西紳六郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西 紳六郎(にし しんろくろう、1860年11月10日万延元年9月28日) - 1933年10月16日)は、日本の海軍軍人政治家華族。最終階級は海軍中将貴族院議員、男爵

経歴[編集]

奥医師・林洞海の六男として江戸で生まれ、西周の養子となる。沼津兵学校を経て、1881年(明治14年)11月、海軍兵学校8期)を卒業。1885年(明治18年)6月、海軍少尉任官。海軍大学校副官などを経て、1890年(明治23年)7月、海大(甲号2期)を卒業した。

1893年(明治26年)6月、「吉野」回航委員としてイギリスに出張し、「天城分隊長を経て、1894年(明治27年)6月、「武蔵」分隊長に就任し日清戦争に出征。その後、軍令部第1局員に異動。1896年(明治29年)10月、海軍少佐に進級し軍令部第2局員となる。1897年(明治30年)2月、養父の死去により男爵を襲爵した。

1897年12月、海軍中佐に進級。1898年(明治31年)5月、「厳島」副長に就任し、軍令部副官、アメリカ公使館付などを経て、1902年(明治35年)5月、海軍大佐に昇進した。1903年(明治36年)5月、「笠置艦長に発令され、佐世保海兵団長を経て、1904年(明治37年)3月、有栖川宮威仁親王付武官となり日露戦争を迎えた。馬公要港部参謀長、「高千穂」「壱岐」「周防」の各艦長、横須賀海兵団長、佐世保鎮守府参謀長を歴任。1908年(明治41年)5月から1912年(大正元年)12月まで侍従武官を務め、その間の1908年8月、海軍少将に進級した。

1912年12月、海軍将官会議議員となり、馬公要港部司令官に異動し、1913年(大正2年)9月、海軍中将に進んだ。同年12月、待命となり、1914年(大正3年)12月1日、予備役に編入となった[1]1918年3月16日、補欠選挙で貴族院男爵議員に選出され[2]公正会に所属して1932年7月まで在任した[3]

その他、有栖川宮宮務監督、宮中顧問官を歴任した[3]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第701号、大正3年12月2日。
  2. ^ 『官報』第1685号、大正7年3月18日。
  3. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』81頁。
  4. ^ 『官報』第731号「叙任及辞令」1915年1月12日。
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。