海兵団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
海軍艦政本部
海軍航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

海兵団(かいへいだん)は、大日本帝国海軍において、軍港警備防衛下士官、新の補欠員の艦船部隊への補充、また海兵団教育と称するその教育訓練のために練習部を設け、海軍四等兵たる新兵、海軍特修兵たるべき下士官などに教育を施すために、鎮守府警備府に設置されていた陸上部隊である。

概要[編集]

新兵教育[編集]

志願兵徴兵として海軍兵に採用された新兵は、海兵団に入団すると、数ヶ月間基礎教育を受ける。軍隊教育の基礎であり、海軍兵として進むべき基礎であるから、海軍の一般教育と同じく精神教育、技術教育、体育に分けて課せられる。精神教育は軍人精神の涵養が主眼である。技術教育は将来、海上勤務に必要な一般概念を会得させるほか、兵種によって必要な技能、概念を教える。体育は武技、体技に区別し、厳格な訓練を実施する。

練習部教育[編集]

新兵教育のほか、工術、軍楽術、船匠術補習生、普通科、高等科信号術練習生、掌厨術練習生、特修科軍楽術練習生に区別され、5ヶ月ないし2箇年間の教育を行ない、特修兵たるべき下士官兵の教育を施す。四等軍楽兵、軍楽術補習生、高等科信号術練習生、特修科軍楽術練習生の教育は横須賀海兵団のみで行なわれる。

[編集]

徴用した建物の掃除など、臨時の雑用にもかり出された[1]

所在地[編集]

※団長は『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

横須賀鎮守府管轄[編集]

  • 横須賀海兵団

当初は神奈川県三浦郡横須賀町逸見に設置、大正6年に横須賀市楠ヶ浦に移転した。戦後は米軍基地に転用。

団長
今井兼昌 大佐:1905年12月12日 - 1906年11月22日
野元綱明 大佐:1906年11月22日 - 1907年3月12日
西紳六郎 大佐:1907年3月12日 - 1908年5月15日
仙頭武央 大佐:1908年5月15日 - 1910年1月27日
奥宮衛 大佐:1910年1月27日 - 1910年12月1日
久保田彦七 大佐:1910年12月1日 - 1911年5月22日
矢島純吉 大佐:1911年5月22日 - 12月1日
東郷静之介 大佐:1911年12月1日 - 1912年12月1日
今井兼胤 大佐:1912年12月1日 - 1914年5月29日
岡田三善 大佐:1914年5月29日 -
村上鋠吉 大佐:1918年12月1日[2] - 1919年11月20日[3]
増田幸一 大佐:1919年11月20日[3] -
勝木源次郎 大佐:1920年11月20日[4] - 1922年8月1日[5]
兼坂隆 大佐:1922年8月1日[5] -
松平保男 大佐:1923年12月1日[6] - 1925年4月15日[7]
鹿江三郎 大佐:1925年4月15日[7] -
三矢四郎 大佐:1927年12月1日[8] -
松本忠左 大佐:不詳 - 1931年12月1日[9]
秋山虎六 少将:1931年12月1日[9] - 1933年9月18日[10]
柴山昌生 大佐:1933年9月18日[10] - 1934年11月15日[11]
宮田義一 大佐:1934年11月15日[11] -
後藤英次 大佐:1935年11月15日[12] - 1936年12月1日[13]
副島大助 大佐:1936年12月1日[13] -
  • 武山海兵団

昭和16年11月20日神奈川県三浦郡武山村に「横須賀第二海兵団」設置、昭和19年1月4日改称。戦後は陸自武山駐屯地・海自横須賀教育隊に転用。

  • 浜名海兵団

昭和19年9月15日静岡県新居町に設置。戦後は農地に転用。

呉鎮守府管轄[編集]

