4512
北海道久遠郡せたな町北檜山区徳島63-1
北緯42度25分1.6秒東経139度52分58.9秒
Setana town hall.JPG
外部リンク せたな町

日本地域区画地図補助 01330.svg

せたな町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
瀬棚市街地

せたな町(せたなちょう)は、北海道檜山振興局久遠郡にある

地理[編集]

檜山振興局北部にあり、北部は後志支庁との境にある狩場山を中心とした山岳地帯で、これが日本海に落ち込むところに茂津多岬がある。また南東部も遊楽部岳を中心とした山岳地帯である。西側は日本海に面した急峻な海岸が続き、狩場茂津多道立自然公園に指定されている。海岸線沿いに国道229号が通る。

なお、発足翌月の2005年(平成17年)10月1日に南部で隣接する熊石町八雲町(旧)との合併により檜山支庁の管轄を離れ、渡島支庁(→渡島総合振興局)管轄の八雲町(新)となったことにより、檜山振興局(←檜山支庁)としては、今金町と併せて全域が飛び地となっている。

  • 山:狩場山(1520m)、遊楽部岳(1277m)、白水岳(1136m)、毛無山(816m)
  • 河川:後志利別川
  • 湖沼:真駒内ダム
  • 岬:茂津多岬、黒羽尻岬、ツラツラ岬、長磯岬、尾花岬(離島を除く北海道最西端)

行政区(地域自治区)[編集]

  • 瀬棚区(旧瀬棚町)
  • 北檜山区(旧北檜山町・町役場を設置)
  • 大成区(旧大成町)

隣接する自治体[編集]

人口[編集]

Demography01371.svg
せたな町と全国の年齢別人口分布(2005年) せたな町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― せたな町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
せたな町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 19,473人
1975年 17,869人
1980年 16,051人
1985年 15,144人
1990年 13,389人
1995年 12,446人
2000年 11,842人
2005年 10,748人
2010年 9,590人
2015年 8,473人
総務省統計局 国勢調査より

町名の由来[編集]

町名は旧瀬棚町の「瀬棚」を平仮名表記したものである。

「せたな(瀬棚)」の語はアイヌ語の「セタナイ(seta-nay)」(犬・川)に由来すると考えられ、命名については専門家により以下の考察がなされている[1]

  • 永田方正は「セタルペㇱペナイ(seta-rupespe-nay)」(犬・路・川)が略された、としている。
  • 松浦武四郎は神の召使いの大犬が山から下りてきて、海に入り岩となったという伝説を紹介している。
  • 山田秀三は現在の馬場川の川筋に山犬が住んでいたことから、と考察している。

姉妹都市・提携都市[編集]

歴史[編集]

合併以前については各町の項目も参照。

経済[編集]

産業[編集]

イカホッケアワビカキなどの水産業、水稲じゃがいもメロンほうれん草豆類酪農などの農業が盛ん。

漁業[編集]

瀬棚港周辺の空中写真。1976年撮影の3枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
  • 須築漁港
  • 久遠漁港
  • 太田漁港
  • 瀬棚漁港

立地企業[編集]

郵便局[編集]

  • 北桧山郵便局(集配局):北桧山町市街地・丹羽地区
  • 瀬棚郵便局(集配局):瀬棚町地区
  • 久遠郵便局(集配局):大成町地区
  • 若松郵便局(集配局):北桧山町若松地区
  • 丹羽郵便局
  • 太櫓郵便局
  • 宮野郵便局
  • 島歌郵便局

宅配便[編集]

教育[編集]

  • 高等学校
  • 中学校
    • 瀬棚、北檜山、大成
  • 小学校
    • 瀬棚、馬場川、北檜山、若松、久遠
  • 幼稚園/保育所
    • 北檜山

交通[編集]

鉄道[編集]

旧瀬棚町・北檜山町域には国鉄瀬棚線が走っていたが、1987年昭和62年)3月15日に廃止された。

バス[編集]

道路[編集]

一般国道
都道府県道
道の駅

港湾[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

  • 南川遺跡出土の遺物 - 道指定有形文化財、せたな町瀬棚郷土館
  • 兜(明珍信家作) - せたな町指定文化財
  • 青い目の人形 - せたな町指定文化財
  • 荻野吟子の遺品・資料 - せたな町指定文化財
  • 阿波浄瑠璃人形 - せたな町指定文化財、以上4件、せたな町情報センター・郷土資料室
  • 久遠神楽 - せたな町指定文化財、久遠神楽保存会

名所[編集]

三本杉岩
太田山神社
  • 三本杉岩:カントリーサインにデザインされている。
  • 茂津多岬灯台
  • 荻野吟子顕彰碑(日本初の女医、1897年から1908年まで瀬棚町で生活)
  • 立象山展望台
  • 玉川公園:水仙と桜が見所。5月第2日曜日に玉川公園水仙祭り開催。
  • 浮島公園:うぐい沼の上に動く島がある。6月第4日曜日に浮島公園祭り開催。
  • うどまり荘・自然休養村:バンガローがついたキャンプ場。研修施設もある。
  • 親子熊岩:町のシンボル。カントリーマークに採り入れられている。
  • 太田山神社
  • 太田定灯篭
  • 三本杉海水浴場
  • ふとろ海水浴場:砂浜。シャワーとトイレがついている。
  • 平浜海水浴場
  • 長磯海岸、太田海岸
  • せたな青少年旅行村
  • 露国軍鑑アレウト号遭難慰霊碑:明治10年11月19日、暴風雪で座礁したロシア国軍鑑アレウト号の現地越冬乗組員が、翌明治11年4月29日に救助に来た僚艦エルマック号への移送中に、移送船が転覆し12名の犠牲者を出した。この犠牲者の慰霊と国際親善を祈願し昭和47年建立された。瀬棚区は三本杉岩付近にある。
  • 法華寺

温泉[編集]

瀬棚区
  • やすらぎ館:旧瀬棚駅跡にたつ。
北檜山区
  • ねとい温泉:田んぼの真ん中にある温泉。
  • 北檜山温泉:温泉ホテルきたひやまにある温泉。日帰り入浴可。
  • いこいの家:北檜山温泉の隣にある町営の温泉。
大成区

レジャー[編集]

せたな町B&G海洋センター艇庫
シーカヤックボート、OPヨットウィンドサーフィンなどを低価格で提供し、初心者から上級者までインストラクターが無料で指導するほか、ジェットボートマリンジェットの周遊コースもある。
北檜山グリーンパーク
道内屈指のロングコースであるパークゴルフ場。長さは日本一である。真駒内コースと狩場コースそれぞれ18H、合計36Hがある。パー数がそれぞれ72であり、距離が長いため、国際公認コースではないが、アップダウンや深いラフ、バンカーなどが多く難易度が高く挑戦者が後を絶たない。2008年(平成20年)から、シーズン券が発売された。狩場コースには190メートルパー6のホールがある。

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アイヌ語地名リスト シベ~セツ P61-70P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]