  • 呉海兵団

呉鎮守府設置と同時に鎮守府用地内に設置。戦後は海自呉教育隊に転用。

団長
徳久武宜 大佐:不詳 - 1905年12月12日
野元綱明 大佐:1905年12月12日 - 1906年11月22日
長井群吉 大佐:1906年11月22日 - 1908年9月15日
矢島純吉 大佐:1908年9月15日 - 1910年1月27日
仙頭武央 大佐:1910年1月27日 - 12月1日
広瀬順太郎 大佐:1910年12月1日 - 1911年12月1日
向井弥一 大佐:1911年12月1日 - 1912年6月29日
山崎米三郎 大佐:1912年6月29日 - 9月27日
松岡修蔵 大佐:1912年9月27日 - 1913年4月1日
水町元 大佐:1913年4月1日 - 1913年12月1日
荒西鏡次郎 大佐:1913年12月1日 - 1914年4月17日
(兼)松岡修蔵 大佐:1914年4月17日 - 5月27日
秋沢芳馬 大佐:1914年5月27日 - 不詳
本田親民 大佐:不詳 - 1916年12月1日
糸川成太郎 大佐:1916年12月1日 - 1919年4月18日[14]
正木義太 大佐:1919年4月18日[14] -
古川弘 大佐:不詳 - 1922年8月1日[5]
三上良忠 大佐:1922年8月1日[5] -
矢野馬吉 大佐:1923年12月1日[6] - 1925年7月10日[15]
近藤直方 大佐:1925年7月10日[15] -
小森吉助 大佐:1927年12月1日[8] - 1928年4月1日[16]
瀬崎仁平 大佐:1928年4月1日[16] -
蔵田直 大佐:1930年12月1日[17] -
宍戸好信 大佐:1934年11月15日[11] -
  • 大竹海兵団

昭和16年11月20日広島県佐伯郡大竹町に「呉第二海兵団」設置、昭和19年1月4日改称。戦後は引揚援護局を経て大竹港の港湾施設に転用。

  • 安浦海兵団

昭和19年9月1日広島県賀茂郡安浦町に設置。戦後は安浦中学校や住宅地・農地に転用。

佐世保鎮守府管轄[編集]

  • 佐世保海兵団

佐世保鎮守府設置と同時に鎮守府用地内に設置。戦後は米軍基地に転用。

団長
佐々木広勝 大佐:不詳 - 1905年12月12日
高木助一 大佐:1905年12月12日 - 1908年4月7日
宮地貞辰 大佐:1908年4月7日 - 12月10日
釜屋忠道 大佐:1908年12月10日 - 1909年12月1日
荒川規志 大佐:1909年12月1日 - 1910年12月1日
森越太郎 大佐:1910年12月1日 - 1912年2月1日
上村経吉 大佐:1912年2月1日 - 1913年5月24日
堀輝房 大佐:1913年5月24日 - 1915年6月30日
野村房次郎 大佐:1915年6月30日 - 1916年12月1日
古川弘 大佐:1916年12月1日 - 1918年7月17日[18]
新納司 大佐:1918年7月17日[18] - 1919年2月12日[19]
平岩元雄 大佐:1919年2月12日[19] - 8月5日[20]
大見丙子郎 大佐:1919年8月5日[20] - 1920年11月20日[4]
井手元治 大佐:1920年11月20日[4] - 1921年11月20日[21]
牟田亀太郎 大佐:1921年11月20日[21] -
植村信男 大佐:1922年5月1日[22] - 11月10日[23]
匝瑳胤次 大佐:1922年11月10日[23] -
大寺量吉 大佐:1923年12月1日[6] - 1925年4月15日[7]
湯地秀生 大佐:1925年4月15日[7] - 1926年12月1日[24]
瀧田吉郎 大佐:1926年12月1日[24] -
相良達夫 大佐:1928年12月10日[25] -
鈴木新治 大佐:1934年11月15日[11] -
佐倉武夫 大佐:1936年12月1日[13] -
  • 相浦海兵団

昭和16年11月20日長崎県佐世保市相浦に「佐世保第二海兵団」設置、昭和19年1月4日改称。戦後は陸自相浦駐屯地に転用。

  • 針尾海兵団

昭和19年5月10日長崎県東彼杵郡江上村に設置。海軍兵学校針尾分校を併設。戦後は引揚援護局・農地を経てハウステンボスに転用。

舞鶴鎮守府管轄[編集]

  • 舞鶴海兵団

舞鶴鎮守府設置と同時に中舞鶴に設置するが、要港部降格後は海軍機関学校に転用。昭和14年4月東舞鶴に再設置。戦後は保安庁警備隊舞鶴練習隊(現海上自衛隊舞鶴教育隊)に転用。

団長
池中小次郎 大佐:1905年12月12日 - 1908年4月7日
西山保吉 大佐:1908年4月7日 - 12月10日
羽喰政次郎 大佐:1908年12月10日 - 1909年5月22日
小花三吾 大佐:1909年5月22日 - 1910年3月9日
土屋光金 大佐:1910年3月9日 - 7月16日
上村経吉 大佐:1910年7月16日 - 1911年1月31日
今井兼胤 大佐:1911年1月31日 - 1912年12月1日
本田親民 大佐:1912年12月1日 - 1914年5月27日
三輪修三 大佐:1914年5月27日 - 不詳
有馬純位 大佐:不詳 - 1915年10月1日
大島正毅 大佐:1915年10月1日 - 12月13日
四元賢助 大佐:1915年12月13日 - 1917年5月8日
島内桓太 大佐:1917年5月8日 - 1917年12月1日[26]
篠崎真介 大佐:1917年12月1日[26] - 1918年5月3日[27]
安村介一 大佐:1918年5月3日[27] - 11月10日[28]
福地嘉太郎 大佐:1918年11月10日[28] - 1920年12月1日[29]
横地錠二 大佐:1920年12月1日 - 1921年12月1日[30]
安村介一 大佐:不詳 - 1922年8月1日[5]
(兼)加藤弘三 大佐:1922年8月1日[5] - 1922年11月20日[31]
江口金馬 大佐:1922年11月20日[31] -
  • 平海兵団

昭和19年9月1日舞鶴市平に設置。戦後は引揚援護局を経て平工業団地に転用。

大湊警備府管轄[編集]

  • 大湊海兵団

大阪警備府管轄[編集]

  • 大阪海兵団
  • 田辺海兵団

鎮海警備府管轄[編集]

  • 鎮海海兵団

高雄警備府管轄[編集]

  • 高雄海兵団

脚注[編集]

  1. ^ <4> 戦争 人間性奪い家庭も破壊”. 中国新聞 (2009年8月21日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  2. ^ 『官報』第1900号、大正7年12月3日。
  3. ^ a b 『官報』第2190号、大正8年11月21日。
  4. ^ a b c 『官報』第2493号、大正9年11月22日。
  5. ^ a b c d e f 『官報』第3001号、大正11年8月2日。
  6. ^ a b c 『官報』第3385号、大正12年12月4日。
  7. ^ a b c d 『官報』第3792号、大正14年4月16日。
  8. ^ a b 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  9. ^ a b 『官報』第1478号、昭和6年12月2日。
  10. ^ a b 『官報』第2017号、昭和8年9月19日。
  11. ^ a b c d 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  12. ^ 『官報』第2663号、昭和10年11月16日。
  13. ^ a b c 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。
  14. ^ a b 『官報』第2011号、大正8年4月19日。
  15. ^ a b 『官報』第3865号、大正14年7月11日。
  16. ^ a b 『官報』第376号、昭和3年4月2日。
  17. ^ 『官報』第1179号、昭和5年12月2日。
  18. ^ a b 『官報』第1788号、大正7年7月18日。
  19. ^ a b 『官報』第1957号、大正8年2月13日。
  20. ^ a b 『官報』第2101号、大正8年8月6日。
  21. ^ a b 『官報』第2793号、大正10年11月22日。
  22. ^ 『官報』第2922号、大正11年5月2日。
  23. ^ a b 『官報』第3085号、大正11年11月11日。
  24. ^ a b 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  25. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  26. ^ a b 『官報』第1601号、大正6年12月3日。
  27. ^ a b 『官報』第1724号、大正7年5月4日。
  28. ^ a b 『官報』第1883号、大正7年11月12日。
  29. ^ 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  30. ^ 『日本海軍史』第10巻、563頁。
  31. ^ a b 『官報』第3093号、大正11年11月21日。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報